【チヌが簡単に釣れる】パワークラブの落とし込み釣りを徹底解説

今回ご紹介する『パワークラブの落とし込み釣り』は、『こんな簡単に釣れて良いの?』と思うほどよく釣れます。

チヌを釣りたいけど、釣り方がわからない… チヌを狙っているけど、なかなか釣れない…

という方はぜひ最後まで見てください。

必ずチヌが釣れるようになるはずです。

この記事はこんな人におすすめ!

・とにかくチヌが釣りたい
・落とし込み釣りを気軽にしてみたい

目次

『パワークラブの落とし込み釣り』とは?

f:id:keeemura:20200729210324j:image

「パワークラブの落とし込み釣り」を3行で説明するとこんな感じ。

・エサはパワークラブ
・道具はシーバスやエギング用でOK
・壁きわにパワークラブを落とすだけで釣れる

『パワークラブの落とし込み釣り』は、エサに【パワークラブ】を使用して、シーバスやエギングタックルを流用したお手軽落とし込み釣りです。

なお、釣り方・ポイント選びに少しコツがあるので詳しく解説します。

『パワークラブの落とし込み釣り』|フィールド

「水深がある漁港や堤防」

f:id:keeemura:20200729210424j:image

「パワークラブの落とし込み釣り」は、パワークラブを壁際に落としてチヌを釣るので、足元から深い堤防でするのがおすすめ。

浅い堤防だと、パワークラブがすぐに底につきますし、なにより魚がいないので、必ず「3m以上」くらいの水深がある場所でやってください。

『パワークラブの落とし込み釣り』|狙うポイント

「貝が多く付いている壁」

f:id:keeemura:20200729210519j:image

チヌのエサとなる貝が多く付いている壁は、チヌがエサを食べに集まっている好ポイントです。

壁を見て、貝がついていれば、チヌが寄ってくるだろうな…と予想してみてください。

「堤防の継ぎ目やえぐれ」

f:id:keeemura:20200729211041j:image

堤防や漁港のコンクリートの継ぎ目や、コンクリートがえぐれている場所は、チヌのエサが溜まるので好ポイントです。

堤防や漁港で、下を見ながら歩くと必ずあるので、パワークラブを落とし込んでみてください。

上から落ちてきたカニと思って、チヌが食らいついてくるはずです。

『パワークラブの落とし込み釣り』|タックル

『パワークラブの落とし込み釣り』は、シーバス・エギングタックルでOK。

今回は、私たちも実際に使って、「パワークラブの落とし込み釣り」におすすめできると感じたタックルをご紹介します。

【ロッド】シマノ|ムーンショットS96ML

「パワークラブの落とし込み釣り」では、チヌのアタリを取る感度とチヌの引きに負けない強さを持ったロッドが必要です。

シマノ|ムーンショットは、手の届きやすい価格ながらも、チヌのアタリがわかる感度と、チヌを掛けたときに負けない強さがあります。

また、そのままシーバス狙いやロックフィッシュゲームにも使える汎用性の高さもあるため、1本持っていればいろいろな釣りを楽しむことができるのでおすすめです。

【リール】シマノ|アルテグラC3000HG

リールはスピニングリールを使うのがおすすめ。

なお、チヌの急な引きに対応できるように、ドラグ性能がスムーズなリールが必要です。

シマノ|アルテグラは、入門用のリールながらもドラグ性能がスムーズで、大型のチヌとのやり取りも心配なく行えます。

また、シマノ|ムーンショットとの組み合わせで、「パワークラブの落とし込み釣り」だけでなく、シーバスやロックフィッシュゲームなど、いろいろな釣りがワンセットで楽しめるのもおすすめのポイントです。

