ライトエギングゲーム『ヒイカを効率よく釣る基本とコツ』をご紹介

魚の種類別釣り方紹介

エギングと言えばアオリイカが思い浮かびますが、近年はヒイカという小型のイカをターゲットにしたライトエギングも人気です。

今回は、手軽な場所で楽しめるヒイカを狙ったライトエギングゲームをご紹介します。

この記事を書いた人

6歳で釣りを始めて釣り歴は25年。
怪魚から小魚まで、多くの魚釣りを経験してきました。
日本全国で釣りを楽しんでおり、結婚後は妻を釣りの世界へ引き込み中!
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリ旦那をフォローする

気軽に楽しめるライトエギングとは?

f:id:keeemura:20200521214727j:image


ヒイカは北海道南部から九州まで、分布しているツツイカの仲間で、大きくても10センチほどの小型のイカです。

このヒイカを小型のエギで狙うのがライトエギングゲーム。

身近な場所で短時間でも楽しめるライトエギングは、初心者やファミリーでも楽しめるため、人気が上がっている釣りです。

ライトエギングでヒイカ釣りが楽しめるシーズン

f:id:keeemura:20200521214854p:image

ヒイカを狙うライトエギングのシーズンは、秋から冬。

地域差もありますが、10~1月くらいをピークに数釣りが楽しめます。

なお、大型を狙うなら産卵期である春がおすすめですが、数は少なくなるので難易度は高めです。

ライトエギングの主なフィールド

【穏やかな内湾の漁港がメイン】

f:id:keeemura:20200521214959p:image

ヒイカは、穏やかな内湾を好むイカで、その一生を同じ湾内で過ごすと言われています。

2月頃の厳冬期や水温が急上昇する夏は湾内の深場でじっとして、産卵期の春や行動しやすい秋から冬の時期に接岸してきます。

このことから、ヒイカは穏やかな湾内の漁港などが一番のポイントとなります。

ライトエギングでヒイカを釣るタックル

EPSON MFP image

ライトエギングは、1~2号の小さなエギを扱うため、アジングやメバリング用タックルがおすすめ。

私たちは、アジングタックルでライトエギングを楽しんでいます。

【ロッド】

7フィートから8フィート前後で穂先の柔らかいアジングロッドやメバリングロッドがおすすめ。

『ソアレBB74L-S』

ソアレBBシリーズはアジングの入門用ロッドでありながら、軽くて感度も良く、扱いやすいロッド。

また、ライトエギング用にもぴったりで、12gまでのルアーをキャストできるので、小さなエギもストレスなくキャストできます。

穂先もソリッドティップで柔らかいため、ヒイカのアタリを乗せやすいです。

【リール】

リールはアジング・メバリングで使用の1000~2000番サイズがおすすめ。

『ストラディック2000S』

ストラディックシリーズは、中価格帯ながら軽さや巻き心地などは、上位機種に劣らない性能で、コストパフォーマンスに優れたリール。

アジング・メバリング・ライトエギング・ブラックバス・チョイ投げなど、汎用性が高く使いやすいので1台あれば色んな釣りに使えます。

【ライン】

メインラインは、アタリの感度も良く、飛距離も出やすいPEラインを使うのがおすすめ。

太さは0.3号から0.6号くらいでOK。

なお、リーダーはフロロカーボン素材を必ずつけましょう。

【フィッシングポーチ】

ポイントを歩き回るライトエギングは、フィッシングポーチを持っていると便利です。

エギやハサミ、釣れたイカを入れる袋など、フィッシングポーチに入れておけば両手はフリーとなり、ライトエギングに集中できます。

ライトエギングでヒイカを釣るエギ

【1号から2号のエギが基本】

f:id:keeemura:20200521215609j:image

ヒイカを狙うライトエギングでは、大きくても2.5号までの小さなエギを使います。

3号以上になるとヒイカより大きくなるので、なかなか抱き着いてきません。

【エギは数種類を用意する】

状況に応じてエギを選べるように、数種類のサイズやカラーを用意するのがおすすめです

・ 食い渋る状況であれば、小さくてナチュラルなカラーのエギ

・イカの活性が高く、表層に浮いているから沈むのが遅いエギ

・イカの活性が低いから、素早く底まで到達する沈むのが早いエギ

  etc

おすすめのエギはこちら!

ライトエギングでヒイカを釣るコツ

【ヒイカのいるタナを正確に取る】

EPSON MFP image

ヒイカが釣れている同じポイントでも、その中で釣果に差が出ます。

釣果の差の理由は『ヒイカがいるタナをわかっているか』です。

ヒイカは日中、底に居ますが、夜になると、表層から底までの大きな範囲を泳ぎます。

その為、早く正確にヒイカの泳ぐタナを見つけた人が多く釣れるのです。

ヒイカは群れで遊泳しているので、1杯釣れたら、それをヒントに探っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました