エサは現地調達!?釣り場で獲れてよく釣れるエサ6選

釣りのいろいろ
スポンサーリンク

今回は、エサは釣り場で現地調達できるよ!という内容です。

釣り餌というとお店で買う事が一般的ですが、実は買わなくても釣り場にはたくさんのエサたちが生息しています。

今回は、釣り場で獲れるエサと獲り方、そしてそのエサで釣れる魚たちをご紹介します。

エサは釣り場で現地調達できる!

f:id:keeemura:20210805195627j:image

釣り場には魚を始め多くの生物が棲んでいます。

例えば、防波堤であれば、壁きわやテトラポッドの間にはカニやフナムシがいますし、砂浜であれば砂の中や転がっている石の下などにゴカイ類がいます。

よく見ると生物が棲む場所が多くあり、そのような場所を入念に探っていくと様々な生物に出会います。
そして、その生物たちは魚たちのエサとなり、思わぬ大物が釣れる事さえあるんです。

釣り場で獲ったエサが良く釣れる?

f:id:keeemura:20210805195748j:image

釣り場で獲ったエサは、その場所で釣れる魚が普段捕食しているエサです。

例えば、カニが多い場所で、その付近にいる魚はカニを捕食しているのであれば、その場で獲ったカニを針に付ければ違和感なく食べてくれます。

いわゆる「マッチ・ザ・ベイト」という、魚の主食に合わせる事が出来るので、買ってきたエサよりもよく釣れるという事があります。

これだけでも、現地調達したエサを使うメリットはありますね。

では、どんな生物が魚のエサになるのでしょうか。

釣り場で獲れる魚のエサ6種類

カニ

f:id:keeemura:20210805195016j:image

釣り場で簡単に取れるエサの代表がカニです。
防波堤、磯、ゴロタ浜、砂浜などあらゆる場所に生息していますが、素手でも捕まえる事が出来て、多くの魚のエサとなります。
特にチヌや根魚はカニが大好きで、カニを針に付けて底を引いてきたり、壁きわに落とすだけで色んな魚が狙えます。

フナ虫

f:id:keeemura:20210805200146j:image
出典:http://fukuejima.la.coocan.jp/sea-kaigan/funa-mushi.html

フナ虫も釣り場でよく見るエサとなる生物です。
その見た目や挙動から苦手な人も多いと思いますが、水中に入れると全身をクネクネと動かして泳ぐので、魚へのアピールは抜群。
ただ、動きが早く捕まえにくいので、網で捕まえる、ペットボトル等で罠を作る等工夫して捕まえる必要があります。
過去には、フナ虫でチヌや根魚、シーバスを釣ったことがあり、元気なフナ虫を使うのがポイントです。

フジツボや牡蠣などの貝類

f:id:keeemura:20210805200959j:image
出典:https://www.zukan-bouz.com/sp/com/フジツボ

海沿いの壁や岩、ロープなどには無数の貝類がついています。
もちろんその貝類も魚たちの良いエサとなります。
貝の殻を砕いて中身を使うと、カワハギや根魚、ベラ系など多くの魚が狙え、とにかくアタリが多いです。
逆に貝殻ごと割らずに使うと、貝をバリバリと噛み砕いて食べるチヌやコブダイなどの大型魚が狙えます。
採取も容易なので入手もしやすいエサです。

小さなエビ

f:id:keeemura:20210805200337j:image
出典:https://www.zukan-bouz.com/ebi/tenagaebi/isosujiebi.html

釣り場の壁きわを網でごそごそすると獲れるのが小さなエビです。
正直エサとしては最強の一種で、多くの魚が狙えます。
特に海藻が茂る壁きわを網でごそごそするのがコツで、根魚やアジ、チヌ・キス・ベラなど多くの魚が狙えます。

ゴカイ類

f:id:keeemura:20210805195212j:image

キングof釣りエサであるゴカイ類も場所によっては採取できます。
獲れる場所は、カキの中・ゴロタ浜の岩の下・砂浜の砂の中などです。
いる場所を見つけるとその周辺には多くいるのでまずは1匹探しましょう。
ただ、釣り場で獲れたゴカイ類は店で買うゴカイ類よりもふにゃふにゃで針持ちが悪いので注意が必要。
あらゆる魚を狙える超万能エサです。
 

小魚

f:id:keeemura:20210805195538j:image

もし、釣りをしていてイワシや小サバ、小アジが釣れれば、大型魚を狙う最高のエサになります。

青物やシーバス、ヒラメにマゴチなど人気のターゲットが狙えるほか、切り身にしてぶっこみ釣りをすればアナゴや大きめの根魚も狙うことができます。

小魚は大型魚を狙う最高のエサです。

現地でエサを調達する時の注意点

f:id:keeemura:20210805201024p:image

貝類・エビ類などは採取禁止な場所があります。

採取が禁止されている場所で、もしも獲ってしまうと罰金や最悪の場合、逮捕されることもあるので、貝やエビを取る際はよく調べるか、付近にある看板等を注意してみるようにしましょう。

エサは現地調達!?釣り場で獲れてよく釣れるエサ6選

エサはエサ屋さんで買うのが一般的です。

ただ、現地でもエサは獲れます。

その場にあったエサをGETすることができますし、エサ代の節約にもなります。

そのうえ、「マッチ・ザ・ベイト」で魚が連発したり、思わぬ大物が釣れることもあります。

是非、釣りエサの現地調達をして、普段とは少し違う釣りも楽しみましょう。

釣りのいろいろ
スポンサーリンク
この記事を書いた人

小学生の時から大人になるまで趣味はずっと釣り。怪魚から小魚まで魚釣りであれば何でもします。日本全国で釣りをしており、今では妻を釣りの世界へどっぷり浸からせ中。(笑)
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリブログ
タイトルとURLをコピーしました