【船釣り】船電源と電動リール専用バッテリーどっちが良いの?

釣りのいろいろ

今回は、船電源と電動リール専用バッテリーの2種に注目して、『船電源と電動リール専用バッテリーどっちが良いのか』をご紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ!

・電動リールを使う時のバッテリーは何を使えば良いかわからない

・船電源と専用バッテリーのメリット・デメリットを知りたい

この記事を書いた人

6歳で釣りを始めて釣り歴は25年。
怪魚から小魚まで、多くの魚釣りを経験してきました。
日本全国で釣りを楽しんでおり、結婚後は妻を釣りの世界へ引き込み中!
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリ旦那をフォローする

船電源とは?

f:id:keeemura:20201118210634j:image
出典:イシグロ

船電源とは、乗合船などの船に付いている電源の事。

ほとんどは釣り座の間に等間隔で設置されており、電動リールのケーブルを繋げて電源が取れるようになっています。

1人につき必ず1つの電源があるとは限らないので、電源の周辺の人たちと共有して使用する場合があります。

電動リール専用バッテリーとは?

f:id:keeemura:20201118210658j:image

各釣り具メーカーから発売されている電動リールを使用するために作られたバッテリーの事。

シマノやダイワなど、電動リールを動かすのを目的にに作られたバッテリーです。

自分で用意するので、自分専用のバッテリーとなります。

船電源を使うメリットとデメリット

f:id:keeemura:20201118210717j:image
出典:イシグロ

船電源を使うメリット

『バッテリーを準備・持ち運びする必要が無い』

船電源を使うメリットは、バッテリーを自分で準備する必要が無いという点です。

「持ち運びが重い」・「使用前の充電が必要」など面倒なことをしなくても釣りができます。

船電源を使えば、重たいものを持ち運びする必要もなく、充電の心配もいりません。

『バッテリーを買う費用が要らない』

船電源を使用すれば、バッテリーを購入するお金が必要ありません。

電動リール専用のバッテリーは高価なものが多く、ダイワやシマノなどリールメーカーのものは4~5万円くらいします。

船電源を使えばバッテリーを買う必要はないので、その分お金が浮きます。

船電源を使うデメリット

『電動リールの動作が安定しない』

船電源の大きなデメリットは『電動リールの動作が安定しない』という点です。

船電源は基本的に直列配線で、釣りに使う電源以に、魚群探知機・照明などに電力を使う為、電動リールへの電源供給が十分にできないことがあります。

そうなると『巻き上げの途中でモーターが止まる』『巻き上げの力が弱くなる』など、釣りに支障をきたす症状が出ます。

『急に電動巻き上げしない時がある』『急に巻き上げの力が弱くる時がある』などの症状が出た場合、船電源を使っているのであれば、船電源が原因の可能性が高いです。

『電源を他人と共有する必要がある』

『電源を他人と共有する時がある点』もデメリットです。

これは簡単に言うと『マクドナルドにあるコンセントを他人と共有し、充電しながらスマホを触る』という様な感覚。

自分がスマホを充電しているのに、他人が動く事によってコンセントが外れたとなれば嫌な気分になったりします。

時には、「魚とのやり取り中に他人のせいで電源ケーブルが外れた」というトラブルも聞きます

電話リール専用バッテリーを使うメリット・デメリット

f:id:keeemura:20201118210658j:image

電動リール専用バッテリーを使うメリット

『電動リールの動作が安定する』

電動リール専用バッテリーを使うメリット は、『電動リールの動作が安定する点』です。

電動リール専用のバッテリーを使えば、電力の供給が安定するため電動リールの動作は安定します。

電動リールの動作を心配する事なく、安心して釣りができる大きなメリットがあります

※最近の電動リールは巻き上げのパワーが強く、いろいろな機能が付いているため多くの電力を使います。

『自分専用のバッテリー』

自分で用意した電動リール専用のバッテリーは、自分専用のバッテリーです。

他人に気を使うこと無くガンガン使えるので、快適な船釣りをしたい方にとっては大きなメリットです。

電動リール専用バッテリーを使うデメリット

『自分で準備・持ち運びするのが面倒』

バッテリーを釣り場で使う前には、必ず『バッテリーを充電』しないといけません。

釣行当日になって「充電し忘れていた…」となればバッテリーを持って行っても意味がありません

使う前の準備、そして持ち運びといった手間はかかります。

『購入価格が高い』

既にご紹介をした通り、電動リール専用のバッテリーは高額です。

例えば、ダイワやシマノのバッテリーであれば実売価格約5万円前後。

その他、汎用のメーカー品でも1万円~数万円します。

船電源は無料、専用バッテリーは数万円必要となると、お金が掛かることに対してデメリットと感じる人もいるでしょう。

【船釣り】船電源と専用バッテリーどっちが良いの?

ここまで、船電源と電動リール専用バッテリーのメリット・デメリットをご紹介しましたが、やはりおすすめは『電動リール専用バッテリー』です。

「釣りに行って、満足にリールが動かなかった」「魚が掛かったのに、巻き上げしなかった」となると、せっかくの釣行が台無しです。

船電源が悪いとは言いませんが、安心して釣りを楽しむのであれば『電動リール専用バッテリー』を使うことをおすすめします。

おすすめ電動リール専用バッテリー

『ダイワ』

『シマノ』

『シーキング』

タイトルとURLをコピーしました