ナマズを釣る伝統釣法『ポカン釣り』をご紹介

ナマズを釣る伝統釣法『ポカン釣り』をご紹介

手軽にそして身近な場所でルアーフィッシングの対象魚として狙えるため、人気があるナマズですが、その昔は活きたカエルをエサにして狙う『ポカン釣り』と呼ばれる釣り方がありました。
現在、この釣り方をしている人は滅多に見かけませんが、『ポカン釣り』はエサである活きたカエルにナマズが飛びついてくる非常にエキサイティングな姿が見れますので非常に楽しい釣り方です。
今回は、そんな伝統釣法『ポカン釣り』での釣り方や狙うべきポイントなどをしっかりとご紹介します。

伝統釣法『ポカン釣り』の魅力

f:id:keeemura:20200720202441j:image
日本の淡水域に広く生息しているナマズは古くから食用や釣りの対象魚として親しまれてきました。
そんなナマズを釣る方法として昔からある釣りがポカン釣りです。
今でこそポカン釣りをしている人は滅多に見かけませんが、昔の釣りの入門書などにはよく載っていました。
カエルをエサにすることで、激しく水面を割り、エサに食らいついてくるナマズの姿は、まるでルアーフィッシングの様でありながらも独特のスリルがあり、病みつきになってしまいます。

『ポカン釣り』に適したフィールド

「水路・小河川」

f:id:keeemura:20200720202647j:image
水路や小河川は幅が狭いため、岸際を主に狙うポカン釣りの一級フィールド。
近くに水田があるような水路や小河川であればその近くに必ずエサのカエルもいるのでエサの調達にも困りません。
身近な水路や小河川にもナマズは潜んでいるので是非いってみましょう。

「野池」

f:id:keeemura:20200720202709j:image
小河川や水路だけでなく、野池もポカン釣りのフィールドになります。
野池には、冠水ブッシュや岸際のえぐれなど、ナマズが身を隠しやすいポイントが多くあります。
いきなり岸際に立つのではなく、ゆっくり歩いて岸際にいるナマズを驚かせないように釣るのが肝になります。

Advertisement

『ポカン釣り』で狙えるナマズ以外の魚

「ブラックバス」

f:id:keeemura:20200720202729j:image
ブラックバスもナマズと同じく小魚や両生類などをエサとしている魚ですので、ポカン釣りのターゲットになります。
ルアーには反応がイマイチな大型のスレたブラックバスも、活きエサのカエルには喰らいついてきます。
フィールドも釣り方もナマズと同様の為、ブラックバスをポカン釣りで狙うのもありです。

「ライギョ」

f:id:keeemura:20200720202903j:image
その昔はライギョもポカン釣りでよく狙われていましたが、その生息数は減少の一途をたどっています。
その為、ルアーでライギョを狙うアングラーには、活きエサでライギョを狙う事を良く思わない方もいる為、特定の地域やフィールドではライギョを狙うポカン釣りはおすすめできません。

『ポカン釣り』のタックル&装備品

「竿」

竿は硬めのノベ竿などを使用するのが一般的ですが、ノベ竿を持っていない方は、ブラックバス用のルアーロッドでOKです。

「リール」

もし、ポカン釣りでルアーロッドを使用する際は、リールを使用しましょう。
なお、ブラックバス用の小型スピニングリールでOKです。

「道糸」

ポカン釣りは、糸の太さが太くてもあまり関係のない釣りなので、大物がかかっても安心してやり取りできるようPEなら5号ナイロンやフロロなら6号くらいのものがおすすめ。

「針」

針はシングルフックであれば何でもOKですが、あまりに小さくてすぐに曲がりそうなものはおすすめできません。
基準としては丸セイゴの13~15号くらいです。

「フィッシュグリップ」

ナマズの体はヌメヌメして非常に持ちづらいです。
持っているときに滑って落として地面にたたきつけられたりしないように、キャッチ&リリース前提であればフィッシュグリップで掴んで確実にキャッチし、リリースしてあげましょう。

「プライヤー」

ポカン釣りではエサのカエルを丸のみしてしまう為、針がナマズの口の奥に刺さることが多いです。
そんな時はプライヤーを使って針を外します。
また、針外し以外にも糸を切ったりするのにも使えますので、バッグに一つは入れておきたい道具です。

「偏光グラス」

ポカン釣りに限らず、日中の釣りでは、目の保護と水中が良く見えるようになるという理由から偏光グラスを着用するようにしましょう。
特に見えナマズを探す際、偏光グラスは必需品です。

『ポカン釣り』のエサ

「エサは現地調達のカエル」

f:id:keeemura:20200720202919j:image
ポカン釣りのエサは活きたカエルです。
しかし、活きたカエルは釣具店には売っていませんし、ペットショップに売っているカエルは高いし…という事でエサのカエルは釣り場にて現地調達しましょう。
川のほとりや野池には少なからずカエルが生息していると思います。
カエルの種類は何でもOKですが、皮膚に毒があるというヒキガエルなどは避けて、アマガエルやトノサマガエル・ツチガエルを使うようにしましょう。

「カエルを獲る」

f:id:keeemura:20200720202928j:image
カエルの捕まえ方については小さな網があれば超簡単に捕まえられます。
今では100均でも虫取り用の網が売っていますのでそういったものを用意すれば容易に捕まえられます。

Advertisement

『ポカン釣り』で狙うべきポイント

「岸際」

f:id:keeemura:20200720203339j:image
落ちてくるエサを待ち構えているナマズが岸を見ながら待っています。
その為、岸にべったり近づくのではなく、少し離れてエサを投入してみましょう。
岸を向いてじっとしているナマズを見つけたらチャンスです。

「流れ込み」

f:id:keeemura:20200720203404j:image
流れ込みは流れてくるエサを待つナマズが多く定位する超一級ポイント。
特に雨が降った翌日の流れ込みは高確率で食い気満々ナマズが着いていますので超チャンスポイントです。

「冠水植物周り」

f:id:keeemura:20200720203436j:image
アシなどの水生植物が生い茂るような場所はナマズにとって格好の隠れ場所。
冠水植物に直接打ち込むのもありですが、その周辺もしっかりとチェックしましょう。

「オーバーハング下」

f:id:keeemura:20200720203500j:image
木や草が水面に大きくせり出して日陰を作っている場所は、ナマズが着く一級のポイント。
水深が浅くてもナマズが居ることがあるので、エサを投入できそうなオーバーハングがあれば必ずチェックしてみましょう。

Advertisement

『ポカン釣り』での基本的な狙い方

EPSON MFP image

カエルは自然に泳がせるだけでも良いですが、竿を操作して強めのアピールをした方が良い場合もあるので、どちらも使い分けてナマズにアピールし、口を使わせましょう。
なお、エサを投入する際はあまりにも勢いよくやりすぎると近くにいるナマズが驚いて逃げてしまう事があるので、あたかも岸からカエルがスルンと落ちてしまったように自然に投入する事が大切です。
なお、こちらから見えているナマズを狙う場合は、そのナマズのすぐ近くにカエルを投入するのではなく、少し遠めに投入し、泳がせて近くに寄せるか、竿の操作で自然に寄せるようにしましょう。

Advertisement

『ポカン釣り』の極意

「歩いて釣る」

f:id:keeemura:20200720203026j:image
ポカン釣りはエサ釣りですが、その場でじっと待っていても釣果は期待できません。
自分で歩いてナマズが潜んでいそうなポイントをどんどん攻めていってやっと釣果が期待できます。
一つのポイント、一つのエリアでとどまらず、とにかく多くのポイントに仕掛けを落としていきましょう。

『ポカン釣り』はルアーフィッシングに役立つ

f:id:keeemura:20200720203308p:image
ポカン釣りは活きたカエルを使うエサ釣りですが、ルアーフィッシングにとても役に立ちます。
なぜ役に立つかというと、魚がどのように獲物を狙って、どのように捕食するかを間近で見れるからです。
魚がどこから出てきて、どんなタイミングで、どのようにエサを口に入れるかを見るだけで、自分のルアーをどのコースでどんなアクションで通せば良いかという事が見えてきます。
ポカン釣りをする際は、単なるエサ釣りという事では無く、ルアーフィッシングのヒントがある釣りという見方でやってみると更に面白いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。