「ダイソーメタルジグ」タダ巻きチューンをご紹介。タダ巻くだけでよく釣れるルアーに大変身!

釣りのいろいろ

今回はダイソーから発売されているメタルジグをタダ巻くだけで釣れるルアーに変身させます。

ジグをしゃくるのが苦手な人や、タダ巻くだけで釣りたいという方におすすめなタダ巻きチューンです。

この記事を書いた人

6歳で釣りを始めて釣り歴は25年。
怪魚から小魚まで、多くの魚釣りを経験してきました。
日本全国で釣りを楽しんでおり、結婚後は妻を釣りの世界へ引き込み中!
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリ旦那をフォローする

「ダイソーメタルジグ」とは?

f:id:keeemura:20210810163024j:image

100円均一ショップダイソーから発売されているメタルジグです。

発売から多くの人に使われており、サイズは18g~40gまで展開されています。

カラーも3種類ほど、そして形状も「ジグロック」という太めのものから「スリムサイズ」まであり、100円という安さが信じられないほど、しっかり使えて実績もあるメタルジグです。

DAISO メタルジグのタダ巻きチューンとは?

f:id:keeemura:20210810163755j:image

今回ご紹介するダイソーメタルジグのタダ巻きチューンとは、「タダ巻くだけで釣れるルアーに変身させる」という事。

完成形は写真のように、まるでスピンテールジグに似ています。

タダ巻くだけで、尻尾のブレードがクルクル回り、ジグ自体もフラフラ泳いで魚にアピールできるようになります。

DAISO メタルジグをタダ巻きチューンするときに用意するもの

プライヤー

※フックの取り外しをするため 

アシストフック(シングル ダブルどちらでも可)

 ※個人的にはシングルフックがおすすめ

ブレード

※アイにつけるタイプと針につけるタイプがあります。

DAISO メタルジグをタダ巻きチューンする方法

1.ダイソーメタルジグを用意する

f:id:keeemura:20210810163008j:image

今回は18gのメタルジグを用意ししました。

2.DAISO メタルジグのフックを外す

f:id:keeemura:20210810163047j:image

まずは、購入時からついているトレブルフックをプライヤーを使って外します。

3.DAISO メタルジグにアシストフックを前後ともにつける

f:id:keeemura:20210810163106j:image

次に、前後のアイにアシストフックを装着し、写真の状態にします。

4.DAISO メタルジグの後ろのアイにブレードを付ける

f:id:keeemura:20210810163120j:image

最後に後ろのアイにブレードを付ければ、タダ巻きチューンの完成です。

5.フックに刺すタイプのブレードでもOK

f:id:keeemura:20210810163811j:image

ブレードには2つの種類があり、1つはアイにつけるタイプ、もう1つはフックに刺すタイプです。

どちらでもお好みのほうを付けてください。

スポンサーリンク

あとはダイソーメタルジグのタダ巻きチューンを投げて巻くだけ

f:id:keeemura:20210810163414p:image

タダ巻きチューンが終われば後はジグを投げて巻くだけです。

使い方は、ルアーを投げてフォールさせてから、一定の層を巻くか、リフト&フォールさせるかの2通り。

ジグをしゃくるのが苦手な方や、タダ巻くだけで釣りたいという人の願いを叶えるルアーとなりました。

実際に 「DAISOメタルジグのタダ巻きチューン」で釣れました!

ジグをしゃくる動作が苦手な妻に、ただ巻くだけで釣れるルアーを作ろうと思い、「ダイソーメタルジグ」に「タダ巻きチューン 」をしてみました。

そして、実際に使ってもらうと、見事に40センチほどのシオ(カンパチの幼魚)を釣ることが出来ました!

釣果も抜群のチューンなので、ぜひチャレンジしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました