【ブラクリ釣り】確実に根魚が釣れるブラクリ釣りをご紹介。ビギナーにもおすすめです。

【ブラクリ釣り】確実に根魚が釣れるブラクリ釣りをご紹介。ビギナーにもおすすめです。

小さな針とオモリが一体となった「ブラクリ」は、海底や壁際などに生息するカサゴやアイナメなどをはじめとする根魚を狙うのに適した仕掛けです。その威力は、身近な堤防や小磯などで存分に発揮され、特に難しいテクニックも必要ありませんので、ビギナーにもおすすめです。

堤防や小磯でまずは確実に魚を釣りたいという方におすすめの釣り方です。

【ブラクリ釣り】魅力

f:id:keeemura:20200817083639j:image

 根魚という魚は、根掛かりの多い岩礁帯や堤防の基礎や捨て石、ケーソンの隙間、消波ブロックの隙間など、とにかく自分の身を隠せる場所に生息しています。

このように身を隠せる場所に潜んで、エサを待ち構えており、目の前を通るエサに対しては敏感に反応します。

この根魚の習性を利用した釣り方がブラクリ釣りです。

針とオモリが一体となったブラクリにエサを付けてとにかく根魚が潜んでいそうな場所へブラクリを投入するだけのシンプルな釣り方であり、特別な道具は必要ないため、誰でも簡単にチャレンジ出来て尚且つ釣れる確率も非常に高いのがブラクリ釣りの魅力です。

Advertisement

【ブラクリ釣り】狙える主な魚

「カサゴ」

f:id:keeemura:20200817084026p:image

根魚の代表的な魚であるカサゴ。

目の前を通るものに大きな口で果敢にアタックしてきます。

エサを食べたあとはすぐに根に戻ろうとするので、掛かったら即巻き上げするようにしましょう。 

「ソイ」

f:id:keeemura:20200817083658j:image

日本全国どこでも見れる根魚。

機敏にエサに食らいついてくるのでナイスターゲットです。 

「アイナメ」

f:id:keeemura:20200817083808j:image

根魚の中でも超人気ターゲットのアイナメ。

大きいもので50センチ以上にもなる根魚で、引き味も強く、食べても美味しいので釣り人の中でも根強い人気があります。

「ハタ系」

f:id:keeemura:20200817083935j:image

キジハタやオオモンハタなどのハタ系もブラクリ仕掛けで狙えます。

40センチを超える大型のハタが掛かれば面白いファイトが楽しめます。

また、非常に美味しい魚であり、超高級魚としても知られています。

【ブラクリ釣り】タックル・仕掛け・小物

EPSON MFP image

「ロッド」

ロッドはルアーロッドでも磯竿でもある程度ブラクリをキャストしたり、壁際に落としたりできれば何でもOKです。

キジハタやアイナメなどの大型の根魚が掛かることを想定すると、シーバスロッドか磯竿があれば良いでしょう。

「リール」

リールもキャスト、リトリーブなどが出来てドラグの調整もある程度出来るスピニングリールであればOK。

シーバスやエギングで使っているものを代用するだけでも良いです。

「ライン」

メインラインはPEの0.8号から1号程度がおすすめ。

PEラインを使用する場合は、必ずリーダーをつけましょう。

「ブラクリ仕掛け」

 ブラクリ仕掛けは釣具屋さんで市販されています。

オモリの重さや針の大きさなどに種類があるので、使用する場所や状況に合わせて選択しましょう。

基本的に水深があり、潮の流れが速い所では重いブラクリ、比較的浅くて潮の流れもそこまで早くなければ軽めのブラクリがおすすめです。

「エサ箱」

ブラクリ釣りは一か所に留まらず、ランガンで根魚の潜んでいそうな場所を攻めていく釣りの為、ベルトやズボンに取り付けが可能なエサ箱があればかなり便利です。

エサ箱に入れておくと虫エサなどの活きも長くなるので、必需品といっても良いでしょう。

「小物ケース」

 サイズや重さの違うブラクリを入れたりするのに便利な小物ケース。

カバンやポケットに入れておけば、仕掛けチェンジも容易です。

Advertisement

【ブラクリ釣り】エサ

「アオイソメ」

f:id:keeemura:20200817084118j:image

アオイソメは価格が安く、どこでも手に入りやすいエサです。

頭から針に刺して適度なところで切って使います。

エサ持ちがよいので遠投でもOKです。

「イワイソメ」

f:id:keeemura:20200817084210j:image

西日本ではマムシと呼ばれる虫エサ。

アオイソメに比べると高価ですが、虫エサの中でも最も魚の食いが良いエサです。

体は柔らかいためエサ持ちはアオイソメと比べると落ちますが、魚の食い付きは一番のエサです。

Advertisement

【ブラクリ釣り】フィールド

「漁港や堤防」

f:id:keeemura:20200817084315p:image

漁港や堤防は基本的に根魚の魚影が濃い場所です。

堤防や漁港の周りには、捨て石や基礎があり、魚の隠れ場所となっています。

また、漁港や堤防自体が大きな魚の棲み処となっているため、ブラクリ釣りの定番ポイントです。

「小磯やゴロタ場」

f:id:keeemura:20200817084428j:image

岩礁帯には多くの根魚が生息します。

磯やゴロタ場が絶好の隠れ場所となりります。

少し砂場が混じったゴロタ場が特に魚影が濃いです。

【ブラクリ釣り】主なポイント

EPSON MFP image

海底に岩礁や捨て石などの障害物があるところが根魚の一級ポイントです。

その為、堤防周りでは基礎となる捨て石やケーソン部分、消波ブロック周りが最も良いポイントです。

漁港の大小に限らず、このような障害物があるのでとにかく探ってみると良いでしょう。

【ブラクリ釣り】釣り方

EPSON MFP image

そのに着いたブラクリが目立つように大きくしゃくりを入れたり、底を這う小動物のようにずる引きしたりして誘います。

常に動かして誘い続けるだけでなく、食わせの間を作れるように仕掛けをそのまま動かさずに置いておくのも効果的。

根掛かりに注意してあらゆる誘いを入れていきましょう。

Advertisement

【ブラクリ釣り】釣れないときの工夫

f:id:keeemura:20200817084528p:image

潮などの状況によっては、食いが悪い時間帯があります。

そんな時は、魚の目の前にエサを持っていってやる必要がある為、とにかく広範囲に何度もブラクリを投入することが必要です。

また、エサを大きめに付けてアピールするのも効果的です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。