【ライン】

ラインは、PEの0.6~0.8号くらいがおすすめ。

細いとチヌの引きで切られる事があり、太いと警戒されたり、落とし込みに違和感が出ます。

そのちょうどいい中間地点がPEの0.6~0.8号です。

【リーダー】

リーダーは必ずつけましょう。

根ズレに強いフロロカーボン素材で、14lb前後のリーダーがおすすめです。

『パワークラブの落とし込み釣り』|仕掛け・エサ

【仕掛け】

f:id:keeemura:20200729211234j:image

『パワークラブの落とし込み釣り』の仕掛けはシンプルで、ジグヘッド単体だけです。

重さは、潮の流れや風の強さなどの状況に応じて、2g~7gくらいを使い分けます。

まずは、2gのジグヘッドで、壁キワに落ちてユラユラと水中を落ちるカニを演出してみましょう。

【エサ】

f:id:keeemura:20200729211632j:image

エサは、マルキュー「パワークラブ」を使います。

マルキュー特製のエキスに浸ったパワークラブは、チヌにとっては本物のカニ同然。

今まで釣れなかったチヌが、噓のように釣れ始めます。

『パワークラブの落とし込み釣り』|釣り方

f:id:keeemura:20200729211654j:image

釣り方

①ジグヘッドにパワークラブを付ける
②サミングしながら壁きわへ落とす
③アタリがあれば利きアワセ
④アワセが決まればファイト開始

①ジグヘッドにパワークラブを付ける

まずはジグヘッドにパワークラブを付けます。

付け方は、パワークラブの体の真ん中に針を刺すだけ。

②サミングしながら壁きわに落とす

壁から落ちたカニをイメージして、パワークラブを壁きわに落としていきます。

この時、チヌのアタリが取れるように指で落ちる糸を調整しながら落としていきましょう。

実は、『パワークラブの落とし込み釣り』では、このアタリを取りながら落とすのがすごく重要です。

③アタリがあれば利きアワセ

壁きわに落としていくと、いろいろなアタリの種類があります。

そのアタリの種類は、以下の通り。

ガツン! →落ちてきたパワークラブを強く食った状態

コツコツ…→パワークラブを口先で小突いている状態

仕掛けの落下が止まる→チヌが食いついてその場に留まっている。

※いずれのアタリも、とにかく違和感があればアワセてみましょう。

アワセが決まればファイト開始

フッキングが決まれば、チヌが根に潜らないようにあげてきます。

チヌとのファイトを楽しみましょう。

『パワークラブの落とし込み釣り』|釣れる魚

『パワークラブの落とし込み釣り』は、チヌだけではなく、いろんな魚が釣れます。

ここでは実際に釣れたことがある魚をご紹介します。

「シーバス」

f:id:keeemura:20200729211723j:image

シーバスも落ちてきたカニを捕食するので、『パワークラブの落とし込み釣り』で狙えるターゲットです。

壁きわを回遊しているシーバスに、タイミングがうまく合えば食ってきます。

「根魚」

f:id:keeemura:20200729211745j:image

根魚もカニが大好物なので、『パワークラブの落とし込み釣り』でよく釣れるターゲットです。

堤防の継ぎ目やえぐれを狙った時に良く釣れます

「アナハゼ」

f:id:keeemura:20200729212036j:image

アナハゼはカニが好物なので、パワークラブに果敢にアタックしてきます。

しかし、口の中にパワークラブが入りきらないので、針に掛けるのは少し難しいです。

『パワークラブの落とし込み釣り』|まとめ

f:id:keeemura:20200729211823p:image

パワークラブの落とし込み釣りは、今持っているタックルで出来て、ジグヘッドとパワークラブだけ用意すれば良いので手軽です。

そして、本当によく釣れるので、チヌを釣りたい人にかなりおすすめ。

『パワークラブ』と「ジグヘッド」を買って、「パワークラブの落とし込み釣り」を楽しみましょう!

『パワークラブの落とし込み釣り』 |動画

私たちのYoutubeチャンネル「タビカツリチャンネル」では、実際に『パワークラブの落とし込み釣り』で、チヌを連発させている動画を配信中です。

「パワークラブの落とし込み釣り」の釣り方や雰囲気もわかるので、ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (6件)

目次
閉じる