釣り人の車が狙われる!【車上荒らし】経験談から学ぶ対策とは?

釣り人の車が狙われる!【車上荒らし】経験談から学ぶ対策とは?

突然ですが、筆者の私は、この記事を書いた2日前に、車上荒らしに遭い、合計約12万円分の釣り道具が盗まれてしまいました。

今回は、私と同じ目に合う人が出来るだけ少なくなるように、実際に車上荒らしに遭った経験談から効果的な対策や防犯グッズをご紹介します。
自分の車は大丈夫…私もそう思っていましたが、ショックな日は突然やってきます。

しっかりと対策をしていれば被害に遭う確率をグッと下げることができますので、是非ご覧ください。

「車上荒らしなんて他人事」その考えが危険です。

f:id:keeemura:20200914143854p:image

まず、車上荒らしと聞いて、自分の車も危ないかも!と危機感を抱く人は意外と少ないでしょう。

実際、私も「車上荒らしなんて他人事」と全く気にしていませんでした。
その考えが大事な釣り具を失う事になるなんて思ってもなかったです。

【車上荒らしの発生件数は年間約5.5万件以上】

警察庁の平成31年の犯罪統計資料によると、車上荒らしの被害件数は1年間で約5,5000件。

なんと1か月に約4500件以上も発生しているのです。

現在、車上荒らしの件数は、ピーク時に比べて減ってきてはいるものの、これだけの件数が発生しています。

このことから、「車上荒らしなんて他人事」ではないのです。

そして、この車上荒らしに狙われやすいのが、釣り人の車なんです。
では、何故釣り人の車が狙われやすいのでしょうか。

Advertisement

「車上荒らし」釣り人の車が狙われる理由

f:id:keeemura:20200914143955p:image

ここでは、釣り人の車が車上荒らしに狙われる理由を、私が被害届を出した際の警察官の一言と共に見ていきましょう。

※なお、❝警察官の一言❞はあくまでも私が被害届を出す際に対応してくれたいち警察官の言葉です。

「車上荒らし」釣り人の車が狙われる理由①

【釣り道具を車内に置きっぱなしにする】

一番の原因は、【釣り道具を車内に置きっぱなしにする】です。

これは、釣り場でも釣りから帰った後の自宅の駐車場でも言える事ですが、まず、釣り場では使う道具だけをフィールドに持って行き、予備などは車に置いていくことが多いと思います。

また、自宅駐車場でも、『どうせ数日後にも釣りに行くから車に積みっぱなしでいいだろう』と釣り道具をそのままにしている人も多くいると思いますが、それは「車上荒らし」からみると絶好のカモです。

車に釣具という金目のものがあるという事が釣り人の車が狙われる一番の理由です。

❝警察官の一言

「車上荒らしは、常日頃どの車に金目のものがあるか、何曜日であれば何が乗っている、車の止まっている時間帯は〇時から〇時等と、狙いやすい車と時間帯などを物色してますよ。竿を車にずっと積みっぱなしにしてたらそりゃ狙われますよ~」

「車上荒らし」釣り人の車が狙われる理由②

【釣り具は高価で売れる】

釣具って高いですよね?

リールも高い物では1つで15万円以上したり、竿もアユ竿なんて40万円もするものもあります。

ルアーでも1つ1万円以上するものもあったり、釣り具にこだわればこだわるほど高い物になってしまいます。

たかが釣具なんてと思う人もいるかもしれませんが、車上荒らしからすれば「金目の物」である事は間違いありません。

そんな釣具をたくさん持っている釣り人の車は狙われてしまいます。

警察官の一言❞

「釣具って意外と高いですよね。車上荒らしは何が高く売れて、どれを盗めば効率よく金を作れるかを知っています。釣り人は高価で売れる竿やリールをいっぱい積んでるので、車上荒らしからすれば釣り人の車は宝箱みたいなもんですよ」

「車上荒らし」釣り人の車が狙われる理由③

【釣り具は足がつきにくい】

釣具には、個体識別番号やシリアルナンバーはありません。

大手メーカーの高価な電動リールであっても、40万円もするアユ竿であっても、それがこの人の物であるという事を証明する番号はないのです。

その為、車上荒らしをして盗った釣具をすぐに中古釣り具店やリサイクルショップに売ってしまえば、もはや証拠隠滅と一緒のような物なのです。

例えば車やバイクは個体識別番号があるので、どこで誰がこの車体を売って、買って、という足取りが掴めますが、釣り具は足を掴むものがないので、非常に売って現金化しやすいのです。

