【実釣インプレ】マルキュー『パワーイソメ』もう生き餌を買う時代は終わった?釣果抜群の人工エサです。

【実釣インプレ】マルキュー『パワーイソメ』もう生き餌を買う時代は終わった?釣果抜群の人工エサです。

今回は、大手釣り餌メーカーマルキューから発売されている、人工エサ「パワーイソメ」の実釣インプレです。

私たち夫婦は、身近な漁港や堤防でするライトゲームが大好きです。
どこかへ旅行へ行った際も少しでも時間があれば近くの漁港や堤防でライトゲームを楽しんでいます。

その際、もちろん色んなワームなども使いますが、日中のライトゲームであればほとんど「パワーイソメ」を使用しています。

今回は、何度も何度も使って楽しい思いをさせてくれたパワーイソメの実釣インプレしていきます。

『パワーイソメ』とは?

f:id:keeemura:20201019230158j:image

パワーイソメはマルキューから発売されている生分解性の人工エサです。

その見た目はまるでアオイソメのようでリアルな作りになっています。

そして生分解性という事で、樹脂で作られたワームと違い、魚が食べても最終的には分解されて悪影響は及ぼさないという点も安心できるポイントです。

味と匂いがしっかりとついており、魚が違和感なく食い込むように作られており、本物のアオイソメと遜色なく釣れるようになっています。

Advertisement

実際使用した『パワーイソメ』の良い点

f:id:keeemura:20201019230234j:image

私たちは上の写真の様に、ちぎったパワーイソメをジグヘッドにかけて使用しています。

ライトゲームのワームの代わりにパワーイソメを使っているイメージです。

「手軽に様々な魚種がよく釣れる」

まず、なんといってもパワーイソメの良さは「色んな魚がよく釣れる点」です。

普通のアオイソメを使うより釣れる魚種が多いんじゃない?と思うほど。

実際、今までにパワーイソメで釣った魚は以下の通りです。

・アジ
・サバ
・根魚(カサゴ・ソイ等)
・セイゴ(シーバスの30センチくらい)
・チヌ
・キジハタ(アコウ)
・オオモンハタ
・キス

・エソ
・ベラ
・ハゼ
・コチ(マゴチ・メゴチ等)
・チャリコ(マダイの幼魚)
・ソゲ(ヒラメの幼魚)
・ネンブツダイ
・フグ(クサフグ等)
・ゴンズイ
・小型のエイ
・ホタテウミヘビ
・ブラックバス
・ブルーギル

食べて美味しい・釣って楽しい魚から、フグやエイ・ウミヘビなどの外道・淡水魚のブラックバスやブルーギルまで釣った魚はこれだけの種類になります。

全てジグヘッドにパワーイソメを付けるシンプルな仕掛けだけでこれだけの魚が釣れれば最高です。

「手が臭くならない」

2つ目の良い点は、手が臭くならないという点です。

アオイソメなどの活き餌を使えばもちろん身から出る汁などにより手が汚れ、匂いも付いてしまいます。

でもパワーイソメは活き餌独特のに匂いはせず、ブルーベリーの香りです。

手で付けても嫌な匂いは手に残らず、パワーイソメの汁がつけばタオルで拭くとすぐとれるので気持ち悪くありません。

「毎回エサを買う手間が省ける」

アオイソメなどのエサを買う時、必ず釣具店に寄らないといけません。

例えば、『早朝から釣りがしたいけど釣具店が開いていない…』『釣り場の周辺に釣具店が無い…』という状況であっても、パワーイソメであればカバンに忍ばせておくだけでOK。

パッケージから出して全て使い切らなくても、専用のケースに入れておけば汁が漏れることなく、保存可能です。

パワーイソメをずっと使い続けるのであれば、このケースは必需品です。

「活き餌を触れなくてもOK」

最後の良い点は、「活き餌を触れなくてもOK」という点です。

これはかなり大きなメリット。

どうしてもウニョウニョと動き回る虫エサが苦手と言う人は多くいらっしゃいます。

ましてや女性にとっては気持ち悪い以外の何物でもない…という声も聞きます。
そんな生きている虫エサを針に刺すなんてもってのほか…かと思いますが、パワーイソメは動きませんし、イソメ型のゴムと考えれば何も怖くありませんし、気持ち悪くもありません。

実際、私たちでも嫁は一切虫エサは触れませんが、パワーイソメであればひょいっと掴んで針に刺して全て自分で準備が可能です。

虫エサが苦手な人でも触れるのがうれしい点ですね。

Advertisement

実際使用した『パワーイソメ』の悪い点

「投げて放置する釣り方であれば生き餌に負ける」

f:id:keeemura:20201019230318j:image

さて、良い点がいっぱいなパワーイソメですが、パワーイソメにもアオイソメと比べて劣る点はもちろんあります。

その中で、一番感じるのが「投げて放置する釣り方であれば生き餌に負ける」という点です。

どういうことかと言うと、ぶっこみ釣りや投げ釣りなど、仕掛けを投入すれば少しの間動かさない釣りであれば、動き回ってくれる活き餌には大きく劣るという事です。

活き餌であれば針に付けていても水中でウニョウニョと動き回ってアピールをし続けてくれますがパワーイソメは自動では動いてくれません。

よって、投げ釣りやぶっこみ釣りなどエサ本来の動きが大事な釣りであればパワーイソメより生き餌を使う方が良いでしょう。

実際使用した『パワーイソメ』インプレまとめ

今回は、私たちも絶大な信頼を寄せるパワーイソメをインプレしてみました。

手軽でよく釣れるパワーイソメは自分で動かすワームの様に使用すれば最強のエサとなり、多くの魚を釣ることができます。

カバンに一つ忍ばせていれば、いつでもどこでも楽しいライトゲームが出来ます。

Advertisement

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。