【今さら聞けない?】メタルジグのフックセッティングについての基本をご紹介

釣りのいろいろ
スポンサーリンク

今回は、近年大人気のショアジギングや船からのジギングでも欠かせないメタルジグのフックセッティングについて、基本的な考え方をご紹介します。

メタルジグというと、フロントにフックがついていたり、いなかったり、リアにフックがついていたり、いなかったり… どれが正解なの?とお困りの方も多いと思います。

それぞれのフックセッティングのメリットデメリットを理解して、自分の釣りスタイルに合ったフックセッティングをしましょう。

メタルジグのフックセッティングは主に3つのパターンがある

メタルジグのフックセッティングには主に3つのパターンがあり、それぞれメリットとデメリットがあります。
このそれぞれのパターンは、狙う魚やフィールド、ジグに求める動きによって使い分ける必要があるので、パターン別に確認していきましょう。

フロントフックあり、リアフックなしパターン

f:id:keeemura:20210803081039j:image

このパターンは写真の通り、ジグの前にフックがついていて、後ろにはフックがついていないパターンです。

このパターンのメリット

・「後ろにフックが無い分、ジグの動きが邪魔されず、ジグ本来の動きが期待できる」
・「リーダーにフックが絡んでいわゆる「エビ状態」にならない」
・「根掛かりしにくい」

このパターンのデメリット

・ジグ後方へのバイトに対してフッキングできない

このメリット・デメリットから、捕食する際に頭から食べる青物系には、有効なパターンであり、底質が岩礁や消波ブロック付近では根掛かりしにくく使いやすいという面がありますが、逆に捕食する際に追い食いしてくるような根魚などはヒットさせれない場合もあります。

また、ジグ自体にキビキビとした動きを求めるという人は、フロントフックあり、リアフックなしパターンがおすすめです。

フロントフックあり、リアフックありパターン

f:id:keeemura:20210803081104j:image

このパターンは写真の通り、前にも後ろにもフックがあるパターンです。

このパターンのメリット

・前後共に食ってきた場合でもフッキングに繋げれることができる。

このパターンのデメリット

・ジグの動きがリアフックによって少し悪くなる
・リアフックがリーダーに絡んで「エビ状態」によくなる
・根掛かりが増える

このメリット・デメリットから、前後共にフックを付ける人は、「とにかく食ってきた魚は全て掛けてやる!その為なら、多少のトラブルも気にしない!」という方です。

フロントフックなし、リアフックありパターン

f:id:keeemura:20210803081154j:image

このパターンは写真の通り、ジグの前にフックは無し、後ろだけに付けているというパターンです。

このパターンのメリット

・後ろから食ってくる魚のフッキング率が良い

このパターンのデメリット

・ジグをしゃくった時の動きが弱くなる
・「エビ状態」になりやすい。
・根掛かりしやすい

このメリット・デメリットから、一見するとダメパターンの様に思うかもしれませんが、5g前後のマイクロジグでサバやアジ等をタダ巻き中心で狙う場合は有効なフックセッティングとなります。

ただ、一般的な重さのジグで青物を狙ってしゃくったり、底付近で根魚を狙ったりする場合はおすすめできません。

スポンサーリンク

フックはどれを装着すれば良いの?

さて、フックセッティングの基本を理解した後は、どんなフックを使えば良いかを見ていきます。
主にジグに取り付けるフックは3種あります。

・トレブルフック

f:id:keeemura:20210803081605j:image

針が3つ付いているフックです。

プラグについていることが多いフックですが、ジグに付ける場合もあります。
リアに付けるのが一般的で、フッキング率は向上しますが、エビりやすく、根掛かりしやすくなります。

また、フックの抵抗が大きくなるのでジグの動きは悪くなってしまいます。
大型魚を狙うジギングやショアジギングで使っているのはあまり見たことがありません。

ただ、マイクロジグのリアフックなどでは使われる事の多いフックです。

・アシストフック(シングル)

f:id:keeemura:20210803081618j:image

針が1つだけついていて、太い糸で繋がれているフックです。

フックが1つだけなので、フッキング率は下がりますが、耐久性があり、大きな魚が掛かっても安心できるフックです。

針の抵抗が少ないので、ジグの動きを妨げないのもメリットです。

・アシストフック(ダブル)

f:id:keeemura:20210803081629j:image

針が2つついていて、太い糸で繋がれているフックです。

フックが2つになるので、シングルに比べてフッキング率は上がります。

ただ、シングルに比べて針の抵抗が少し大きくなるので、ジグの動きは少しだけ妨げられます。

今さら聞けない?メタルジグのフックセッティングについての基本をご紹介まとめ

f:id:keeemura:20210803082013j:image

今回は、メタルジグのフックセッティングとフックの特性についてご紹介しました。

今回は基本的な考え方やメリット・デメリットを紹介しただけであり、これが正解だ!という訳ではありません。

狙う魚や釣りをするフィールドに応じて、自分のベストセッティングを探すのもジグを使った釣りの面白さです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

釣りのいろいろ
スポンサーリンク
この記事を書いた人

小学生の時から大人になるまで趣味はずっと釣り。怪魚から小魚まで魚釣りであれば何でもします。日本全国で釣りをしており、今では妻を釣りの世界へどっぷり浸からせ中。(笑)
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリブログ
タイトルとURLをコピーしました