車上荒らしから釣り具が狙われる理由はそのようなところにも隠れています。

❝警察官の一言❞

「釣り具・ゴルフクラブ・電動工具って車上荒らしから人気なんですよ。なんでかわかります?…答えは、売ればそこで終わりだから。個体識別番号が無い物ってその個体が盗まれたものだっていう証拠を取る事がほぼできないから、犯人があの車から取ったって自供しない限り特定できないんですよ。だから車上荒らしに狙われやすいんです。」

「車上荒らし」釣り人の車が狙われる理由④

【釣り人の車はわかりやすい】

車上荒らしもどの車を狙えば良いかと物色している中で、この車はこんな物が乗っている…あの車はこんな物が乗っている等といきなり判断できないので、いろんな車を見て回ります。

でも、釣り人の車ってわかりやすい指標が一つあります。

それはステッカーです。
道を走っていても例えば「GAMAKATSU」「SHIMANO」「DAIWA」など主要釣りメーカーのステッカーを貼った車を見かけます。

いわばこれは「私は釣りしてますよー」「釣り道具持ってますよー」と周囲に知らせているのと一緒です。

車上荒らしからすれば目星がつけやすくなるため、狙われやすくなります。

駐車場に止めてある車にそんなステッカーが貼ってあれば嫌でも目に入ってしまいますよね。

❝警察官の一言❞

「釣り人の車ってわかりやすいんですよ。何故かと言うと釣り人の場合、ステッカーが貼ってあったり、車をちょっとのぞけば長い竿が見えますよね。じっくり車内を見る必要が省けるので、車上荒らしからすれば狙う車を特定しやすいんですよね。」

「車上荒らし」釣り人の車が狙われる理由⑤

【釣り場は人の気配が少ない】

車上荒らしに狙われる理由は、釣り人の行動にもあります。

釣り人は、魚がいっぱい釣れる場所・スレてない魚を探す・大物を求めて等、魚が釣れれば行先を選びません。

むしろ人の気配が少ない海辺や川沿い・池やダムなどに行くことが多々あります。

人の気配が少ないという事は、「車上荒らしも仕事がしやすい」という事になります。

❝警察官の一言❞

「自宅の駐車場でも注意が必要ですが、釣り場でも気を付けてくださいね。夜の海や川って人が少ないので、車を停めて釣りに出たら車は無防備です。窓ガラスを割るのに多少の音が出ても誰もいないので乱暴にも出来ますしね。あと、釣り人って釣りに出たら何時間も戻ってこないでしょ?そういう無防備な車を狙って回っている奴らもいますよ。」

Advertisement

「車上荒らし」から釣り具を守る4つの対策方法

f:id:keeemura:20200914144319j:image
釣り人の車が「車上荒らし」に狙われる主な理由はわかったと思いますが、では、車上荒らしからどんな手段で大事な釣り具を守れば良いでしょうか。
ここでは、車上荒らしから釣り具を守る対策方法をご紹介します。

車上荒らし対策方法①

【車内に物を釣具を置きっぱなしにしない】

これは基本中の基本です。
釣りをして疲れて家に帰ってきて、「今日はしんどいから明日家に持って入ろう」「どうせ、また行くしそのままでも良いだろう」と車内に置きっぱなしにすると、車上荒らしの標的となります。
どんな時でも車に釣り具を置きっぱなしにせず、家に持ち入るということを心がけましょう。

車上荒らし対策方法②

【ガラスに防犯シートを貼る】

家に持って入れない状況や、釣り場で予備を置いておく際など、どうしても車内に釣具を置きっぱなしにしないといけない事があります。

そんな時は、出来るだけ取られないように、する必要がありますが、一番簡易的でお金のかからない方法が「ガラスに防犯シートを貼る」です。

ガラスが簡単に割れるのを防いでくれて犯人が車内に手を入れれないようにする方法。

車上荒らしは、窓の突破に3~5分くらいかかってしまうと諦めるという事も言われています。

ガラスを割れないようにして時間を掛けさせて、諦めさせるという対策です。
防犯度合いは少し物足りない気もしますが、何もしないよりはましでしょう。

車上荒らし対策方法③

【防犯アラーム】

次の対策は防犯アラームです。
防犯アラームにも、「光で周りに知らせる&犯人を威嚇」「音と光で周りに知らせる&犯人を威嚇」などと種類が多くあります。

高機能なものになれば7.8万円するようなものもありますが、正直、防犯アラームに7.8万円はなかなか手が出ません。

1万円前後くらいで、「車上荒らしの衝撃やカギの開錠」などを感知して「大きな音と光で周りに知らせる&犯人を威嚇」出来る防犯アラームは無いかと探していたら、良いものを見つけました。

