【淡路島】コブダイが釣れるポイントの選び方。3つのポイントがあります。

【淡路島】コブダイが釣れるポイントの選び方。3つのポイントがあります。

釣り物が少ない真冬でも活発に動き、釣れれば大型が期待できるコブダイ。
真冬でも強烈なファイトで釣り人を楽しませてくれるコブダイを狙う人も増えてきています。

f:id:keeemura:20200120115222j:image


そして淡路島では、そんなコブダイが真冬でも釣れる場所が多くあり、ほとんどの波止で釣れると言ってもおかしくないでしょう。

しかし、淡路島だからといって、いつもどこでも釣れるほど甘くはありません。
1日粘ってアタリすらない日もしばしば。

そこで今回は、淡路島で70センチ以上のモンスターコブダイを多く釣り上げた経験をもとに、【淡路島でコブダイが釣れる場所を見分ける3つのポイント】をご紹介します。

この3つのポイントを押さえて場所を選べば、初心者の方でもモンスターコブダイと会える確率が上がるでしょう。

f:id:keeemura:20200120115256j:image

コブダイを釣るポイント①【岸壁に海藻や貝類が多く付着している場所を選ぶ】

コブダイは、タイという名前がついていますが、ベラの仲間です。

ベラと言えば、岸壁の海藻の間や防波堤のえぐれた部分なんかでよく見かけますが、コブダイも同じような場所を好みます。

f:id:keeemura:20200120115333j:image

淡路島では、同じ時期でも漁港や波止によっては、全然海藻が生えていない場所・貝類が付着していない場所があったり、逆に海藻だらけ貝だらけの場所があったりと様々です。

海藻があれば、コブダイが身を隠せる場所になったり、海藻に寄って来たカニやエビなんかを食べることもできます。

f:id:keeemura:20200120121951p:image


また、岸壁に貝類が付着していれば、それを食べにコブダイも寄ってきます。
私たちも、真冬に様々な場所でコブダイを狙いましたが、岸壁に海藻や貝類が少ない場所では、エサ取りすらおらず、悲しい時間を過ごしました。

このことから、コブダイを釣るのであれば、【岸壁に海藻や貝類が多く付着している場所】を選ぶことが第一です。

コブダイを釣るポイント②【海を見た時に魚影の濃いエリアを選ぶ】

コブダイが釣れるポイント①に通じますが、コブダイが釣れる場所は、他の場所と比べ、魚影が濃い場所です。

f:id:keeemura:20200120115931j:image

魚影が濃いという事は、魚が好む隠れ場所やエサが豊富にあるという事になります。

私たちがコブダイを釣る際、一つの目安としているのが、スズメダイが上から多く見えるか、という事を目安にしています。

f:id:keeemura:20200120115945j:image


絶対にスズメダイが居ないとダメかと言われると、そうではないかと思いますが、コブダイの他に魚が集まっているという事は魚にとって良い環境であるという事。

すると自然にコブダイも回遊してくることでしょう。

コブダイを釣るポイント③【風が強くなくて波が穏やかな場所を選ぶ】

このポイント③については、真冬に長く釣りをすることも考えてのポイントも含まれています。

まず、単純に真冬に風が強いエリアで釣りをするのは人間が耐えれません。
コブダイ釣りは、エサを投入し、巻き餌をすることもありますが、基本的にじっと待つ釣りです。

じっと待っているときに冷たい風が吹かれると気分的に釣りになりません。
また、風が吹くと海面が荒れてしまい、コブダイも回遊しにくい状況になります。

f:id:keeemura:20200120120214j:image

このことから、長くコブダイを狙う時間を設ける為にも、コブダイに回遊してもら為にも、波風が穏やかなエリアを狙うのが良いです。

Advertisement

淡路島でコブダイを釣る時のエサ

コブダイの釣り方は、様々な種類がありますが、淡路島でコブダイを狙う際は、入手方法も簡単で、余れば冷凍保存もできる【スーパーのエビ】が一番です。

f:id:keeemura:20200120120308j:image

淡路島のどのスーパーでも売っている【バナメイエビ】や【ブラックタイガー】が食いつきがよく、針への取り付けも簡単なのでおすすめです。

ただ、この【エビ】はエサ取りの猛攻には弱く、すぐに身がぼろぼろになってしまう事もあります。
その為、エサとなる【エビ】は大目に買っておくのがよいでしょう。

私たちは、2本竿を出して半日コブダイを狙う場合は、10匹入りのエビのパックを買っています。

淡路島でコブダイを釣る時のおすすめタックル

大型のコブダイの引き味は、大人の男性でも強く踏ん張らないといけないくらい強いです。

f:id:keeemura:20200120120335j:image

その強い引きの為、相手に主導権を握られ、根に潜られてしまい、そのままラインブレイクなんてこともあります。

せっかく粘って掛けたコブダイを逃がしたくないですよね。
なので、淡路島でのコブダイ狙いは、強めのタックルを使いましょう。
私たちが実際に使用して、75センチのコブダイまで釣りあげた事が出来たタックルをご紹介します。

※なお、このタックルはコブダイ専用ではなく、青物用のタックルを流用しています。ご参考にしてください。

ロッド

ショアジギング用ロッド

リール

スピニングリール6000番

ライン

メインライン:PE3号

リーダー:フロロカーボン5号以上

仕掛け

潮の速さや水深によって重さを変えて使ってみてください。

淡路島でコブダイを釣る為のまとめ

寒い冬、釣りがしたいけど、釣れる魚も限られる。
でも、大きな魚が釣りたい!

そんな人はぜひ、コブダイを狙ってみましょう。

f:id:keeemura:20200120120513j:image

その強烈な引き味は、堤防から釣れる魚では間違いなくトップクラスです。
そして、そんなコブダイを狙う際は、今回ご紹介をした3つのポイントをもとに場所を選んでみてください。

きっとコブダイに出会えます。

【コブダイを実際に釣った動画】

【コブダイ釣りの関連記事】

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

K村夫婦でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。