淡路島のコブダイを釣る。コブダイの釣り方と淡路島のコブダイポイントを3つご紹介。

淡路島のコブダイを釣る。コブダイの釣り方と淡路島のコブダイポイントを3つご紹介。

今回は、淡路島の堤防などに潜むモンスター巨大魚コブダイの釣り方(浮きフカセ釣り)やコブダイが釣れる淡路島のポイントをご紹介します。あまり本命の対象魚として狙われることが少ない魚ですが、その巨大さやパワーゆえ引き味はかなり強く、釣り人を興奮させます。
また、釣り物が少なくなる寒い冬の時期でも狙う事が出来る魚なので近年人気になりつつあるコブダイ釣りです。

コブダイってどう釣ればいいの? コブダイが釣れる淡路島のポイントは? そんな疑問を解消します。

身近な巨大魚コブダイとは?

f:id:keeemura:20200309110411j:image

コブダイとは、別名カンダイとも呼ばれ、頭にある大きなコブが特徴的な魚です。
タイと名前についていますが、タイの仲間ではなく、ベラの仲間。
磯から身近な防波堤にまで居る魚であり、大きなものになると80センチ10キロ以上と、怪物級に大きくなります。
また、他の魚の活性が低くなる寒い冬の時期でも、元気にエサを探して泳ぎ回ることができる為、特に冬に時期にはよく狙われる魚です。

Advertisement

コブダイ釣りのベストシーズン

f:id:keeemura:20200309110520j:image

コブダイは1年中狙う事が出来ますが、一番良いシーズンは晩秋から春先までです。
なぜ、晩秋から春先までかというと、寒い時期はエサ取りの魚が少なくなり、寒い時期に強いコブダイが釣りやすいからという理由と、他に釣る魚がいない冬にコブダイを釣ろうという考えからです。
コブダイを狙って釣るなら冬が一番。
私たちもコブダイは冬にしか狙いません。

コブダイ釣りの釣り方・仕掛け

【浮きフカセ釣り】

今回の記事では、この『浮きフカセ釣り』に焦点をあてていきます。
コブダイの浮きフカセ釣りは、グレなどの浮き釣りの仕掛とほぼ同様のものを使用します。

【ぶっこみ釣り】

ぶっこみ釣りの解説はこちらの記事でご紹介しております。

実際に淡路島でぶっこみ釣りをしてコブダイを釣った経験や情報をもとに釣り方やエサ、タックル、淡路島のおすすめポイントまでご紹介しておりますので是非ご覧ください。

Advertisement

タックル・必要な道具

今回の記事はコブダイの浮きフカセ釣りに焦点をあてている為、浮きフカセ釣り用のタックルをご紹介。
※入門用タックルです。

ロッド

コブダイ狙いの浮きフカセ釣りは5号から6号の強めの磯竿を用意しましょう。
大型コブダイが掛かった時の引きはものすごく強いです。
大の大人でも腰を入れてやり取りしないと、負けてしまうほど…
その為、大型のコブダイとのやり取りも見据えて強めの竿は必須です。

リール

リールは4000番から5000番くらいのスピニングリールを使用します。
拭きフカセ釣りでのやり取りは、リールの強さで寄せてくるのではなく、ロッドのパワーで寄せてくるので、大型コブダイとのやり取りの為にそこまで大きいリールを用意する必要はありませんが、やはりドラグ強度が高い物を使うのが良いです。
フカセ釣りなので、レバーブレーキ機能があれば、なお良しです。

ライン

ラインはナイロンラインであれば10号、PEラインであれば3号くらいを用意したいところです。
巻く量は100mもあれば十分すぎるくらいです。

円錐ウキ

コブダイの浮きフカセ釣りに開発されたウキなどもありますが、オモリに合わせた円錐ウキを使用すれば問題ありません。
使用状況に応じた仕掛け・オモリのバランスを考えて数種類用意すると便利です。

リーダー

コブダイ釣りに、リーダーは必須です。
コブダイは、掛かるとすぐに根に突っ込みます。
その突っ込みの強さもかなりのものですが、一度根に入られると出すのは至難の業です。
その為、根に擦られても耐えれるようにフロロカーボンの10号前後を使用しましょう。

針は、軸の太いものを選びます。
大型コブダイとのやり取りでも針が伸びないように注意しましょう。

玉網

コブダイ釣りでたも網は必須です。
どれだけ足場の低い釣り場でも、大型コブダイをあげるのは大変。
ましてや少しでも足場が高ければコブダイをあげることは不可能です。
コブダイを無事釣り上げる為にも、糸が切れてコブダイに残さない為にも、網は必ず持っていきましょう。

コブダイ釣りのエサ

【コマセエサ】

『オキアミ』

f:id:keeemura:20200309111355j:image

冷凍のオキアミが売っていたりするが、溶かす必要があります。
生のオキアミがあればベストです。

『配合エサ』

f:id:keeemura:20200309111446j:image

グレやチヌ用の配合エサも有効です。
水でコネないといけないのが、めんどうです。

【付けエサ】

f:id:keeemura:20200309111853j:image

フカセ釣りをする時の付けエサはむきエビが食い込みがよくおすすめです。
しかし、コブダイは雑食性で、貝類や甲殻類なども好物であり、よく食べます。
なんと、死にアジまで食うとか…
むきエビがおすすめですが、エサ取りが多い場合などは、貝やカニなど様々なエサを試してみるのも面白いです。

コブダイを釣る重要なポイント

堤防の際をせめる

f:id:keeemura:20200309112145p:image

コブダイは、堤防に沿って回遊しています。
その為、コブダイの回遊に合わせてエサは堤防にそって流していくのが非常に重要です。
エサや糸が堤防に絡まらないように注意しながら、堤防際をせめましょう。

Advertisement

コブダイが釣れる淡路島のおすすめポイント

釜口漁港

釜口漁港は、小さな漁港です。
小さな漁港ながらも、港内の壁きわには、コブダイが好きな藻が生えており、実際にその藻の下を泳ぐコブダイが見えたりします。
堤防際は浅いですが、コブダイの回遊はあります。
少し沖目になるとみお筋があり、そのかけ上がりにもコブダイはエサを探しに回遊しています。

また、比較的釣り人がすくない場所でもあるので釣りやすさもおすすめポイントの一つ。
私たちはこの釜口漁港で初コブダイを釣りました!

f:id:keeemura:20200309112228p:image

※約65センチのナイスコブダイ

洲本港

洲本港は、釣り人に人気のスポットですが、コブダイの実績も十分です。
赤灯台周辺が一番のポイントですが、コブダイは日中港内をうろうろしてますので、しっかりとコマセで寄せてこれば赤灯台周辺でなくても期待十分です。

オノコロ裏

淡路島のオノコロランド裏の堤防もコブダイのポイントです。
海に向かって左手の大波止では、たくさんの実績がありますが、人が多く、少し不便な思いをすることがあります。
その為、海に向かって右側の小さな波止がおすすめ。
私たちは、オノコロ裏右手の堤防では、中型までのコブダイしか釣った事がありませんが、大型も必ずいるはずです。
穴場のポイントでコブダイを釣りましょう。

f:id:keeemura:20200309111213p:image

※嫁が初コブダイを釣ったのは、このオノコロ裏右手の防波堤でした。

Advertisement

身近な巨大魚コブダイと熱いファイトを!

f:id:keeemura:20200309111237j:image

身近な海に潜む巨大モンスターコブダイ。
釣り物が少ない冬でも釣り人を楽しませてくれるナイスフィッシュです。
そんなコブダイと熱いファイトを楽しみましょう。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました

K村夫婦でした⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。