【山口】錦川の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介

【山口】錦川の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介

錦川は山口県の超有名観光スポットである錦帯橋の下を流れる山口県内で一番の大河です。
特に錦川で釣れるアユは、姿や味でも抜群であると知られており、全国からアユ釣り師が訪れる川でもあります。
また、アマゴやオイカワなど淡水魚が豊かな釣り場として知られています。
今回はそんな錦川の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介します。

釣り場としての【錦川】

f:id:keeemura:20200817091850j:image
出典:岩国市

錦川は、支流を含む河川延長約330㎞、流域面積約884キロ平方メートルと中国地方でも屈指の大河です。
そんな錦川には、全国的にも有名な錦帯橋があり、国の名勝にも指定されています。
観光地としても全国から人が訪れる錦川ですが、釣り場としても非常に良い場所であり、とくに支流の宇佐川は、水質の良い水が特徴であり、アユやアマゴなど多くの魚をはぐくんでいます。

Advertisement

 【錦川】で狙える主な魚

【アユ】

f:id:keeemura:20200817091912j:image
錦川のアユ釣りは、定番の友釣りの他にコロガシ釣りも人気です。
シーズン序盤から7月くらいまでは、群れアユが多いのでコロガシ釣り、ナワバリを作り、追いが良くなる8月以降は友釣りが有効。
錦川のアユは放流量が多い上に天然遡上も多くみられるので良い釣果が期待できます。

【アマゴ】

f:id:keeemura:20200817091924j:image
出典:市場魚介類図鑑

錦川のアマゴはコンディションが良く、魚影が濃いことが評判が良いです。
エサ釣り・ルアー釣り・フライ釣りとどんな釣り方でも狙えます。
エサで狙う場合は、イクラクリムシが定番。
ルアーは小型のミノーへの反応が良いです。

【サツキマス】

f:id:keeemura:20200817092012j:image
出典:市場魚介類図鑑

錦川でサツキマスを狙う場合、ルアーやフライで狙うのが良い。
ルアーであれば8センチ前後のミノーや10g程度のスプーンを使うのが一般的です。
フライを使う場合は、3センチほどの小魚をモチーフにしたストリーマーへの反応が良いです。

【オイカワ】

f:id:keeemura:20200817092059j:image
出典:市場魚介類図鑑

錦川では、オイカワを1年中狙う事ができます。
特に冬場のオイカワは美味しいと言われていますが私は食べたことはありません。
なお、エサ釣りが一般的ですが、毛ばりで狙っても釣れるので、ルアー釣りが好きな人は毛ばりで狙うのも面白いです。

【錦川】で釣りをする際の注意

f:id:keeemura:20200817092136p:image
錦川は、ダムの放水によって水位が上昇することがあり、これを知らないと非常に危険です。
放水する際は大きなサイレンがなるので、サイレンがなれば水辺から離れるようにしましょう。
また、錦川周辺は釣り具屋さんが無いため、道具や仕掛けの忘れ物をすると不便な思いをします。
その為、釣行前の準備をしっかりと確認が必要です。

Advertisement

【錦川】を管理する漁協

錦川でアユやアマゴなどを狙って釣りをする際は、釣りをして良い期間の確認と遊漁券の購入が必要になってきます。
遊漁券料・釣りをして良い期間は、対象魚によっても異なるので、錦川を管理する漁協のホームページで事前に確認しましょう。

錦川漁業協同組合

玖北漁業協同組合

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

K村夫婦でした⭐

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。