【ハタハタのサビキ釣り】堤防でハタハタを釣るサビキ釣りをご紹介

【ハタハタのサビキ釣り】堤防でハタハタを釣るサビキ釣りをご紹介

東北地方から北陸地方の日本海側を回遊するハタハタは、冬になると産卵のため群れで浅場へ接岸してきます。

このタイミングでハタハタを狙うサビキ釣りは地元の人々にとっては毎年の恒例行事となっています。

ハタハタと言えば非常においしい魚で知られており、お土産としても最高です。

今回は、そんなハタハタを狙うサビキ釣りをご紹介します。

【ハタハタのサビキ釣り】冬が本番

f:id:keeemura:20201112211355j:image

ハタハタを堤防から釣るにはハタハタが接岸してきていることが大前提となります。

そして、そのハタハタが接岸してくる季節こそが冬です。

ハタハタは、冬になれば産卵のため水深1.5mほどの場所まで接岸してくるので、堤防からでも十分に狙えるということです。

【ハタハタのサビキ釣り】接岸に合わせて釣行

f:id:keeemura:20201112211805j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

季節が冬になり、ハタハタが接岸してきたという情報が出回ると堤防はハタハタ狙いの釣り人で賑わいます。

この接岸時期については、地域により全く異なってくるので、地元の釣具店情報などにアンテナを張っていち早くハタハタの接岸情報をキャッチすることが重要です。

【ハタハタのサビキ釣り】狙うポイント

「基本は足元」

f:id:keeemura:20201112211440j:image

ハタハタが接岸してきているときは、護岸の際が一番のポイントになります。

また、釣り場が混雑するハタハタのサビキ釣りでは足元しか狙えるポイントが無いということもあります。

そのため、ハタハタを狙うサビキ釣りは足元が基本です。

「ちょい投げで沖を狙う」

f:id:keeemura:20201112211540j:image

日中、ハタハタは接岸していても少し沖にいるということがあります。

そんな時は足元ではなく、少し沖目にちょい投げして探る必要もあります。

【ハタハタのサビキ釣り】釣り方

「足元で小さく誘う」

EPSON MFP image

ハタハタが接岸していれば足元で釣れます。

底付近を狙うのが基本で、オモリで底をトントンと叩いて竿を上下させます。

大きく竿を動かせばスレ掛かりが期待できますが、口に掛けることはできません。

口に針を掛けたいのであれば小さく誘うのがコツです。

「ちょい投げで広く誘う」

EPSON MFP image

真昼間など、ハタハタの群れが岸から少し離れているときは、沖に仕掛けをキャストして狙います。

キャストしてオモリが底に着底したら竿をしゃくって仕掛けを跳ね上げます。

また、オモリが着底したら竿をしゃくって仕掛けを跳ね上げるという動作を繰り返します。

アタリがあれば糸をたるませない様に素早く寄せてきましょう。

Advertisement

【ハタハタのサビキ釣り】ワンポイントアドバイス

f:id:keeemura:20201112211913p:image

「手返しの良さが釣果のカギ」

ハタハタのサビキ釣り仕掛けは、針がいくつか付いています。

その針にハタハタを何匹も掛けたいと思うかもしれませんが、追い食いを待つとすでに掛かったハタハタが外れて結局一匹も釣れないということになるので、一匹掛かればすぐに抜きあげて、また仕掛けを投入するという手返しの良さが釣果を上げるカギとなります。

【ハタハタのサビキ釣り】タックルと装備品

ハタハタのサビキ釣りでは、専用のタックルは必要ありません。

足元付近を狙うのであればシーバスロッドタックルやバスタックルでも十分ですが、今回は基本的なハタハタ狙いのサビキタックルと必要な装備品をご紹介します。

「ロッド」

全長4m前後 でオモリ負荷30号くらいの投げ竿や磯竿が基本的なロッドです。

ただ、足元を探るだけやちょいっと投げるだけということであればシーバスロッドやバスロッドでも十分に代用可能です。

「リール」

リールは3000番前後のスピニングリールでOK。

引きが強い魚ではないので高機能なドラグ性能などは必要ありません。

投げて巻いてが最低限出来ればOKです。 

「ライン」

ラインはナイロンラインの4号ほどが一般的です。

リールにPEラインを巻いている人はそれでも全然OK。

オモリの負荷に耐えれれば大丈夫です。 

「仕掛け」

仕掛けは市販のハタハタ釣り仕掛けを使います。

根掛かりで無くなったりすることもあるので3セット程は用意しておきましょう。 

「オモリ」

仕掛けの下につけるオモリはナス型オモリが基本。

だいたい10号から15号が一般的ですが、フィールドの水深や状況に応じて重くして見たり軽くしてみたり調整をしていきましょう。 

「手袋」

ハタハタのサビキ釣りは冬が本番。

寒い時期の釣りは釣れる釣れない以前に人間が寒さに耐えれなくなります。

少しでも手を暖められるように手袋があると全然違います。

「魚つかみ」

ハタハタはうろこがない魚であり、体の表面はぬるぬるしているので掴みにくいです。

その為、魚をがっちりとホールド出来る魚つかみがあれば便利です。

「クーラーボックス」

ハタハタを釣る目的はもちろん釣って食べることです。

持って帰るにはクーラーが必要となるので用意しましょう。

魚のサイズは良くても20センチほどですが、数が釣れた場合の為に30リットルくらいのクーラーボックスが基本です。

「ヘッドライト」

夕まづめ以降の暗い時間帯に釣りをするのであればヘッドライトは必需品。

ヘッドライトの他に置き型のランタンなどもあれば非常に便利です。

Advertisement

【ハタハタのサビキ釣り】まとめ

f:id:keeemura:20201112211835j:image
出典:https://www.yamagata.nmai.org/crops/umaimono/marine/hatahata.html

ハタハタはかつて、漁獲量が激減して以来、1992年から1995年までは全面禁漁とされていましたが、近年では多くのハタハタが産卵と同時に接岸してくるようになりました。

ハタハタが釣れる好ポイントは人が集まり、場所取り合戦となりますが、釣り自体は非常に簡単で初心者の方でも十分に楽しめます。

食べて美味しい、釣って楽しいハタハタをサビキ釣りで狙ってみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。