【実釣インプレ】ウミボウズ『フィッシュグリップ』これで十分!と思えるフィッシュグリップです。

今回は、ウミボウズの『フィッシュグリップ』を実釣インプレ。

実は、以前使っていた「スタジオオーシャンマーク」のフィッシュグリップを誤って紛失してしまいました。

そこで、新たに「ウミボウズ」のフィッシュグリップを見つけたので買ってみました。

目次

ウミボウズ『フィッシュグリップ』とは?

f:id:keeemura:20201103161455j:image

まず、ウミボウズというメーカーは、フィッシュグリップをはじめバッグやサングラス、プライヤーなど、釣り具の用品関係を製造しているメーカーで、仲介業者を通さず売っていくスタイルのため良いものを低コストで提供しているメーカーです。

フィッシュグリップも作りがしっかりしており、見た目も良い感じです

実際使用したウミボウズ『フィッシュグリップ』の良い点

f:id:keeemura:20200930174746p:image

「シーバスやヒラメ・70センチ級の青物はガッチリホールド可能」

f:id:keeemura:20201103161605j:image

このフィッシュグリップで初めて掴んだ魚は、45センチのヒラメでした。

その後、70を超えるシーバスや青物なども掴みましたが、暴れられてもガッチリとホールド!

メーカーが公表している耐荷重は20㎏なので、掴む強度に関しては心配いりません。

「ロングサイズで安心」

f:id:keeemura:20201103161622j:image

魚に掛かった針を外すとき、魚が暴れて手に針が刺さった人を多く見ました。

ウミボウズのフィッシュグリップは、手に針が刺さる危険を回避できるよう、持ち手から掴む場所までが長めに作られています

もし長さが無ければ、フィッシュグリップを使っても手に針が刺さる可能性がありますが、ウミボウズ『フィッシュグリップ』であれば安心です。

「スパイラルコードが付いている」

f:id:keeemura:20201103161646j:image

フィッシュグリップを紛失しないように、ウミボウズの『フィッシュグリップ』には、パッケージの中にスパイラルコードが入っています。

買ってすぐに釣り場へ持って行けるようになっているのがありがたい点です。

「専用ケースが付いている」

f:id:keeemura:20201103161658j:image

ウミボウズ『フィッシュグリップ』にはなんと専用ケースも付いています

私はアマゾンでウミボウズ『フィッシュグリップ』を購入しましたが、素敵なお手紙と一緒に専用ケースが同送されていました。

「価格が安い」

フィッシュグリップというと、有名メーカーのものであれば1万円~1万円以上しますが、ウミボウズ『フィッシュグリップ』は5000円を切ります。

でも、強度や作りの出来に関しては、1万円のものと大差はありません。

コストパフォーマンスは非常に高いです。

実際使用したウミボウズ『フィッシュグリップ』の悪い点

f:id:keeemura:20200930174810j:image

「ちょっと重い?」

私は以前、スタジオオーシャンマークのフィッシュグリップを使っていました。

サイズ感もウミボウズ『フィッシュグリップ』と同じでしたが、自重が100gを切っていたので、ウミボウズ『フィッシュグリップ』の195gは少し重く感じます。

ただ、慣れれば気にならなくなりました(笑)

実際使用したウミボウズ『フィッシュグリップ』インプレまとめ

f:id:keeemura:20201103161817j:image

以前使っていたものより値段が安く、純粋に物だけを比べると ウミボウズ『フィッシュグリップ』 に不満点はありません。

出来るだけ安く!でも良いフィッシュグリップが欲しい!という人には、ウミボウズ『フィッシュグリップ』はかなりオススメです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる