【実釣インプレ】シマノ『ヴァンフォードシリーズ』コストパフォーマンス最高のリールです。

今回は、シマノ「ヴァンフォードシリーズ」の実釣インプレ。

実際に使用した感想は、『ヴァンキッシュのコスパ良いバージョン』です。

では、実際にヴァンフォードを使ってみてのインプレをしていきます

目次

『ヴァンフォードシリーズ』とは?

f:id:keeemura:20200930174635j:image

ヴァンフォードシリーズはシマノより、2020年の9月に発売されたスピニングリール。

16ストラディックシリーズの後継機種で、クイックレスポンスシリーズの2番手に位置します。

その強みは「超感度&軽量」で、リールの自重をできるだけ軽く、そして感度をあげる努力が詰まっています。

他にも多くの技術が詰まっており、クイックレスポンスシリーズのフラッグシップモデル「ヴァンキッシュシリーズ」に迫る使い心地です。

実際使用した『ヴァンフォードシリーズ』の良い点

f:id:keeemura:20200930174746p:image

「とにかく自重が軽い!」

自重の軽さは、前モデル「16ストラディック」より各番手ずつ20gほど軽くなっていて、シマノの一番軽量リール「19バンキッシュ」と比べても各番手5gほどしか変わりません。

ダイワや他社の製品と比べて、非常に軽いことがわかります。

リールの軽さは釣りにおいて、『取り回しの良さ』『キャストフィールの向上』『感度アップ』など、メリットが多くあります。

「フィーリングが軽い!」

自重だけでなく、巻き感も軽くて気持ち良いのが特徴。

マグナムライトローター・マイクロモジュールギアが搭載されており、巻きのフィーリングもかなり良いです

バンキッシュシやステラには追い付けませんが、十分なフィーリングが実現されています。

「飛距離があがった!」

ヴァンフォードシリーズは、ロングストロークスプールが採用されていますので、遠投性能がアップしています。

飛距離は釣りにおいて大きな武器となります。

「コストパフォーマンスが良い」

3つの良い点をふまえて、感じた良い点が「コストパフォーマンスの良さ」です。

クイックレスポンスシリーズのフラッグシップモデル「バンキッシュ」の約半額ですが、フラッグシップモデルに迫る性能のリールです。

ステラやバンキッシュを買わなくても、長く使えるリールになるでしょう。

実際使用した『ヴァンフォードシリーズ』の悪い点

f:id:keeemura:20200930174810j:image

「見た目が海外モデルっぽい」

これは完全な好みの問題です。(笑)

黒と赤のデザインが何となく海外モデルっぽい感じで、どこかちょっと好きになれません…

ただ、性能の良さは間違いありません。

実際使用した『ヴァンフォードシリーズ』インプレまとめ

f:id:keeemura:20200930174714j:image

今回、ヴァンフォードを買って「良いリールが安くで手に入るようになった」と思いました。

07ステラから歴代のステラを使用してきましたが、中間グレードであるヴァンフォードは、10ステラより良い!というのが個人的な感想です。(笑)

剛性や所有感などを比べると引き合いに出すとまた話は変わってきますが、長く気持ちよく使えるリールが3万円以内で買えるのは良いですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる