【実釣レビュー】ブルーブルー『フォースガイル160F』強烈なアピール力を持った楽しいルアー

今回は、「ブルーブルー」から発売されている「フォースガイル160F」の実釣レビュー。

実際に河川と湾奥で使用したレビューをしていきます。

この記事はこんな人におすすめ!

・フォースガイルがどんなルアーか知りたい
・買うか迷っている

目次

『フォースガイル160F』とは?

f:id:keeemura:20201208094341j:image

フォースガイル160Fは、ダイビングペンシルアクションで全長160㎜で自重50gと一般的なシーバスルアーの中では大きい部類です。

また、貫通ワイヤーの為、オフショアで大型青物狙いなどに使っても大丈夫。

大型のベイトを捕食しているときや、とにかく大きくアピールしたいときに使えるルアーです。

※新品時はフックは付いていません。

>>BlueBlue『フォースガイル160F』を安く買う方法はこちら

実際使用した『フォースガイル160F』の良い点

f:id:keeemura:20201208094419p:image

・かなり幅の広いS字アクション
・派手なアピール力
・使っていて楽しい

「かなり幅の広いS字アクション」

フォースガイルを実際に泳がしてみると、ただ巻きで幅が広く力強いS字アクション。

S字幅の広さはS字系ビッグベイト系と同等、もしくはそれ以上でアピール力はかなり高いです。

特にS字の切り返しでグン!と方向転換するので、キレキレアクションに魚は反応します。

「派手なアピール力」

フォースガイル160Fは、とにかくアピール力が派手!

ロッドを強く煽ると、小さなS字でダイビングしたあと、顔がぴょこんと水面から出ます。

また、ロッドを大きく煽ると、大きなS字でダイビングします。

濁りの入った河川やベイトが多い朝まずめなど、シーバスのやる気が満々の時は釣れるイメージがムンムンします。

「使っていて楽しい」

最終的に感じた良い点は 「使っていて楽しい!」です。

正直まだ釣れていませんが、自分で動かしたアクションに魚がチェイスがあったり、バイトはあったけど掛からなかったことはありました。

「このアクションで出るんじゃないか!」「次のアクションで…」と1つ1つの動作で楽しめるルアーです。

>>BlueBlue『フォースガイル160F』を安く買う方法はこちら

実際使用した『フォースガイル160F』の悪い点

f:id:keeemura:20201208094449j:image

「初動の水噛みが少し悪いかも…」

・初動の水噛みが少し悪いかも…

ルアーが着水して、ワンアクション目はロッドを煽ってルアーの頭を入水させてあげないと、うまく泳がないときがあります。

ダイビングペンシルアクションなので仕方ないですが、普通のシンキングペンシルのように着水と同時にそのまま巻いていると『水面を滑っているだけ!』という事になります。

ワンアクション目は必ずロッドを少し煽ってルアーの頭を入水させてあげるようにするとしっかりと動きます。

>>BlueBlue『フォースガイル160F』を安く買う方法はこちら

実際使用した『フォースガイル160F』レビュー|まとめ

f:id:keeemura:20201208094504j:image

実際にフォースガイルを使ってみて『楽しいルアーだなぁ』という感想を持ちました。

ルアーフィッシングの醍醐味の「使い手がルアーを動かして魚を釣る」という楽しみ方ができるルアー。

ただ、楽しいだけではなく、濁りが入る河川や大型ベイトを捕食しているような状況であればかなり有効にもなります。

>>BlueBlue『フォースガイル160F』を安く買う方法はこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる