【イシモチの投げ釣り】砂浜や堤防でイシモチを釣る投げ釣りをご紹介。

【イシモチの投げ釣り】砂浜や堤防でイシモチを釣る投げ釣りをご紹介。

釣って楽しい、食べて美味しい、そんな人気のターゲット『イシモチ」を釣る投げ釣りをご紹介します。

【イシモチの投げ釣り】イシモチとは?

f:id:keeemura:20201020203942j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

イシモチはスズキ目ニベ化に属するシログチやニベを総称した呼び方です。

そのどちらも泥質の底を好むため、メインのフィールドは砂浜や泥質の堤防となります。

動物性のエサを好み、イソメやエビ類、大きくなればアジやキスなども捕食するフィッシュイーターでもあります。

【イシモチの投げ釣り】使用するエサ

「虫エサ」

f:id:keeemura:20201020204039p:image

動きと匂いでイシモチにアピールする虫エサはイシモチの投げ釣りの定番エサ。

特にアオイソメやイワイソメがおすすめ。

どこでも手に入る万能エサです。

「サンマの切り身」

f:id:keeemura:20201020204144j:image

秋頃にはサンマの切り身が効果的。

スーパーなどで割引のものを手に入れればイソメよりもだいぶん安くで済みます。

【イシモチの投げ釣り】主なポイント

「砂浜」

f:id:keeemura:20201020204224j:image

砂浜は投げ釣りでイシモチを釣るメインフィールド。

特に砂浜に川が流れ込んだりしていればプランクトンの発生が多くなり、イシモチのエサとなるイソメ類も増える為、さらにナイスポイントになります。

「内湾・堤防」

f:id:keeemura:20201020204303p:image

水深が10mを超えるような場所では日中でもイシモチが狙えます。

足場も良いため、初心者にオススメなポイントです。

Advertisement

【イシモチの投げ釣り】砂浜での狙い目

EPSON MFP image

砂浜はぱっと見るとだだっ広いだけで狙うポイントがわかりにくいです。

ですが、そんな砂浜にもしっかりと狙いどころがあります。

まずは波の影響で海底が波打つような形状になっているヨブや、離岸流でできる底のスリット。

そして急に深くなるカケアガリなど、砂派にもイシモチが着く場所は多くあります。

砂浜と海をじっくりと観察してイシモチのポイントを見極めましょう。

【イシモチの投げ釣り】海底を探る方法

EPSON MFP image

イシモチの投げ釣りでは、海底の変化を狙っていくのが重要です。

そのため、海底の変化を探る方法がわかっていれば釣果に差が出ます。

仕掛けを少しずつ巻いていると、巻き抵抗が大きい場所がきます。

そこは海底が斜面になっており、その斜面をオモリが昇っている状況です。

そして軽くなれば斜面の頂点からオモリが落ちて行っている状況。

魚はこのような海底の変化する場所についていますので、仕掛けを巻く際も海底のイメージをしながら巻くのが良いです。

Advertisement

【イシモチの投げ釣り】タックル

「ロッド」

イシモチの投げ釣りで使用するロッドはフィールドが砂浜か堤防かで須少し変わってきます。

砂浜であれば周辺に障害物は少ないですが、堤防であれば消波ブロックや敷石などの障害物が多くなります。

堤防でする際は、磯竿の遠投用を使用するのが無難です。 

「リール」

リールは大型スピニングリールを使います。

投げ釣り専用で遠投に適したモデルが最適です。 

「ライン」

ラインは遠投がしやすいようにPEラインを使いましょう。

太さは2号前後でOKです。

「オモリ」

オモリはフィールドや状況によって使い分けます。

丸形や六角型のオモリを使用すると砂の上で止まるので仕掛けが流されないようにできます。

「仕掛け」

仕掛けは市販のものを使います。

イシモチ用の投げ仕掛けやアイナメ用の投げ仕掛けがあればOKです。

【イシモチの投げ釣り】まとめ

f:id:keeemura:20201020204455j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

イシモチは針に掛かれば引きも強く、食べても美味しい魚なのでまさに釣りの醍醐味を味わえます。

初夏から初冬まで狙えて大きな群れに当たれば連発も可能です。

初心者でも釣ることが出来ますので是非チャレンジしてみてください。

Advertisement

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。