5分でわかる『ライトショアジギング』釣り方からおすすめタックルまで紹介。

魚の種類別釣り方紹介
スポンサーリンク

今回は、気軽に岸から楽しめて、様々な魚が釣れるうえに思わぬ大物も釣ることができる『ライトショアジギング』釣り方からおすすめタックルまでを紹介。

一年中楽しめて、釣り方も簡単なので初心者にもおすすめです。

『ライトショアジギング』とは?

f:id:keeemura:20201202221518j:image

ライトショアジギングとは、ジギングなどの専用タックルが無くても大物が狙える夢のある釣りです。

身近な堤防や漁港・砂浜で軽めのジグを投げるだけ。

ショアジギングをしてみたいけど、いきなりウン万円する専用タックルを買って、100gを超えるようなジグを投げる釣りは敷居が高い…

という方におすすめです。

『ライトショアジギング』で狙える主な魚

『ライトショアジギング』で釣れる魚はかなり多いです。

なぜなら小魚を食べる魚であればすべてがターゲットになるからです。

ここでは、主に狙える魚のご紹介です。

【根魚】

f:id:keeemura:20201126145131p:image

大きな口で目の前を通るジグにガツンとアタックしてきます。

カサゴやキジハタ、アイナメなど美味しい魚が多いのでうれしいお土産です。

【ハマチ】

f:id:keeemura:20201202221540j:image

ライトショアジギングでの超人気ターゲット

 引き味も食味も抜群の魚です。

【サバ】

f:id:keeemura:20201202221556p:image

サバもライトショアジギングで人気のターゲット。

大きな群れに当たれば大漁の可能性も大いにあります。

【タチウオ】

f:id:keeemura:20201202221633p:image

晩夏から初冬にかけてのターゲット。

グロー系のジグへの反応が良いです。

『ライトショアジギング』のおすすめタックル

ライトショアジギングは専用タックルが必要ありません。

投げるジグの重さにもよりますが、たいていはシーバスロッドや強めのエギングタックルで楽しめます。

ここではシーバスにも使えるおすすめタックルをご紹介します。

「ロッド」

シーバスロッドであればアクション表記がML以上が好ましいです。

長さは飛距離も稼げるように9フィート以上がおすすめです。 

「リール」

リールは3000番から4000番のスピニングリールを使います。

不意な大物が掛かる場合もあるので、ドラグ性能が良い方がおすすめ。

今回ご紹介のストラディックシリーズはコストパフォーマンスが良いおすすめリールです。

「ライン」

メインラインはPEの1号から2号くらいまでのものを使用します。

だいたい200mあればOKです。

「リーダー」

リーダーは必ず付けましょう。

フロロカーボン素材のリーダーをだいたい1ヒロから2ヒロとります。

太さは4号以上が目安です。

 『ライトショアジギング』のルアー

「メタルジグ」

ライトショアジギングのメインルアー。

見た目は鉄の板ですが、よく飛んで早く沈んでふらふらと泳ぐルアーです。

ライトショアジギングでは、だいたい20gから40gくらいのジグを使います。

「スピンテールジグ」

ライトショアジギングでは、スピンテールジグを使うこともよくあります。

尻尾についている鉄板がくるくる回って魚にアピールします。

日中によく釣れるルアーです。

『ライトショアジギング』で使うルアーの色について

f:id:keeemura:20201202221732j:image

ライトショアジギングで使うジグには様々なカラーがあります。

こんなにたくさんのカラーの中からどれを選べば良いの?と思ってしまいますが、カラーによって効果的な状況などが変わってくるので確認しておきましょう。

「ナチュラル系」

イワシやコノシロなどの小魚に寄せたカラー。

ハマチなどの青物系には定番のカラーです。

「派手系」

ブルーピンク・チャートなどが定番の目立つカラーです。

どんな時でも有効なので一つは持っておきたい定番カラーです。

「グロー系」

朝夕の少し太陽の光が弱い時間や、曇天時におすすめのカラー。

水深の深いエリアを狙う際や、タチウオ狙いには効果抜群のカラーです。

[adchord]

『ライトショアジギング』釣り方

EPSON MFP image

基本的には投げて巻くだけ。

何よりも大切なのは魚がいる場所・層にルアーを通すことです。

キャストしたらルアーを底までつけて、着底すればワンピッチジャークで巻いてきます。

ルアーが中層まで来たらもう一度、底まで沈めて巻きあげてくるという繰り返し。

水面に魚の気配がなければ中層から底付近を狙うと良いです。

ただ、水面が終われているナブラを見つけたら、とにかく早く巻いて、ルアーを水面付近で泳がせます。

※ワンピッチジャークとはリールのハンドルひと巻きで、1回竿をしゃくることです。

スポンサーリンク

『ライトショアジギング』ワンポイントアドバイス

f:id:keeemura:20201126145917p:image

【とにかく遠くにルアーを投げる】

ライトショアジギングで釣果を伸ばす秘訣はとにかく広範囲にルアーを通して、ルアーにアタックしてくる魚との遭遇率を上げることです。

ルアーがうまく飛ばずに手前しか探れてない人と、遠くにルアーを飛ばして広範囲の魚にルアーを見せれる人とでは、釣果がずいぶんと変わります。

まずはルアーを遠くに投げるという事を意識してやるのがおすすめです。

5分でわかる『ライトショアジギング』釣り方からおすすめタックルまで紹介。まとめ

f:id:keeemura:20201202221803p:image

春夏秋冬1年中楽しめる『ライトショアジギング』は、釣り方もシンプルで簡単、そして大物も狙えるという夢のある釣りです。

専用タックルは必要なく、初心者の方にもおすすめ。

安全に十分気を付けて是非チャレンジしてみましょう。

[adchord]

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

タイトルとURLをコピーしました