根掛かり多発の私も、ルアーを無くさなくなりました。「ダイワ ルアーキャッチャー」がおすすめすぎる

釣りのいろいろ
スポンサーリンク

ルアーフィッシングをしていて、最も恐れる出来事のひとつが「根掛かり」です。

ただ、根掛かりを恐れていては魚もなかなか釣れません。

そこで今回は、根掛かりしてもルアーを高確率で回収できて、持ち運びもかさばらないとっておきのアイテムをご紹介します。

根掛かりしたルアーを高確率で回収できるようになった!

まずは、実際に根掛かりしたルアーを外した私の一例をご覧ください。

・とある防波堤で、夜にシーバスを狙っていた時の事。

・壁際に着くシーバスを狙って、防波堤の壁際にルアーを通していると

f:id:keeemura:20210803220157j:image

・壁際にあったロープにルアーが引っかかりました。

f:id:keeemura:20210803220207j:image

・ある程度大きな船を繋ぐロープなのか、結構太くて重い… 

 とても釣り糸では手繰り寄せることはできない…

 しっかりロープを確認して投げるべきだったと後悔します。

・ただ、ルアーも高いので簡単にあきらめたくない!

・そこで今回ご紹介するアイテムを使ってみると、ロープごと手繰り寄せることができて、ルアーの回収に成功!

f:id:keeemura:20210803220235j:image

※実際の写真です。足の下に踏んでいるのがロープです。

ルアーキャッチャーを使うとなぜ、高確率で根掛かりしたルアーを回収できるのか。

・先端のオモリ+チェーンがルアーを絡めてキャッチする!

f:id:keeemura:20210803220317j:image

先端には水中でもどんどん沈んでいくオモリと、その先にルアーのフックを絡めるチェーンがついています。

これにより、根掛かりしたルアーをがっちりキャッチしてくれます。

・高強度の細型ロープでルアーを引っ張ることができる!

f:id:keeemura:20210803220331j:image

オモリやチェーンは、写真の通り、細くも強い細型ロープで繋がっています。

釣り糸に比べれば比にならないくらい太く、荷造りなどにも十分使えそうなロープです。

この強いロープによって、絡めたルアーを引っ張ることができます。

・絡めたルアーを細型ロープで引っ張れば、針が伸びるor引っ張り上げれる!

f:id:keeemura:20210803220353j:image

チェーンで絡めたルアーを強いロープで引っ張るとどうなるでしょう。

まずはフックが伸びてきます。 フックが伸びれば根掛かりも解消できますし、フックが伸びずに、根掛かりした障害物を引っ張り上げることもできます。

・ロープは15mあるので、広範囲に対応できる

f:id:keeemura:20210803220412j:image

この細型ロープは、約15mあるので広範囲の根掛かりに対応できます。

根掛かりというと、そのほとんどが手前の杭やロープなど、もう少しで手が届きそうなのに…

ということが多いです。

15mあれば、それくらいの範囲は余裕でカバーできます。

・先端のオモリをルアーに当てるだけで根掛かりが外れることも!

f:id:keeemura:20210803220422j:image

そもそも、岩と岩の間にルアーが挟まっているだけ、フックが石に少し引っかかっているだけ、であれば先端のオモリで小突いてやれば取れる事が多いです。

大手釣り具メーカーダイワから発売されているので、使っている人は多くて安心できる

f:id:keeemura:20210803220808p:image
出典:ダイワ公式HP

さて、今回ご紹介している「ルアーキャッチャー」は、大手釣り具メーカーダイワから発売されている製品であり、多くの釣り人がすでに使っています。

ロープって本当に強いの?先端のチェーンは信用できる?とご心配されるかもしれませんが、ロープもチェーンも強いですし、私自身何度も使用していますが、切れたり取れたりはしていません。

周りの釣り仲間の緊急時に貸してあげると感謝の嵐でした。

・ジョインテッドクローを無くさずに済んだ先輩

釣りの先輩と遠征でシーバスを狙いに行った際、新調したジョインテッドクローを初場所で使うと、陸からは見えづらかった手前の杭にいきなり引っ掛けてしまいました。

遠征先に関わらず初場所は、どこに障害物があるかなどわからない為、こういう事が多々ありますが、ルアーキャッチャーがあれば大抵の根掛かりは対応でき、初場所の気を付けるべき点も見えてきます。

・思い入れのある古いルアーを回収できてジュースを買ってくれた友達

友人とバス釣りをしている際、友人は小学生時代の時に手に入れた「ガオクランク」というお気に入りのルアーを手前に沈んでいる木に引っ掛けてしまいました。

決して高いルアーでは無いのですが、思い出がたくさんあるらしく、友人は絶望していましたが、「ルアーキャッチャー」でサクッと救出してあげると、ジュースをおごってくれました(笑)

大切なルアーを無くしたくない方、ルアー代を押さえたい方は是非試してみてください。

ルアーって高いです。

今ではプレミア価格のつくルアーも少なくない時代で、やっとの思いで手に入れたルアーが根掛かりでなくなった…

なんてことになると、心も財布も大ダメージです。

でも、一回買うだけで何回でもルアーを救出できて、悲しい思いをせずに出来たら最高だと思いませんか。

私は2500円の価値は大いにあると思います。

ルアーフィッシングをする人間であれば、バッグに一つこの「ダイワ ルアーキャッチャー」を入れておくと必ず助けてくれます。

釣りに行く前に用意しておきましょう。

釣りのいろいろ
スポンサーリンク
この記事を書いた人

小学生の時から大人になるまで趣味はずっと釣り。怪魚から小魚まで魚釣りであれば何でもします。日本全国で釣りをしており、今では妻を釣りの世界へどっぷり浸からせ中。(笑)
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリブログ
タイトルとURLをコピーしました