【実釣インプレ】シマノ『スライドアサシン』シンペンに必要な要素がつまったルアー

釣具の実釣インプレ
スポンサーリンク

今回は、「シマノ」から発売されている『スライドアサシン』の実釣インプレです。

主に河川でのシーバス、地磯でのヒラスズキと青物に使用し、しっかりと釣果をあげる事が出来ました。

では、詳しいインプレをご覧ください。

シマノ『スライドアサシン』とは?

f:id:keeemura:20211012155021j:image
「スライドアサシン」は、大手釣り具メーカー「シマノ」から発売されているシンキングペンシルです。

全長10cm、重さ23gでシーバスや青物が好むイワシやイナッコなどのベイトフィッシュにマッチするサイズ。

近くの港湾や河川から、磯やサーフでも使えるオールラウンドなシンキングペンシルです。

シマノ「スライドアサシン」をAmazonで見る

実際使用したシマノ『スライドアサシン』の良い点

f:id:keeemura:20211008163103p:image

「飛距離良し!立ち上がりのレスポンスも良し」

スライドアサシンには、「X-ACシステム」という重心移動システムがついており、それプラスで10センチというボディながら、28gと少し重めのウェイト設定になっているので、満足の行く飛距離を出せます。

また、着水時にはボディ内部のバネもにより。ウェイトがもとの位置に戻るので、泳ぎだしのレスポンスも良く、効率よく広範囲を探れます。

「ヘッドリップによる泳ぎの安定」

f:id:keeemura:20211012155032j:image
使い倒してボロボロです。見にくくてすいません。


スライドアサシンを見ると、頭の部分が少しへこんでいます。

このへこみがリップの役割をしており、水を受けて低速でも手元にしっかりと引き抵抗を伝える上、ラインの影響を受けにくく、安定した泳ぎをしてくれます。

「ワイドなS字アクション」

スライドアサシンを使って、泳ぎを見た時、凄いS字アクションだなと感じました。

他のシンキングペンシルより、大きなS字アクションを描くため、アピールも抜群です。

「サイズが使いやすい」

スライドアサシンのボディサイズは10cm。

10cmというと、港湾から河川、磯場などで見かけるあらゆるベイトフィッシュにベストマッチ!

例えば、カタクチイワシやトウゴロイワシ、イナッコやコアユなど、あらゆるフィールドのベイトフィッシュにマッチするため、活躍する場が多くあるのも良い点です。

シマノ「スライドアサシン」をAmazonで見る

実際使用したシマノ『スライドアサシン』の悪い点

f:id:keeemura:20211008163201j:image

「特に無し」

全般的に非常に優秀なシンキングペンシルなため、不満に思う点はありませんでした。

飛距離も泳ぎも良く、使っていて心配になることがなく、シーバスや青物もキャッチすることができたので、私には悪い点は見つける事ができませんでした。

シマノ「スライドアサシン」をAmazonで見る

実際使用したシマノ『スライドアサシン』インプレまとめ

f:id:keeemura:20211012155049j:image
シマノ「スライドアサシン」は、飛距離・泳ぎともシンキングペンシルに必要な要素がしっかりと備わったルアー。

港湾・河川・サーフ・磯など多くのフィールドで使える上、サイズも使い勝手が良い10cmで活躍するシーンはかなり多いです。

ぜひ次の釣行に持って行きたいルアーです。

タイトルとURLをコピーしました