【実釣インプレ】バークレイ『パワーグライダー』遠投・カバー撃ち・ズル引き良しの凄いワーム

今回は『パワーグライダー』の実釣インプレ。

バックスライド系ワームとして良いワームですが、ズル引きやカバー撃ちなど、使い方が多く、釣果も十分なワームです。

詳しく解説していきます。

目次

バークレイ『パワーグライダー』とは?

f:id:keeemura:20200923222504j:image

パワーグライダーは、バークレイより発売されているバックスライド系ワーム

バークレイのプロスタッフ木村健太さんこと、キムケンがプロデュースしたワームで有名です。

実際使用した『パワーグライダー』の良い点

f:id:keeemura:20200923222520p:image

「大きいバックスライド幅」

パワーグライダーの一番の特徴は、バックスライド幅の大きさです。

他のバックスライド系ワームも多く使いましたが、パワーグライダーのバックスライド幅が一番大きい!

バックスライド幅が大きいことにより、「バスが着いている障害物に、勝手に近づいてくれる」というメリットがあります。

カバーやブッシュの手前に落とせば、あとはワームが自分で入ってくれるので、釣果に大きく影響します

「飛距離がえぐい」

出典:ピュアフィッシングジャパンHP

パワーグライダーはびっくりするほど飛びます。

なぜそんなに飛ぶのか…、その秘密は、パワーグライダーの頭付近に入っている高比重のソルト。

キャストした時に、頭が前向きになり、高比重ソルトが先頭になってカッ飛んでくれます。

今まで届かなかったポイントに、ワームを入れることができるので、釣果アップです。

「カバーに入りやすい」

出典:ピュアフィッシングジャパンHP

パワーグライダーは、足や腕のパーツがなく、大きな爪と触覚だけがついています。

この形状により、カバーやブッシュに引っ掛かることなく、スルッと入ります。

濃いカバーやブッシュにも入れやすいため、障害物に身を隠すバスに直撃させることが可能。

釣果に直結します。

実際使用した『パワーグライダー』の悪い点

f:id:keeemura:20200923222605j:image

「バス1匹につき、パワーグライダー1つ」

キムケンさんは、パワーグライダーの強みの1つに「針持ちの良さ」を上げています。

確かに、パワーグライダーはカバーを攻めてもフルキャストしても、ワームがずれることは少ないです。

ただ、バスが1匹釣れると、フックを刺す箇所が切れて、2回目はさせなくなります。

『パワーグライダー』を購入した結果

今まで撃てなかった対岸のカバーから引きずり出せた40アップ

パワーグライダーを購入した結果、明らかに釣果があがりました。

理由は、飛距離とバックスライドによる「今まで攻めれてなかった場所へワームを打つことができたから」です。

対岸のブッシュ・流れ込み…あと少しで届くのに…というポイントは、誰も攻めれていないので、バスはスレていません。

飛距離+着水後のスライドで、釣果アップです。

実際使用した『パワーグライダー』インプレまとめ

f:id:keeemura:20200923222620j:image

パワーグライダーは遠投・カバー撃ち・ズル引き良しの万能ワームです。

まず1パック買って、バックスライド幅と飛距離を確認してください。

良い釣果が得れるはずです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる