【兵庫】神戸周辺のシーバス釣り実績ポイント3選とおすすめルアー3選

全国釣りポイント紹介
スポンサーリンク

神戸には都市型の海が広がっており、シーバスゲームを楽しめるポイントがあります。

しかし、簡単に釣れるほど、魚影は濃いものではなく、案外難しいです。

そこで今回は、実際にシーバスの釣果をあげたおすすめポイントをご紹介します。

神戸周辺のシーバス狙いに良いポイント

【灘ふ頭】

灘ふ頭は、都賀川の河口に位置し、シーバスが集まりやすい場所です。

外洋から魚が入って来やすいポイントなので、イワシなどの小魚が入ってきた時は、浅瀬に小魚を追い込み、ボイルをしているシーバスを目にします。

この状況に出会えたときは、大チャンスです。

f:id:keeemura:20200228191028j:image
※灘埠頭で釣った丸々と太ったシーバス

【住吉川河口(南魚崎駅横)】

六甲アイランドと本土の間に位置するポイント。

住吉川は小さな川ですが、多少の流れは生じており、魚が付いていることがあります。

また、このポイントも灘ふ頭同様で外洋から魚が入って来やすいなので、イワシなどの小魚が入ってきた時は大チャンス。

ベイトが入っていない状況であっても、夜間であれば、六甲ライナーの駅や街灯などにより、明暗ができているので、シーバスが付きます。

また、東側のテトラ付近では、チヌの姿もちらほら見えます。

シーバスを狙っていると外道としてチヌも楽しませてくれるかもしれません。

f:id:keeemura:20200228191318j:image
※住吉川河口の明暗で釣ったシーバス

【ポートアイランド北ふ頭】

このポイントは、完全に海型のポイントです。

狙うところはただ一つ、対岸の堤防の際をひたすら打っていく。

元々は、海上保安庁の巡視船の係留堤防であり、その巡視船が係留されていると夜間は明かりがついてかなり明るいポイントとなります。

この状況が大チャンスです。

※『西側のフェンスの奥や巡視船乗り場入り口』は釣り禁止なので注意。

f:id:keeemura:20200228191438j:image
※北埠頭のデイシーバス

神戸周辺のシーバス釣り3つのコツ

『ベイトを探す』

『シーバスが隠れている場所を意識する』

『釣れなくてもあきらめない』

『ベイトを探す』

ベイトが居れば、シーバスは口を使いやすくなります。

また、ベイトが居れば、こんなところでも釣れるの?と思うような場所で釣れたりもします。

何よりもベイトを探すことが大事です。

『シーバスが隠れている場所を意識する』

シーバスも常にエサを追っている訳ではありませんし、エサが居ないと釣れない訳でもありません。

普段は、堤防のキワ・明暗部・船の影など、身を隠してエサが通るのを待っています。

シーバスがどこに身を隠して、どこでエサを待っているかを意識しながら、ポイント探しやキャストをしましょう。

『釣れなくてもあきらめない』

シーバスは身近な魚ですが、ルアーで釣るのは難しいです。

ベイトがたくさんいて、シーバスもエサを食べまくりの状況なら簡単に釣れることもあります。

ただ、シーバスのやる気がないときは、ルアーを目の前に通しても食ってきてくれません。

その魚たちを釣る為に、ルアーを変えたり、ルアーを流す方向を変えたり、巻くスピードを変えたり、あきらめずに試行錯誤が大事です。

試行錯誤をして、釣れた時の喜びがたまりません。

おすすめルアー

ラッキークラフト【ビーフリーズ】

湾岸部のシーバス釣りでは超定番。

私が神戸で初めてシーバスを釣ったのもこのルアー。

オールシーズン使える万能ミノーです。

ダイワ【ショアラインシャイナー】

神戸のマイワシパターンなど、少しベイトが大きめの時に威力を発揮するルアー。

神戸でシーバス釣りをするなら必ず持っていきたいルアーです。

シマノ【サルベージブレード】

デイシーバスで威力を発揮します。

重いウェイトなので、遠投して広範囲をサーチする時に使えるルアーです。

サルベージブレードの詳しいインプレはこちら!

神戸周辺のシーバス釣り 注意点

神戸市内は釣り禁止の場所がものすごく多いです。

例えば、ポートアイランド北公園や兵庫突堤など、今まで神戸の超人気釣り場であり、いろんな魚がたくさん釣れる最高のポイントも釣り人のマナーの悪さのせいで釣り禁止になってしまいました。

これ以上、釣り場を減らさない為にも釣り人が努力しないといけないです。

タイトルとURLをコピーしました