【カゴ釣り】大物マダイを狙ったカゴ釣りの釣り方やタックルなどをご紹介

【カゴ釣り】大物マダイを狙ったカゴ釣りの釣り方やタックルなどをご紹介

『 大きな獲物を求めて仕掛けをより遠くへ』遠投カゴ釣りには、そのような釣り人の心が躍るロマンがあります。

そして、その思いが魚に通じた時、マダイや青物など心ときめくターゲットたちがヒットする。

今回は、そんなロマンあふれる人気の釣り方、マダイを狙った『カゴ釣り』釣り方やタックルなどをご紹介します。

マダイを狙うカゴ釣りとは?

f:id:keeemura:20200603220655j:image

カゴ釣りというと、大きなウキに大きなカゴを付けて力いっぱい投げるといったダイナミックな釣りですが、そんなダイナミックさの中にも大物マダイに口を使わせるように創意工夫が施されていて繊細な一面もあります。

また、ターゲットはマダイがメインですが、青物やイサキ、おなじみのアジなども狙えて、何が釣れるか分からないのがカゴ釣りの魅力です。

Advertisement

マダイを狙うカゴ釣りが楽しめるフィールド

【水深のある堤防や漁港】

f:id:keeemura:20200603220729j:image

潮通しがよく、水深が10メートル以上ある堤防や漁港はマダイを狙うカゴ釣りの好フィールド。

堤防の周辺は海藻が育ち、根や海藻ではマダイのエサとなる甲殻類も多く潜んでいます。

底が砂地で水深のある堤防や漁港は要チェックです。

【外洋に面した磯】 

f:id:keeemura:20200603220802p:image

外洋に面した磯は、潮通しも良く、カゴ釣りで狙える範囲にマダイも接岸してきやすくなります。

もちろん、水深は10m以上が好ましいですが、海底の起伏が激しかったり、沈み根などが点在していればマダイはエサを食べにやって来ます。

底の地形を把握して、マダイの回遊しそうなカケアガリや沈み根周りを探りましょう。

マダイを狙うカゴ釣りのシーズン

f:id:keeemura:20200603220830j:image

遠投カゴ釣りでマダイをメインに狙う場合、ベストシーズンはやはり春から初夏にかけての乗っ込みシーズンです。

産卵のため、比較的浅場まで接岸してきてエサを食べまわります。

また、秋の初めから晩秋までの時期も深場へ落ちる前にエサを多く食べる時期でもあるのでチャンスです。

Advertisement

 マダイを狙うカゴ釣りのタックル

EPSON MFP image

マダイを狙ったカゴ釣りでは、コマセカゴや大型のウキをフルキャストするだけの負荷に耐えれるタックルが必要です。

ここでは、そのような使用に十分耐える事の出来る、入門編タックルをご紹介します。

【ロッド】

ロッドは、磯竿を使用します。

長さは5m前後で3~4号がおすすめ。

竿にしっかりと仕掛けを乗せて投げれるようにあまりに固すぎるロッドはおすすめできません。

【リール】

リールはロッドとのバランスを見つつ選択すると良いですが、あまりに重いものだとキャスト時に邪魔になりますし、あまりに小さいと大物がヒットした際や仕掛けの回収時にかなり心もとないです。

大体4000番前後のスピニングリールですと、使用するラインが150m以上巻けるのでおすすめです。 

【ライン】

メインラインはPE4号くらいがおすすめ。

PEラインはナイロンやフロロカーボンのラインと比べて細くて引張強度も強い。

その為、飛距離も期待できるうえ、大物が掛かった時も心強いです。

しかし、擦れには弱い一面があるので、ハリスは必ずフロロカーボン素材のものにしましょう。

【ウキ】

 ウキは遠投用のウキを使います。

飛距離が出るように羽根つき、遠くでも目視しやすい、小さなあたりでもわかるような感度を持ち合わせたウキが理想的です。

【仕掛け】

カゴ釣りの仕掛けは市販されています。

仕掛けを自分で作るという方もいらっしゃいますが、まずは市販の仕掛けを使って、カゴ釣りとはどのようなものかという事を知るのも良いでしょう。 

マダイを狙うカゴ釣りのエサ

 【ボイルオキアミ】

f:id:keeemura:20200603220851j:image

マダイ狙いのエサとしては、定番かつ人気no.1なのがボイルエビ。

まさにエビで鯛を釣るという事になりますが、釣具店などでは必ず売っていますので手に入りやすいのも利点です。

出来るだけ大きなオキアミを点けると良い釣果がついてきます。

【イカの短冊】

f:id:keeemura:20200603220934j:image

イカはマダイの大好物。

オキアミを使っていてもエサ取りの猛攻にあって釣りにならないという時は、大活躍してくれます。

ただし、多少の誘いやアクションが必要になるのが少し難点。

Advertisement

マダイを狙うカゴ釣りの釣り方

EPSON MFP image

カゴ釣りのメリットは、遠くのポイントにコマセを撒けて、深場を狙えるという点ですが、コマセと付けエサを同調しやすいという点もあります。

キャスト後、コマセと付けエサを同調させて食わない場合は、少しロッドをあおって、コマセを少し出しつつ誘っていくという釣り方が、一般的。

コマセの中でも付けエサを目立たせるためにもロッドアクションによるマメな誘いが釣果を呼びます。 

Advertisement

マダイを狙うカゴ釣りのワンポイントアドバイス

【潮の流れに注意する】

f:id:keeemura:20200603220946j:image

マダイは潮の流れに大きく影響される魚です。

潮の流れの流心は一番マダイの釣果が期待できるポイントであるため、仕掛けを遠投し、潮の流れの流心へ届かせることが重要となります。

仕掛けを投入後は、コマセと付けエサが同調しながら潮の流心を流れていくことをイメージしながらロッドアクションでコマセを撒きつつ付けエサをアピールしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。