【メッキ】手軽に強烈なファイトが楽しめるメッキの釣り方やタックルをご紹介。

魚の種類別釣り方紹介
スポンサーリンク

メッキは水温が高くなる夏の時期になると、九州から関東の間の太平洋側に接岸してくる魚です。

ルアーマン憧れの魚【GT(ジャイアントトレバリー)】やカスミアジなどの幼魚であり、幼魚でもルアーに積極的にアタックして来たり、ルアーに掛かれば強い引きで釣り人を楽しませてくれます。

今回は、そんなメッキを出来るだけ手軽に釣る方法とタックルをご紹介します。

手軽に強烈なファイトが楽しめるメッキとは?

f:id:keeemura:20200407204226j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

メッキとはロウニンアジ(GT)・カスミアジ・ギンガメアジの幼魚の事をまとめた通称の事であり、釣り人の間では親しまれています。

メッキの親である3種の魚は、南の暖かい海に生息しており、強烈なファイトのビッグゲームはベテラン釣り師もどっぷりハマってしまうものです。

いつかは釣ってみたいとルアーマン憧れの魚ですが、その魚の幼魚であるメッキも親譲りのナイスファイターで、ルアーに積極的に反応します。

日中に、積極的にルアーにアタックしてくる様子は、見ているだけでも興奮し、ルアーに掛かった時のナイスファイトはたまりません。

手軽に強烈なファイトが楽しめるメッキのベストシーズン

f:id:keeemura:20200407203616j:image
EPSON MFP image

メッキ釣りが楽しめるベストシーズンは、ずばり夏です。

地域差もありますが夏前後であれば、メッキを狙う事ができるので、上図のように時期に応じて狙うエリアを変えていけば、釣れる確率もアップします。

メッキを狙ううえで一番気にしたいエリアは、高水温であるエリアとベイトの多いエリアのです。

手軽に強烈なファイトが楽しめるメッキを狙うポイント

メッキは、どんな所を狙えばよいのでしょうか。

それは、効率よくエサを食べれる場所や、エサとなる小魚などが溜まっている場所です。

では、主にどんな場所が良いかをみていきます。

【砂浜・砂浜の流れ込み】

f:id:keeemura:20200407204321p:image

メッキは、砂浜のカケアガリなどを回遊しています。

砂浜は意外とメッキのエサとなる小生物が多いので、狙う価値は十分にあるポイントです。

また、投げれ込みがあればなお良しです。

【河口や河口近くの河川】

f:id:keeemura:20200407204427p:image

河口から続く河川は、メッキの最高のポイントとなります。

河川にはエサとなる小魚やエビなどが多く生息しており、メッキはそれを捕食しに確実に河川内に入ってくるので必ず狙いたいポイントの一つです。

【漁港内のスロープ】

f:id:keeemura:20200407204505p:image

漁港に多くみられるスロープですが、メッキなどのフィッシュイーターは、このスロープに小魚を追い込んで捕食することが多いです。

スロープを見つけたらチェックするべきです。

【漁港の船周辺】

f:id:keeemura:20200407204559p:image

漁港内に係留されている船はメッキの隠れ場となります。

特に日中は、船の影に隠れているメッキもいますので、船のロープなどに気を付けながら探っていきましょう。

【常夜灯付近】

f:id:keeemura:20200407204632p:image

メッキは基本的に日中狙う魚ですが、実は夜でも狙うことができます。

常夜灯の周りは、明かりに小魚やその他の小生物が寄ってきており、それを捕食するメッキを狙う事ができます。

メッキの夜釣りをするのであれば、必ず狙いたいポイントです。

手軽に強烈なファイトが楽しめるメッキを釣るタックル

EPSON MFP image

メッキを狙うタックルとしては、少し強めのライトゲームタックルが一番面白いですが、ライトなシーバスタックルでも代用可能です。

しかし、メッキのサイズは大きくて30センチほどなので、強いシーバスタックルで挑んでしまうと、タックルが強すぎてメッキの引きが楽しめません。

そのため、少し強めのライトゲームタックルなどで強烈な引き味を楽しむことをおすすめします。

【ロッド】

ライトゲームの定番ロッド【ソアレBBシリーズ】の中でも一番強めなロッドです。

キャスト出来るルアーウェイトも0.8g~10gまでと、ワームからちょっとしたメタルジグまでキャスト可能なので、これ一本であらゆるライトゲームやメッキゲームに使えます。

【リール】

ストラディックC2000SHG

大手釣り具メーカーシマノの汎用スピニングリールです。

価格は中価格帯ですが、巻き心地や軽さ・見た目など、高級機種に迫る勢いであり、メッキ狙いでも十分に使用可能です。

【メインライン】

ラインは感度の良さと引っ張り強度に優れたPEラインをおすすめします。

太さは0.6号くらいがベスト。

PEラインをメインラインとして使う場合は、必ずリーダーをつけましょう。

手軽に強烈なファイトが楽しめるメッキを釣るおすすめルアー

メッキはプラグ系のルアーから、ソフト素材のワームやメタル素材のジグなど、様々なルアーで釣ることができます。

使用環境や状況に応じてルアーチェンジをしていきましょう。

今回は、ルアー・ワーム・ジグとそれぞれおすすめできるものをご紹介します。

【ルアー】

キビキビとしたアクションがメッキを刺激します。

まずは、このミノーを投げてメッキの反応を見るパイロットルアーです。

他のルアーは忘れてもこのルアーだけは必ず持っていきたいルアーです。

【ワーム】

メバリングやアジングなどで使う2インチ前後のワームもメッキゲームで使えます。

アジマストはメッキゲームでも大活躍のナイスルアーです。

特に捕食しているベイトが小さなマイクロベイトの時にはハマります。

【メタルバイブ】

投げて巻くだけでキビキビとしたアクションでメッキを刺激します。

メタル素材なのでよく飛んで広範囲を探れるメッキゲームには必須のルアーです。

【メタルジグ】

メタルジグもメタル素材の為、よく飛びます。

メッキが沖目に居る時はその飛距離が生きてきますし、表層の高速巻きやイレギュラーなリフト&フォールなど、メッキを誘うアクションを多く出してくれるので、一つでもあればメッキを狙う方法としては引き出しが多くなります。

手軽に強烈なファイトが楽しめるメッキの釣り方

EPSON MFP image

メッキは早い動きやイレギュラーな動きによく反応します。

逆にスローな動きには、少し反応が悪い様に感じます。

ルアーを偽物だと勘付かせない為にも、メッキを狙う際は常にルアーが何らかのアクションをしている状態であることが大事です。

主なアクションとしては、ルアーを一定の速度でタダ巻きや逃げ惑う小魚を演出するダート・イレギュラーなアクションでリアクションバイトを狙うリフト&フォールです。

どのアクションに反応が良いかは、その日によって違うので、アタリのアクションを見つけましょう。

手軽に強烈なファイトが楽しめるメッキで熱いルアーゲームを!

メッキゲームは基本的に九州から関東付近の太平洋側で水温の高い時期と限られた地域と期間になりますが、ライトゲームの中ではかなり引きが強い釣りになり、ファイトも面白いです。その上、さまざまなルアーの使い分けもメッキ釣りの面白さの一つです。

釣れるポイントも身近な場所が多く、本当に手軽に狙えるので、手軽に強烈ファイトが楽しめるメッキのルアーゲームにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました