【船釣り】船電源と電動リール専用バッテリーどっちが良いの?

【船釣り】船電源と電動リール専用バッテリーどっちが良いの?

今回は、船釣りで電動リールを使用する際のバッテリーについてのお話です。
電動リールを使用するにあたって、電源は必要不可欠です。

でも、一言に『電源』と言っても、いくつかの種類があり、どれを使えば良いの?と迷う方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、船電源と電動リール専用バッテリーの2種に注目して、『船電源と電動リール専用バッテリーどっちが良いのか』をご紹介していきます。

船電源とは?

f:id:keeemura:20201118210634j:image
出典:イシグロ

船電源とは、乗合船などの船自体に付いている電源の事を言います。

ほとんどは釣り座の間に等間隔で設置されており、電動リールのケーブルを繋げてそこから電源が取れるようになっています。

必ず一人につき一つの電源があるという訳ではない為、その電源の周りの人たちと共有して使用する電源となります。

電動リール専用バッテリーとは?

f:id:keeemura:20201118210658j:image

各釣り具メーカーから発売されている電動リールを使用するために作られたバッテリーの事です。

シマノやダイワ等、自社の電動リールを動かすために作られたものや、電動リールのメーカーではないけど、他社の色々なメーカーの電動リールを動かせるバッテリーなど様々あります。

自分で用意するバッテリーの為、自分専用のバッテリーとなります。

船電源を使うメリットとデメリット

f:id:keeemura:20201118210717j:image
出典:イシグロ

船電源を使うメリット

『バッテリーを準備・持ち運びする必要が無い』

まず、船電源を使うメリットとしては、バッテリーを自分で用意する必要が無いという点です。

バッテリーって結構重たいものです。(小型軽量タイプもありますが)

船電源を使えば、そんな重たいものを持ち運びする必要もないので手間が減ります。

また、持って行く前の充電等の準備も必要ありません。

この点は、めんどくさがりな方からすれば大きなメリットです。

『バッテリーを買う費用が要らない』

2つ目のメリットは、そもそもバッテリーを購入するお金が必要なくなるという点です。

電動リール専用のバッテリーって結構高いんです。

高い物では4.5万するものの…

船電源を使えばバッテリーを買う必要は無いので、その分のお金が浮くという事になります。

船電源を使うデメリット

『電動リールの動作が安定しない』

船電源の大きなデメリットが『電動リールの動作が安定しない』という点です。

船電源は基本的に直列配線であり、各釣座にある船電源以外にも、エンジン・魚群探知機・照明など電力を使っている為、船電源を使う釣り座によっては電動リールへの電源供給が十分に出来ないことがあります。

そうなると電動リールを動かすのに必要な電力が無くなる為、『巻き上げの途中でモーターが止まる』『巻き上げの力が極端に弱くなる』など、楽しい釣行が残念な釣行になってしまう事があります。

『電動リールを使っていると巻けなくなる時がある』や『急に巻き上げの力が弱くなり、しばらくすると元に戻った』などの症状が出た場合、船電源を使っていれば、船電源のせいだという事が多くあります。

『他人と共有』

2つ目のデメリットは『電源を他人と共有する時がある点』です。

これは簡単に言うと『マクドナルドにあるコンセントを他人と共有し、充電しながらスマホを触る』という様な感覚です。

船釣りにはそれに魚とのやり取りをしたり、取り込みをしたり等の動きが加わります。

どうでしょうか。自分が充電しているスマホをわざとではないにしても他人が動く事によってコンセントが外れたなどとなれば少し嫌な気分になったりしますよね。

時には魚とのやり取り中に他人のせいでケーブルが外れたなんてことで少しトラブルになるような人もいます

電話リール専用バッテリーを使うメリット・デメリット

f:id:keeemura:20201118210658j:image

電動リール専用バッテリーを使うメリット

『電動リールの動作が安定する』

さて、ここからは電動リール専用のメリットですが、基本的に船電源のデメリットの裏返しです。

まず、初めのメリットは、『電動リールの動作が安定する』です。

船電源は電力の供給が不安定な為、電動リールの動作が不安定になるとお伝えしましたが、電動リール専用のバッテリーを使えば電力の供給が安定するため、動作は安定します。

最近の電動リールは巻き上げのパワーが強くなったり、いろいろな機能が付いたり、何かと電力を使うようになっています。

そんな高機能な電動リールを使って安心して釣りが出来るという大きなメリットがあります

『自分専用のバッテリー』

こちらも船電源のデメリットの裏返しです。

自分で用意した電動リール専用のバッテリーは自分専用のバッテリーでもあります。

他人に気を使うこと無くガンガン使えるので快適な船釣りをしたい方にとっては大きなメリットです。

電動リール専用バッテリーを使うデメリット

『自分で準備・持ち運びするのが面倒』

バッテリーを釣り場に持って行く際、とりあえず当日持って行けば良いという訳ではありません。

そうです、『バッテリーを充電』しないといけません。

自宅でバッテリーにコンセントを繋ぐだけと言えばそれまでですが、釣行当日になって充電し忘れていた…となれば充電できていないバッテリーを持って行っても重たいだけで何の意味もありません。

使う前の準備、そして持ち運びといった手間はかかります。

『購入価格が高い』

次の電話リール専用バッテリーがお金の問題です。

既にご紹介をした通り、電動リール専用のバッテリーって結構な金額するんです。

例えば、大手釣り具メーカーのダイワやシマノのバッテリーであれば実売約5万円程。

その他、汎用のメーカー品でも1万円弱~数万円します。

特に5万円以上となると購入を少し考えると言った様な人も居るのではないでしょうか。

船電源であれば無料、専用バッテリーは数万円必要となると、お金が掛かることに対してデメリットであると思う方もいると思います。

【船釣り】船電源と専用バッテリーどっちが良いの?

ここまで、船電源と電動リール専用バッテリーのメリット・デメリットをご紹介してきましたが、どっちが良いかというとやはり『電動リール専用バッテリー』を用意した方が良いです。

せっかく釣りに行っているのにやっと魚が掛かったのにリールが巻けなくなったり、使えなくなったりしては台無しです。

船電源が悪いという事ではありませんが、どちらかと言えば、『電動リール専用バッテリー』を使った方が間違いなく快適な釣りとなるでしょう。

おすすめ電動リール専用バッテリー

『ダイワ』

『シマノ』

『シーキング』

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。