【和歌山】『道の駅 なち』最新車中泊情報。温泉併設の便利な車中泊スポットです。

【和歌山】『道の駅 なち』最新車中泊情報。温泉併設の便利な車中泊スポットです。

今回は、和歌山県東牟礼郡那智勝浦町の『道の駅 なち』の最新車中泊情報をご紹介。
世界遺産の那智の滝に最も近い道の駅であり、熊野古道や那智勝浦の観光の拠点でも便利です。
その上、日帰り温泉も併設されており、コンビニやスーパーも近くにあるので困ることはありません。
南紀方面で車中泊をお考えの方にはおすすめです。

『道の駅 なち』

f:id:keeemura:20200803181926j:image
道の駅 なちは、世界遺産の那智の滝から最も近い位置にある道の駅であり、お土産売り場・お土産売り場・現地の特産品の直売所があります。
また、真横にはJR那智駅が隣接しています。

「お土産売り場」

f:id:keeemura:20200803182056j:image
お土産売り場はこじんまりとしています。
お菓子などの手土産やストラップはありました。

「日帰り温泉」

f:id:keeemura:20200803182116j:image
便利な日帰り温泉の詳細は、後ほどご紹介します。

「特産品の直売所」

f:id:keeemura:20200803182138j:image
道の駅施設の真横に野菜や海鮮など地元で獲れた物から、地元の人手作りのお弁当などが買える直売所があります。
時から16時までの営業ですが、夜ご飯や車中飯の材料の調達に利用可能です。

「JR 那智駅」

f:id:keeemura:20200803182411j:image
雰囲気のある駅舎が目立ちます。
写真を撮っている人も多くいたので、鉄道好きには良いスポットです。

Advertisement

『道の駅 なち』最新車中泊情報

f:id:keeemura:20200803182434j:image

『道の駅 なち』では、駐車場で車中泊可能です。
JR那智駅が隣接されている為、バスのローターリーの周りに駐車場があります。
その為、バスの邪魔にならないように駐車しましょう。
駐車可能台数は約15台もないくらいと少ないですが、駐車場は平坦ですので快適に睡眠できます。

f:id:keeemura:20200803182456j:image

なお、直売所の前にも駐車場はありますが、16時以降は閉まりますので、直売所の駐車場で車中泊はできません。
ご注意ください。

トイレ情報

f:id:keeemura:20200803182520j:image

道の駅施設の真横にあるトイレが24時間使用可能です。
道の駅管理でしっかりと清掃されており、気持ちよく利用可能でした。
感知式ライトですので、パッと見暗くても安心してください。

『道の駅 なち』近隣施設情報(日帰り温泉・コンビニ・スーパー)

『道の駅 なち』は、温泉が併設されており、車ですぐの位置にコンビニ及びスーパーもありますので、周辺施設はかなり充実しています。

道の駅併設の日帰り温泉【丹敷の湯】

場所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字浜ノ宮361−2
営業時間:13時〜21時
入浴料:大人600円 子供300円
公式HP

大人600円という安さの日帰り温泉。

特別変わった温泉ではありませんが、大きな湯船もあり、汗を流してゆっくりできます。

また、シャンプーやボディソープなども備え付けられています。

コンビニ【ファミリーマート那智勝浦店】

場所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字浜ノ宮97番地3
営業時間:24時間

スーパーマーケット【Aコープなち店】

場所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字天満
営業時間:9時から20時

Advertisement

『道の駅 なち』車中泊情報まとめ

f:id:keeemura:20200803183225j:image
南紀の東エリアで車中泊を考えられているのであれば恐らく一番便利な車中泊スポットだと思います。
世界遺産の那智の滝や熊野古道からも近く、入浴施設併設でコンビニやスーパーも近い為、不自由はしません。
那智の滝・熊野古道の観光拠点や、南紀エリアで仮眠等にはかなりおすすめです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

 K村夫婦でした⭐️

※公共駐車場での車中泊は、「仮眠・休憩」が原則です。長期間の駐車や滞在、テントを張ったり、バーベキューをするなどの行為は厳禁です。また、車内であっても騒ぐなどの行為は周囲の迷惑となりますので、くれぐれもその場所のルールに則ってマナーを守りながら利用しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。