「揺れ・角度の変化・鍵の開錠・エンジンのON・OFF」に反応して大きな音と光を発します。

また、純正キーと連動して、純正キーでドアをロックすればセキュリティ開始、純正キーでドアをアンロックすればセキュリティ解除という便利さ。
まずは、このような防犯アラームがおすすめではないかと思います。

車上荒らし対策方法④

【監視カメラ】

対策4つ目は監視カメラの取り付けです。

他の3点より大掛かりになりますが、駐車場に防犯カメラをつければ抑止&万が一の時に確認が出来ますし、車内に24時間監視カメラを取り付ければ、どこでも撮影可能です。

お金に余裕があれば実施したい非常に効果の高い防犯となります。

Advertisement

実際に車上荒らしにあった体験談

最後に、実際に被害にあった私の体験談をお話しします。
少しでも車上荒らしに対して危機感を持ってもらえれば幸いです。

『車上荒らしは突然に…』

その日は突然やってきました。
朝、仕事に行く準備をしていると、家のインターホンが鳴ったので出てみると、画面には警察官が立っている。
「朝7時に警察官?何事だろう…」と思い、出てみると
警察官「あなたは、ナンバー〇〇〇〇の車種〇〇の持ち主の〇〇さんで間違いないですか?」
私「は、はい…そうですが…どうされました?」
警察官「窓が割れている車があると通報があり、調べるとあなたの車でした。」
私「えーーーーーーーーーっ!?」
警察官「確認頂けますか?」
私「すぐ行きます。」

という事で、警察官と一緒に駐車場へ

※ちなみに住居は賃貸のアパートで、駐車場はアパートの前に他の入居者さんと並べて車を駐車するよくあるパターンです。

『車上荒らし現場をみて愕然』

駐車場に行き、自分の車を見て愕然としました。
ガラスが割られ、そのガラスが周りに散乱し、積んであったタックルが一つ残らず無くなっていました。

f:id:keeemura:20200914144421j:image

もうガラスをバリバリにやられてしまいました。 

『完全にリールとロッドを狙われていた』

f:id:keeemura:20200914144613j:image

そして、少し冷静になり、その状況を見てみると、ロッドホルダーに手が届きやすい位置のガラスを割り、そこから手の届く限りロッドホルダーからタックルを取って、窓から引き抜かれていました。

タックル以外に金になりそうな物は車内には置いていなかったので、その他は何も取られていませんでした。
私がよく使うタックルは、車内に置きっぱなしにしていたので、ずっと目を付けられていていたのでしょう。

『車上荒らしの被害総額は15万円』

盗られたタックルは合計3セット、割れたガラス代3万円を含めると被害額は約15万円になります。

そのタックルの中には、嫁から誕生日プレゼントで貰った竿や、発売したてのロッド・貯金してやっとの思いで買い、いろんな思い出を作ってくれた4万円のリールなど、財布にも心にもかなり痛い物でした。

『車上荒らし後は誰も頼りになりません』

車上荒らしにあったあとは、警察と現場で被害状況を確認したら、近くの交番へ行き、盗難の被害届を出しますが、正直、警察も全く頼りになりません。

※警察官の方がいたらすいません。理由は下にかきます。

何故かというと、「犯人が捕まることはほぼない」「盗まれたものが帰ってくることはない」と言われたからです。

もはや初めから見つける気はないような口ぶり、被害届も「とりあえず出しときましょうか~」くらいの感覚。

過去に車上荒らしにあった事がある人からも「警察は動いてくれないよ」と聞いていましたが、実際にそんな感じでした。

車上荒らしに遭ったからといって誰も助けてはくれませんし、正直、泣き寝入りするしかない状態になります。

『車上荒らしは他人事ではなかったと初めて実感』

被害届を出し終わり、誰も頼りにできないと思いながら、交番を出て、ガラスの割れた車に乗り込んだ時、初めて『車上荒らしは他人事ではなかったんだ』と実感しました。

私は、この被害に遭うまで、『車上荒らしなんて他人事』『俺の車に限ってありえない』と思っていました。

しかし、今ではその自分を怒鳴りつけてやりたいくらいです。

車上荒らしは突然やって来て、車内から全てを奪い、そして残るのはやりきれない怒りと虚しさだけです。

Advertisement

大事な釣り道具を「車上荒らし」から守る為に

f:id:keeemura:20200914144800j:image

釣り人にとって釣り道具はかけがえのない大切な物です。
そんな大事な釣り道具は金目の物であるという意識のもと、車上荒らしに遭わないように常日頃気を付けることが大事です。
私と同じ目に合う人が少なくなることを願います。

Advertisement

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。