【実釣インプレ】シマノ『20メタニウムシリーズ』軽さと飛距離を兼ね備えたオールラウンダー

釣具の実釣インプレ

今回は、シマノから発売されている「20メタニウムシリーズ」の実釣インプレです。

20メタニウムHGレフトハンドルをブラックバス釣りで使用してきたので、インプレをご覧ください。

この記事を書いた人

6歳で釣りを始めて釣り歴は25年。
怪魚から小魚まで、多くの魚釣りを経験してきました。
日本全国で釣りを楽しんでおり、結婚後は妻を釣りの世界へ引き込み中!
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリ旦那をフォローする

『20メタニウムシリーズ』とは?

f:id:keeemura:20210408105028j:image

2020年にモデルチェンジされた20メタニウムシリーズは、高剛性&コンパクト化を可能にしたコアソリッドボディと飛距離アップのマグナムライトスプールⅢを搭載した新モデル。

前モデルの16メタニウムに比べ、その飛距離やタフさは大きく進化しており、どんな釣りをする人にも扱いやすいベイトリールになっています。
 

実際使用した『20メタニウムシリーズ』の良い点

f:id:keeemura:20210408105102p:image

・軽さゆえの扱いやすさ
・伸びがすごい飛距離
・コンパクトで強いボディ
・これ一つで何でもできる

「軽さゆえの扱いやすさ」

実際に20メタニウムを手に取った感想は「軽いなぁ」でした。

私が使っている19アンタレスの自重は220g、それに比べて20メタニウムは175gと45gも軽いのです。

メタニウムの軽さは、釣りをする上で大きな武器になり、扱いやすさも抜群です。

「伸びがすごい飛距離」

20メタニウムを使用してルアーを投げると、「よく伸びていくなぁ」という感想を持ちました。

20メタニウムは19アンタレスと同じ「マグナムライトスプールⅢ」を搭載し、軽く投げても飛距離が気持ちよく伸びるキャストフィーリングは、アンタレスに引けを取りません。

「コンパクトで強いボディ」

ボディがマグネシウム素材の一体型形成(コアソリッドボディ)となっている20メタニウムは、ボディがコンパクトで強いのも特徴です

例えば、カバー撃ちでバスを掛けても、ゴリ巻きでバスを難なく引っ張り出せましたし、少し重めのクランクなどを使っても剛性感のおかげで心配なく釣りができました。

「これ1つで何でもできる」

私が20メタニウムを使って一番良い点だと感じたポイントは、「1つで何でもできる点」です。

私は主におかっぱりアングラーなので、タックルは最低限で済ませたいのが本音。

ただ、「巻物・撃ち物・ライトリグ」などを使い分けるバス釣りは、全てを1つのタックルでストレスなく行うの難しい…。

しかし、20メタニウムにMアクションのロッドと12lbのフロロラインを合わせると、巻物・撃ち物・5g以上のライトリグをストレスなく扱うことができました。

実際使用した『20メタニウムシリーズ』の悪い点

f:id:keeemura:20210408105129j:image

・特になし

「特になし!」

20メタニウムが発売されてから、約1年ほど使用しましたが不満に感じた点は出てきませんでした。

飛距離や回転フィーリングも良く、バスもたくさん釣ることができたので、むしろ自分と相性の良いリールだなと感じてます。(笑)

1年を越して、2年3年と使っていった時の耐久性はこれから見て行こうと思います。
 

実際使用した『20メタニウムシリーズ』インプレまとめ

f:id:keeemura:20210408105156j:image

実際に1年ほど使用した総評をすると「このリールだけでなんでもできる」です。

野池メインのバス釣りが好きな私にとって、タックルを何本も用意しなく良いのは重宝します。

リール1つでなんでも扱いたい人におすすめしたいリールです。

タイトルとURLをコピーしました