【実釣インプレ】シマノ『19アンタレス』釣果があがるリールです。

今回はシマノ『19アンタレス』の実釣インプレです。

正直、今まで使ったベイトリールの中で、断トツの飛距離とキャストフィールでした。

目次

『19アンタレス』とは?

f:id:keeemura:20200909204904j:image

シマノのベイトリールのフラッグシップモデル「アンタレスシリーズ」

そのアンタレスシリーズに新たなモデルが2019年に仲間入りしました。

それが『19アンタレス』です。

シマノの技術を惜しみなく生かした19アンタレスは、キャスト性能や巻き心地などにおいてかなりの高評価を得ていますが、今回は実際に使ってみた良い点・悪い点を紹介していきます。

実際使用した『19アンタレス』の良い点

f:id:keeemura:20200909204911p:image

「もの凄い飛距離」

まず、このリールの最大の良い点と言えるのが「飛距離」です。

出来るだけ薄く作られた「マグナムライトスプールⅢ」により、飛距離が伸び、ずっと伸びていくキャストフィールが味わえます。

実際に使った感覚で言うと、「今までより5m飛距離が伸びた感じ」です。

今まで届かなかったところにルアーが届くので、当然釣果も上がりました。

「パーミングがしやすい」

「パーミングしやすい」は、「持ちやすい」という事ですが、19アンタレスは左右非対称のデザインで、フルメタルボディによって、剛性アップとコンパクト化に成功しています。

パーミングがしやすくなったことにより、手返しよくキャストが出来て、巻いていても疲れません。

【いつまでもキャストしてリトリーブが出来る】という感覚です。

「気持ち良い巻き心地」

19アンタレスは巻き心地も滑らかで気持ち良いです。

マイクロモジュールギア搭載でシルキーな巻き心地を実現しており、スイムベイトやスイミングジグなどの巻き感の少ないルアーを巻いていても滑らかな巻き心地で、アタリもわかりやすいです。

気持ちよくバス釣りが出来るリールです。

「高い汎用性」

最後は汎用性の高さです。

ベイトリールは軽い物を投げるとバックラッシュしやいですが、19アンタレスは約5gのシャッドや虫系ルアーもバックラッシュなく投げる事ができました。

タックルバランスも大切になってきますが、リールの性能として5gのルアーでも投げれて、巻物やジグ撃ちにも使える汎用性の高さがあります。

おかっぱりでポイントをランガンする時は、いつも19アンタレス1本です。

実際使用した『19アンタレス』の悪い点

f:id:keeemura:20200909204921j:image

「海水でも使えたら良いのになぁ」

19アンタレスの悪い点を探してみましたが、正直見当たりませんでした。

しかし、一つ上げるなら「海水対応」であってほしかった点です。

悪い点というか、1ユーザーとしての願望ですが、19アンタレスは淡水専用なので海水での使用は推奨されていません。

バス釣りの他にシーバス釣りもする私としては、このキャスト性能を持つリールを海でも使いたいなーと思いました。

『19アンタレス』 を買った結果

19アンタレスを買った結果、おかっぱりでの釣果がグンと伸びました。

理由は明確で、飛距離が伸びた事です。

今まで届かなかった対岸のブッシュや流れ込みなど、攻めれるポイントが増えたことにより、釣果がアップしています。

正直、心の底から買って良かったと思います(笑)

実際使用した『19アンタレス』インプレまとめ

f:id:keeemura:20200909204950j:image

実際に19アンタレスを使用した感想を一言でいうと「釣果の上がるリール」です。

「飛距離が伸びて狙える場所が増え」「パーミングがしやすく手返しが良くなったのでキャスト回数が上がり」「巻き心地が良くてアタリが取りやすくなった」この3つの要素で釣果があがりました。

買って良かった!おかっぱりの強い相棒が出来て嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる