【実釣インプレ】シマノ『20ツインパワーシリーズ』信頼と安心を感じるNEWツインパワー

釣具の実釣インプレ

今回は、シマノ「20ツインパワーシリーズ」の実釣インプレです。

この記事を書いた人

6歳で釣りを始めて釣り歴は25年。
怪魚から小魚まで、多くの魚釣りを経験してきました。
日本全国で釣りを楽しんでおり、結婚後は妻を釣りの世界へ引き込み中!
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリ旦那をフォローする

『20ツインパワーシリーズ』とは?

f:id:keeemura:20201206212549j:image

シマノのツインパワーは約30年の歴史があり、多くの釣り人から愛されてきたリール。

そんなツインパワーですが、20ツインパワーは歴代のツインパワーと大きく変わった点もあり、良い点が多くあります。

今回は、実際に使用してわかった良い点と悪い点をご紹介していきます。

実際使用した『20ツインパワーシリーズ』の良い点

f:id:keeemura:20201206212617p:image

 「安心できる剛性感」

ツインパワーは剛性感を売りに愛されてきたリールですが、20ツインパワーは、HAGANEボディに金属ローターの組み合わせで、ネジレやゆがみが徹底的に排除されています。

実際に70オーバーの良型青物がかかった時も、その剛性感で魚に主導権を与えず寄せてくることができました。

「滑らかな巻き心地」

今回は、c3000番を購入し、シーバスやチニングで使用をしましたが、とにかく滑らかで巻いているだけで気持ち良いと感じました。

20ツインパワーシリーズは、駆動系にマイクロモジュールギア2とサイレントドライブが採用されており、巻き心地がシルキー。

この滑らかな巻き心地で、魚のわずかなアタリも感じれるというメリットがあります。

「かなり軽い」

20ツインパワーは、歴代のツインパワーと比べて最軽量シリーズになっています。

前モデルの15ツインパワーと比べると最大50gも軽量化されており、感度・取り回しの良さが良くなっています。

「飛距離が出る」

20ツインパワーシリーズはロングストロークスプールが採用されている為、糸の出がよく、飛距離がアップしています。

ルアー釣り・エサ釣りに限らず、飛距離は大きな武器となるため、結果的に釣果にも直結します。

実際使用した『20ツインパワーシリーズ』の悪い点

f:id:keeemura:20201206212648j:image

「半プラボディが話題となった」

歴代のツインパワーシリーズは、剛性を売りにしていた為、ボディは金属素材で作られていました。

しかし、20ツインパワーは半分金属・半分プラスチックという構造になっており、一部の釣り人から「剛性感に欠ける」という声が出ていました。

ただ、実際に使用すると、半分プラスチックボディであることは全く感じず、剛性感のあるツインパワーであると感じました。

実際に魚が掛かったとき、一番初めに負荷がかかるのはボディではなく、ローターです。

そのローターが金属素材でできているので、心配ないと言えます。

実際使用した『20ツインパワーシリーズ』インプレまとめ

f:id:keeemura:20201206212716j:image

発売前は、ボディの素材に関して賛否両論あったリールですが、実際に使用した感じは全く持って問題ありません。

ボディをプラにする事により、リールの軽量化を図り、ローターを金属素材にすることで剛性感をアップさせています。

ギアもマイクロモジュールギア2とサイレントドライブのおかげで、巻き心地はかなりシルキー。

総合的にかなり良いリールです。

20ツインパワーを手に入れるなら!

タイトルとURLをコピーしました