ライトエギングゲーム『ヒイカを効率よく釣る基本とコツ』をご紹介

ライトエギングゲーム『ヒイカを効率よく釣る基本とコツ』をご紹介

エギングと聞くとアオリイカというターゲットを真っ先に思い浮かべると思いますが、近年ではヒイカと呼ばれる小型のイカをターゲットにしたライトエギングも人気が出てきています。
今回は、手軽な場所で楽しめるヒイカゲームをご紹介いたします。

気軽に楽しめるライトエギングとは?

f:id:keeemura:20200521214727j:image
今回ご紹介するライトエギングのターゲットはヒイカです。
ヒイカは北海道南部から九州にわたり日本では数多く分布しているツツイカの仲間であり、胴長は大きくても10センチ程度の小型のイカです。
このヒイカを小型の餌木で狙うのがライトエギングゲーム。
アオリイカ狙いのエギングをもっと手軽にしたものと想像すればわかりやすいです。
身近な場所で短時間でも楽しめるライトエギングは近年でもグングンと人気が上がっている釣りです。

Advertisement

ライトエギングでヒイカ釣りが楽しめるシーズン

f:id:keeemura:20200521214854p:image
ヒイカがライトエギングで釣れるピークは秋から冬です。
地域差もありますが、10~1月くらいをピークに数釣りが楽しめます。
大型サイズを狙うなら産卵期である春から初夏がおすすめですが、数は多くないのでピークに比べて難易度は高め。

ライトエギングの主なフィールド

【穏やかな内湾の漁港がメイン】

f:id:keeemura:20200521214959p:image
ヒイカは穏やかな内湾を好むイカであり、その一生を同じ湾内で過ごすと考えられております。
2月頃の厳冬期や水温が急上昇する真夏の時期は湾内の深場でじっとしており、産卵期の春や行動しやすい秋から冬の時期に接岸してきます。
このことから、ヒイカは穏やかな湾内の漁港などが一番のポイントとなります。
漁港内でも狙うべきポイントは、流れが直接聞いている場所よりも流れの緩やかな漁港奥やワンドです。
しかし、淀んでいるいるような場所ではなく、流れが利いている場所の近くにある溜まりなどを狙いましょう。

Advertisement

ライトエギングでヒイカを釣るタックル

EPSON MFP image

ライトエギングではアオリイカ用のエギングタックルをそのまま流用することは可能ですが、ライトエギングの小さなエギは投げにくい上、ヒイカに対してオーバーパワーになってしまいます。
そのため、ここでは、他の釣りでも流用できてライトエギングもしっかり楽しめるアジング用タックルをご紹介。
私たちもアジングタックルでヒイカを狙ったライトエギングをしますが、アタリもしっかりと取ることが出来て、何不自由なく楽しめるのでおすすめです。

【ロッド】

7フィートから8フィート前後で穂先の柔らかいアジングロッドやメバリングロッドがおすすめ。

『ソアレBB74L-S』
このソアレBBシリーズはアジングの入門用ロッドでありながら、感度や軽さなどはかなり良く、非常に扱いやすいロッドです。
また、74L-Sはライトエギング用でもぴったりで、12gまでのルアーをキャスト可能ですので、ヒイカ用の小さな餌木も問題なくキャストできます。
穂先もソリッドティップでアタリがあってもはじきにくく、ヒイカを乗せやすいです。

【リール】

リールはアジング・メバリングで使用のの2000番サイズがおすすめ。

『ストラディック2000S』
このストラディックシリーズは、中価格帯でありながら軽さや巻き心地などは上位機種に迫る勢いであり、大きなこだわりなどが無ければこれで十分というコストパフォーマンスに優れたリールです。
アジング・メバリング・ライトエギング・ブラックバスやチョイ投げ等、汎用性が高く使いやすいのも非常にうれしい一台です。

【ライン】

メインラインは、アタリの感度も良く、飛距離も出やすいPEラインを使うのが一般的。
太さは0.3号から0.6号くらいでOK。

なお、リーダーはフロロカーボン素材のものを50センチほど必ずつけましょう。

【フィッシングポーチ】

色んなポイントを歩き回るライトエギングでは、フィッシングポーチがかなり便利です。
エギやハサミ、釣れたイカを入れる袋などをフィッシングポーチに入れておけば両手はフリーとなり、ライトエギングに集中できます。

ライトエギングでヒイカを釣るエギ

ヒイカを釣るエギはアオリイカと一緒のエギで良いの?
という質問をよく見ますが、ヒイカにはヒイカ用サイズのエギを使うのが一般的。
では、どんなエギを揃えれば良いか見ていきましょう。

【1号から2.5号くらいのエギが基本】

f:id:keeemura:20200521215609j:image
ヒイカを狙うライトエギングでは、ヒイカが小型のイカの為、大きくても2.5号までの小さなエギを使います。
そして、その小さなエギのなかでも早く沈むエギを選択することが、ライトエギングでヒイカを狙うエギを選ぶ最重要ポイントです。
アオリイカをメインターゲットとして作られたエギは、エギのフォール中に抱かせやすくするため、ゆっくり沈むように作られたエギもありますが、常に回遊し続けて、泳ぐ能力の高いヒイカにはゆっくり沈むエギは効果的ではありません。
その為、各メーカーからも販売されている小型ツツイカ系専用のエギを使う事をおすすめします。

おすすめのエギはこちら!

【エギは様々なタイプを用意すると良し】

エギのサイズやカラーの異なる様々なタイプを用意すると状況に応じて使い分けが出来る為、さらに釣果アップが望めます。
食い渋るシビアな状況であれば、より小さくてナチュラルなカラーのエギ、イカが表層に浮いているから沈むのが早いエギなど、様々なタイプのエギを用意したいところです。

Advertisement

ライトエギングでヒイカを釣るコツ

【ヒイカのいるタナを正確に取る】

EPSON MFP image

ヒイカが釣れだすと同じ漁港に何人ものヒイカアングラーが集いますが、その集ったアングラーの中でも釣果に差が出ます。
その釣果の差が出る理由は『ヒイカのいるタナを正確に理解しているか』です。
ヒイカは日中、ほとんど底に居ますが、夜になるにつれ、表層からそこまでを泳ぎ始めます。
この、表層から底のどこを泳いでいるかはその日によって大きく違うので、より早く正確にヒイカの泳ぐタナを見つけた人が多く釣れるのです。
ヒイカは群れで遊泳しているので、1杯釣れたらその釣れたタナをヒントに探っていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。