5分でわかる『ロックフィッシュゲーム』釣り方からおすすめタックルをご紹介。

ロックフィッシュ
スポンサーリンク

今回は軽いライトなタックルとシンプルな仕掛けで、初心者の方でも簡単に釣れる『ロックフィッシュゲーム』の釣り方からおすすめタックルをご紹介します。

『ロックフィッシュゲーム』とは?

f:id:keeemura:20201213150927j:image

ロックフィッシュゲームとは、カサゴ・メバル・キジハタやアイナメ・ソイなどの根魚をルアーで狙うことを言います。

準備するタックルはすでに持っているルアーロッドでOK。

しかもフィールドは漁港や堤防・磯やテトラエリアなどどこでもOK。

シンプルな仕掛けで1年中楽しめる初心者にもおすすめの釣りです。 

『ロックフィッシュゲーム』のタックルと仕掛け

「ロッド」

 7フィート前後のルアーロッドを用意します。

すでに持っているバスロッドやエギングロッドで十分です。

「リール」

2500番サイズ前後のスピニングリールでOK。

「ライン」

メインラインはPEの0.8号から1号を用意します。

そしてリーダーは必須。

根魚はルアーに食いついたあと、根に潜ります。

そこでラインがすれても切られないように、根擦れに強いフロロカーボン素材のリーダーがおすすめです。

「ワーム」

ロックフィッシュゲームで使用するルアーは主にエビやカニをイミテーションしたクロー系やホッグ系のワームを使います。

実際に使っておすすめできるワームはこの3つです。

『ロックフィッシュゲーム』リグと釣り方

【簡単セッティングのジグヘッドリグ】

f:id:keeemura:20201213150957j:image

3gから7gくらいのジグヘッドにワームをセットするだけ。

防波堤や漁港などではとりあえずこれでOK。

【ジグヘッドリグの釣り方】

漁港や防波堤の足元にジグヘッドリグを落として底まで沈めます。

ワームが底につけばシェイクしたりリフト&フォールさせたりして、魚の反応が無ければ3歩ほど移動してまた繰り返しです。

【根掛かりしにくいテキサスリグ】

f:id:keeemura:20201213151041j:image

3gから7gのバレットシンカーにオフセットフックを付けてテキサスリグを作ります。

ブラックバス釣りなどで使用するものでOK。

このリグはとにかく根掛かりに強いので、消波ブロックエリアや起伏の激しい磯などで使うのに最適です。

【テキサスリグの釣り方】

消波ブロックの間に落とし込んだり、リグを遠投してズル引きして使います。

沖の大物もこれで仕留めることができます。 

『ロックフィッシュゲーム』釣れない時のワンポイントアドバイス

f:id:keeemura:20201213151114p:image

【とにかく障害物を探る】

ロックフィッシュが釣れない…

そんな時はとにかく目に見える障害物を細かく探っていきます。

ロックフィッシュは岩や壁のえぐれ、消波ブロックの間など、身を隠せる場所が大好き。

釣れないときはそのような障害物をどんどん探っていく事が大切です。

スポンサーリンク

『ロックフィッシュゲーム』注意点

f:id:keeemura:20201213151200p:image

【毒のある魚に注意】

ロックフィッシュゲームをしていると、ヒレなどに毒を持つ魚が釣れることがあります。

主にオコゼやミノカサゴ・ゴンズイなどですが、釣れた魚は本当に触って良い魚かどうかを確認してから触りましょう。

出来れば、どんな魚でも魚つかみなどで挟んで掴むのがベストです。

5分でわかる『ロックフィッシュゲーム』釣り方からおすすめタックルをご紹介。まとめ

f:id:keeemura:20201213151232j:image

すでに持っているタックルで十分楽しめるロックフィッシュゲーム。

シンプルな仕掛けとルアーで、釣って楽しい、食べて美味しいロックフィッシュゲームにチャレンジしてみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

タイトルとURLをコピーしました