【釣れる確率100%?】カゴ釣りでアジを狙う 釣り方やタックルなどをご紹介

【釣れる確率100%?】カゴ釣りでアジを狙う 釣り方やタックルなどをご紹介

今回ご紹介するアジのカゴ釣りは、タックルや釣り方、ポイントなどを知れば初心者の方でも高確率でアジの釣果が得られるナイスな釣りです。

釣って楽しい、食べて美味しいアジをたくさん釣って楽しみましょう。

アジを狙ったカゴ釣りとは?

f:id:keeemura:20200605192014j:image

 アジの釣り方というと、足元でコマセを撒いて釣るサビキ釣りから、ウキフカセ釣り、ルアーを使用するアジングなど、さまざまな釣り方がありますが、その中でもかご釣りは、アジのいるポイントまで容易に遠投が可能でウキを使うので狙いのタナを簡単に変えれるため、その時のタイミングやポイントに適応する力がかなり高い釣り方です。

その適応力の高さゆえ、他の釣り方よりもアジが釣れる確率が高く、初心者の方でも良い釣果が出しやすい釣りです。

なお、このアジのカゴ釣りが本領を発揮する時間帯は、夕方から半夜にかけてです。

アジを狙ったカゴ釣りのおすすめフィールド

【深場に隣接した堤防】

f:id:keeemura:20200605192057p:image

深場に隣接した漁港や堤防はアジが入ってくる可能性が非常に高いフィールド。

特に漁港の出入り口付近は、潮通しもよく、船の通り道がカケアガリになっていることが多いので絶好のアジのカゴ釣りスポットです。

なお、漁港は船の往来が激しい場所でもあるので、仕掛けを遠投する際は注意が必要です。

Advertisement

アジを狙ったカゴ釣りのポイント

EPSON MFP image

アジは、水深があって潮通しの良いポイントが大好き。

アジは基本的に 日中は沖の深場にいて、夜が近づくにつれて浅場へやって来ます。

その為、潮通しがよくて尚且つアジの通り道である漁港の先端や沖向きの堤防がおすすめポイント。

夕方にやってくるアジをカゴ釣りでいち早く向かい打ちましょう。

アジを狙ったカゴ釣りのタックル

EPSON MFP image

アジのかご釣りでは、少々重めの仕掛けを遠投する為、ある程度強めのタックルが必要です。 

ここでは、汎用性の高い磯竿を使ったタックルをご紹介します。

【ロッド】

ロッドは磯竿の3~4号を使います。

今回ご紹介のホリデー磯は、性能は間違いないものの価格は安く、コストパフォーマンスに優れた一本です。

3号ほどの磯竿は、様々な釣りに代用できるので一本持っておけばいろんな釣りが楽しめます。 

【リール】

リールは3000番から4000番のスピニングリールを使います。

PEラインだと2号を150m以上巻けるものであれば十分です。

【ライン】

 メインラインはPEだと2号、ナイロンであれば4~5号を使用します。

個人的には細くて強いPEラインが遠投にも有利でおすすめです。

【ウキ】

ウキは明るいときに使うか暗いときに使うかで変わってきますが、日中は大きくて見えやすく、夜は発行体などを付けれて夜でも見ることが出来るウキがおすすめです。

【仕掛け】

仕掛けは市販のものでOK。

ここでは遠投カゴサビキ仕掛けをご紹介します。

【コマセエサ】

コマセとなる撒き餌は、こだわりのある方はアミエビと集魚剤の配合など自分好みの撒き餌を作られる方もいらっしゃいますが、基本的は市販のサビキ用のアミエビでOK。

特に今回ご紹介のアミ姫キララは、チューブタイプで手が汚れにくいうえ、しっかりとしたアミエビのなかに集魚剤も入っていて、至れり尽くせりのコマセエサです。

正直かなりおすすめです。 

アジを狙ったカゴ釣りで便利なグッズ

【竿を置く三脚】

アジのカゴ釣りを する堤防では、竿を置く三脚があると非常に便利。

仕掛けを作る際やコマセエサを入れる時など、何かと重宝します。

【魚掴み】

アジがたくさん釣れた場合、手際よく針を外して次の一投へ移るときは、出来るだけ手が綺麗な状態で竿を触りたいものです。

魚掴みがあれば、手を汚すことなく魚を針から外せますし、万が一、ひれなどに毒を持つ魚が釣れても対処できます。 

Advertisement

アジを狙ったカゴ釣りの付けエサ

アジを狙ったカゴ釣りをする場合、投げサビキ方式で狙うのであれば付けエサはいりませんが、付けエサを付ける場合はもちろんエサが必要です。

では、どのようなエサを付ければ良いでしょうか。

【ボイルオキアミ】

f:id:keeemura:20200605192127j:image

基本的にアジを狙う付けエサはボイルされたオキアミでOK。

ハリを隠すようにオキアミに通していきます。

なお、アジ狙いの場合は、Sサイズのオキアミを使うと食い込みがよいのでおすすめです。

【虫エサ】

f:id:keeemura:20200605192200p:image

私は大アジ狙いだ!という人にはアオイソメなどの虫エサをおすすめします。

アオイソメの口から針を入れて少し針を出します。

なお、アオイソメが長すぎると食い込みが悪くなるので大きくても5センチくらいまでに切りましょう。 

アジを狙ったカゴ釣りの釣り方

EPSON MFP image

アジのカゴ釣りの基本は、コマセエサと針を同調させることです。

同調させるためには、仕掛けを投入して竿をしゃくり、カゴからコマセを出してやる必要があります。

潮の流れを感じながらコマセと針を同調させるイメージで釣っていきましょう。

Advertisement

アジを狙ったカゴ釣り釣果を伸ばすアドバイス

【仕掛けにアクションをつける】

f:id:keeemura:20200605192223j:image

 アジは基本的に動くものに興味を示します。

その為、ただただコマセエサと針を流しているだけでは食わない場合があります。

そんな時は、竿先を少し素早く動かすなどのアクションをつけてやるとアジが食いついてくることも…

工夫が必要です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。