初心者におすすめ!釣りの仕掛けを簡単&素早く収納する方法をご紹介!

釣りのいろいろ
スポンサーリンク

釣りの仕掛けって、買った時のパッケージから出すのは簡単ですが、それを元通りに仕舞おうとするとかなり苦戦します。

というか、私は戻せた試がありません…(笑)

仕掛けはまた使いたいのに、どうすれば良いのか…という人必見!

今回は、釣りの仕掛けを簡単&素早く収納する方法をご紹介します。

【釣りに使う仕掛けって片づけるのが面倒…】

f:id:keeemura:20210105231041j:image

釣りに使う仕掛け。

買ったときは、しっかりと厚紙などに仕舞われていますよね。

使う時は、仕掛けの端っこを持てばスーッと簡単に取れます。

でも、使い終わったあと、元仕舞われていた状態に戻そうとしても、かなり難しくて、最終的には、タックルボックスにぐちゃっと入れたり、もはや捨ててしまったりするのがオチです。(笑)

仕掛けって安いものではないのに、こんなに保管が面倒なら新しいものを買えばいいやーってなってしまいます。

【仕掛けを再利用で節約できる!】

f:id:keeemura:20210105231009j:image

仕掛けがうまく仕舞えず、結局捨ててしまったり、タックルボックスなどに入れたのはいいものの、次使う時には絡まってしまい、結局使い物にならなくなっていた。

なんてことはよくある話です。

でも、仕掛けを上手に収納し、再利用できれば、何度も同じ仕掛けを買う必要はありません。

仕掛けを買うコストも、買いに行く手間も省けます。

【仕掛けを上手に仕舞うことでケガも防げる】

f:id:keeemura:20210105231021j:image

また、仕掛けをうまく仕舞えるメリットは他にもあります。

それがケガ防止です。

仕掛けがうまく仕舞えず、タックルボックスなどにぐちゃっと入れて、次取り出そうとするときに、針が手に刺さってしまった。という痛い話を耳にすることも珍しくありません。

仕掛けをしっかりと仕舞えれば、そんな怪我のリスクも全く心配することありません。

【釣りの仕掛けを簡単&素早く収納する方法】

では、どのようにして仕掛けを仕舞えば、簡単で楽にできるのでしょうか。

その方法は2つあります。

「発泡スチロールを使う方法」

まずは、発泡スチロールを使う方法です。

用意するものは、スーパーで肉や魚が入っている様なパックでOK。

f:id:keeemura:20210105231058j:image

このパックをだいたい直径3センチくらいの円に切ります。

綺麗な丸である必要はありません(笑)

f:id:keeemura:20210105231126j:image

次に、4か所切れ込みをいれれば完成。

f:id:keeemura:20210105231157j:image

実際に仕掛けを収納していきます。

まずは、仕掛けの端っこにあるサルカン等を仕掛けの切れ込みに挟みます。

次に、仕掛けの糸を切った4つの羽に波々で巻いていきます。

f:id:keeemura:20210105230825j:image

巻いていくと、途中に針が出てくるので、その針はパックに刺してしまいます。

これで、手に刺さる心配はありません。

f:id:keeemura:20210105230753j:image

そして、そのままもう片方のサルカンまで巻いていけば、収納完了。

f:id:keeemura:20210105230737j:image

非常に簡単です。

そして、このパックを使った収納の凄い所は、このまま水洗いが出来る点です。

仕掛けも洗わないと錆びることがあるので、非常に便利な点ですね。

「段ボールを使う方法」

もし、発泡スチロールのパックが無ければ、段ボールでも代用可能です。

f:id:keeemura:20210105230720j:image

同じように丸く切って、4つの切込みを入れます。

f:id:keeemura:20210105230704j:image

そして、あとは発泡スチロールの時と同様に巻き付けていくだけです。

f:id:keeemura:20210105230651j:image

段ボールなので、そのまま水洗いはできませんが、コンパクトで素早く収納することができました。

【仕掛けがうまく仕舞えれば、次の釣りに繋がる!】

f:id:keeemura:20210105230634j:image

釣りが終わったあと、仕掛けがうまく仕舞えれば、この仕掛けを使ってまた釣りに行こう!と思えますし、何よりも道具を大事ににする習慣が身について、次の釣りに必ずつながります。

もし、仕掛けの収納でお困りであれば、是非試してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

釣りのいろいろ
スポンサーリンク
この記事を書いた人

小学生の時から大人になるまで趣味はずっと釣り。怪魚から小魚まで魚釣りであれば何でもします。日本全国で釣りをしており、今では妻を釣りの世界へどっぷり浸からせ中。(笑)
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリブログ
タイトルとURLをコピーしました