【ファミリーフィッシングで楽しめる!】ライトタックル&ルアーで気軽に狙うタチウオ釣りをご紹介

【ファミリーフィッシングで楽しめる!】ライトタックル&ルアーで気軽に狙うタチウオ釣りをご紹介

タチウオは、見た目が刀のような形をしていて、口には鋭い歯がある細長い魚ですが、特に関西では釣って楽しい・食べて美味しい魚として人気であり、おかっぱりからはもちろん、船釣りでも大人気の対象魚です。
そんなタチウオは、季節や釣り方を合わせていけば初心者の方やファミリーフィッシングでも十分に数釣りが可能であり、時には1mを超える大物も狙えます。
今回は、ファミリーフィッシングでも楽しめるタチウオをライトタックル&ルアーで気軽に狙う釣り方や方法・タックルをご紹介します。

ライトタックルで狙うタチウオ釣りのベストシーズンは?

f:id:keeemura:20200402204003j:image

タチウオは手段を問わなければ、ほぼ1年中狙える魚ですが、ライトタックルで気軽に狙うのであれば、身近な漁港や堤防で釣れるという事が条件になってきます。
そうすると、身近な漁港や堤防にタチウオが接岸してくる 9月上旬から11月末頃 がライトタックルを使用して釣れるシーズンとなります。
タチウオは秋になるとエサを多く捕食しに接岸してきますので、そこを狙いましょう。

Advertisement

ライトタックルで狙うタチウオ釣りの時間は?

f:id:keeemura:20200402204111j:image

タチウオは日中、沖の深場を回遊しています。
船であれば、沖に出て日中タチウオが回遊している深場を狙う事が出来ますが、ライトタックルで狙うタチウオ釣りは沖の深場なんて狙えません。
その為、タチウオが最も接岸してくる夕方から夜の時間にタチウオを狙いましょう。

ライトタックルで狙うタチウオ釣りはどんな場所ですれば良い?

タチウオ釣りの場所を選ぶ要因は様々ありますが、絶対に抑えておきたいのは【エサとなる小魚の有無】【深場から近い】という2点です。
その2点を抑えた上で、どんな場所でタチウオを狙えば良いかを見ていきましょう。

【漁港】

f:id:keeemura:20200402204155j:image

漁港はタチウオのエサとなる小魚が多く生息しており、タチウオもその小魚を食べに漁港内に回遊をしてきます。
タチウオは日中は沖に居て、夕方から夜にかけて接岸してきます。
漁港内でも、エサとなる小魚が多くいれば漁港の内側でも釣れますが、基本的には、外洋側を狙うのが良いでしょう。
潮通しが良く、エサとなる小魚が多い漁港であれば、連発も珍しくありません。

【沖堤防】

f:id:keeemura:20200402204245j:image

渡船で渡してもらう沖堤防もタチウオの絶好のポイントです。
沖堤防は基本的に外洋に面しており、水深も深く、エサとなる小魚の回遊も漁港に比べて多いので、タチウオを足止めする要素がおおくあります。
渡船を利用するという少しのめんどくささはありますが、好釣果が期待できるフィールドです。

【河口】

f:id:keeemura:20200402204345j:image

タチウオはエサに対して貪欲な魚なので、エサとなる小魚がいれば河口付近にも回遊してきます。
河口だからタチウオはいないと思わないで、エサとなる小魚の存在を探していくことが重要です。
河口はタチウオ釣りにおいて、他の釣り人があまり狙わない場所でもあるので、もしかしたら自分だけの穴場が見つかるかもしれません。

Advertisement

ライトタックルで狙うタチウオ釣りで狙うべきポイント

ライトタックルで狙うタチウオ釣りのメインフィールドは漁港や堤防です。
漁港や堤防は、その形からでも狙うべきポイントが判断しやすいので、効率よく良いポイントを探っていきましょう。
基本的には、水深があって潮通しの良い場所が一番好ましいですが、エサとなる小魚が集まる場所なども狙いのポイントになります。

EPSON MFP image

【漁港の堤防先端付近】

漁港や堤防からタチウオを狙うのであれば、まず間違いないポイントが漁港や堤防の先端部分です。
漁港や堤防の先端部分は、潮通しが良く小魚の回遊も頻繁にある為、それを狙いにタチウオも回遊します。
釣り場について先端部分が空いていればまずはそこに行くのがベストです。

【水深が深い漁港内部】

タチウオは漁港の内側奥まで入ってこないと思われがちですが、エサを追って漁港奥に入ってくることもしばしばあります。
その奥部分に水深があれば、そのまましばらく付近を回遊もするので、先端が空いていない場合はエサとなる小魚の有無や水深などを見つつ漁港内部でタチウオを狙うのも良いかもしれません。

Advertisement

ライトタックルで狙うタチウオ釣りの仕掛けとタックル

EPSON MFP image

タチウオを漁港や堤防から気軽に狙う場合、使用するタックルは特別なものは必要なく、シーバスタックルなどを代用して釣ることができます。
また、タチウオはルアーやテンヤで釣ることができますので、今回はシーバスタックルを使ったルアー釣り・テンヤ釣りのタックルをご紹介します。

【タックル】

ロッド

シーバスロッドと言えばディアルーナ。
これから本格的にシーバスやタチウオなどのソルトルアーフィッシングを始めたいと思う方から、ベテランの方まで幅広く使用されています。
有名釣りyoutuberの方なども使用されている間違いないロッドです。

リール

こちらもこれから本格的にシーバスやタチウオなどのソルトルアーフィッシングを始めたいと思う方から、ベテランの方まで幅広く使用されています。
性能も巻き心地もかなり良く、コストパフォーマンスの良いリールです。

ライン

PEラインの1号くらいを使用します。
シーバスタックルの代用ですので、シーバス釣りで使用されているラインをそのまま流用で問題ありません。

【テンヤ仕掛け】

テンヤ仕掛けは、針の先にオモリが付いたいわゆるジグヘッドのような形をしています。
針の部分にエサを付けてルアーの様に動かしてタチウオを誘うのがテンヤ仕掛けです。

【テンヤ仕掛けのエサ】

テンヤ仕掛けのエサは、冷凍の小魚やドジョウなどをつけましょう。
イワシなどの小魚でOKです。
なお、ドジョウは釣具店などでも売っているので、用意できる人は使うと釣れる確率があがります。

【ワインド釣法のジグヘッド・ワーム】

タチウオをルアーで狙う場合、多くの釣り人に指示されているのがワインド釣法というルアーを使った釣り方です。
テンヤ仕掛けとよく似ており、ジグヘッドに小魚をモチーフにしたワームを付けてタチウオを狙います。
ここでは私たちも使用しているワインドルアーをご紹介しています。

【ワイヤーリーダーと発光体】

タチウオを狙うにおいて必ず用意したいアイテムが2つあります。
それは『ワイヤーリーダー』と『発光体』です。

『ワイヤーリーダー』

タチウオの歯はかなり鋭く、ナイロンやフロロカーボンのリーダーですと一瞬で切られてしまいます。
その為、ワイヤーリーダーは必ず用意しましょう。

『発光体』

タチウオは光に集まるという習性があります。
その習性を利用して仕掛けに発光体をつけると釣果アップするでしょう。

ライトタックルで狙うタチウオ釣りの釣り方

EPSON MFP image

ルアーやテンヤを使う場合は、タナをキープしながらタダ巻きをするだけでも良いですが、ワインドルアーを使用する場合は狙いのタナまでワインドルアーを沈ませてリズムよくしゃくりましょう。
ワインドルアーをのしゃくり方は、リール一回転につき1回しゃくる程度で十分です。
そして何より大事なのは、タチウオがいるタナを探っていくことが大切です。
ルアーをそれくらい沈ませた時にアタリがあるかなどこまめに探っていけば、連続ヒットも容易になります。

ライトタックルで狙うタチウオ釣りの注意点

【タチウオの歯はかなり鋭利】

f:id:keeemura:20200402205330j:image

タチウオは鋭い歯を持つ魚です。
タチウオを釣る際はその鋭い歯に注意しましょう。
素手で触ると手が切れてしまうくらいです…

Advertisement

楽しいファミリーフィッシング。ライトタックルタチウオを釣ろう!

f:id:keeemura:20200402205439p:image

秋の風物詩ともいえるタチウオ。
ファミリーフィッシングで気軽に大物が狙える釣りでもあります。
秋の夜長に釣って楽しい・食べて美味しいタチウオを狙ってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。