【堤防からウキで狙うカマス釣り】日中でも釣果が望めるカマスのウキ釣りの方法・タックルなどをご紹介

魚の種類別釣り方紹介
スポンサーリンク

ルアーや投げサビキ釣りなど、疑似餌で狙うのが一般的となっているカマスですが、ウキの動きで水中の様子をイメージし、ウキが沈んでアワセが決まった時の気持ち良さはウキ釣りならではの醍醐味です。

今回はそんな日中でも釣果が望めるカマスのウキ釣りの方法・タックルなどをご紹介します。

ウキ釣りで狙えるカマスとは?

f:id:keeemura:20210707190752j:image

カマスは全長20~40センチほどの長細い魚で、魚食生がかなり高いのが特徴です。

鋭い歯を持っており、小魚をガシッと捕まえてエサにします。

日本の沿岸部で釣れるカマスは主に2種類おり、背中が赤っぽいのがアカカマス、背中が青っぽいのがヤマトカマスです。

カマスのウキ釣りは釣れ続く時間が長い

f:id:keeemura:20210707191514j:image

カマスは魚食性の強い魚である為、サビキ釣りやルアー釣り等が人気ですが、疑似餌を使った釣りより、ウキで狙った方が長い間釣れ続くという特徴があります。

ウキ釣りはルアー釣りに比べて魚がスレにくく、終日安定した食いが期待できます。

カマスのウキ釣りは日中でも釣れる

f:id:keeemura:20210707190953j:image

カマスは夕まづめや夜のターゲットと思われがちですが、水深があり、外洋に面した堤防であれば日中でも岸から届く範囲を回遊しています。

ウキ釣りは腰を据えて、深い棚をじっくりと攻めれるので日中でも釣果を得る事が出来ます。

カマスのウキ釣りを楽しめるフィールド

【堤防】

f:id:keeemura:20210707191107j:image

日中にカマスを狙う場合は、潮通しが良く、ミオ筋など水深があるポイントが必須。

夜になれば、水深や潮通しより常夜灯が点いて明暗があるポイントを探すのが良いです。

昼と夜でポイントをしっかりと狙い分けるのが釣果のカギです。

カマスをウキ釣りで狙うポイント

f:id:keeemura:20210709185240j:plain

カマスのポイントは基本的にエサとなるイワシなどの小魚が回遊してくる場所となります。

特に外洋に面する堤防の先端部分は一級のポイント。

その他にも水深があるミオ筋や潮通しの良い沖堤防などは日中の好ポイントです。

夜になれば、常夜灯に集まる小魚を捕食しにくるので水深や潮通しよりも小魚の集まりそうな常夜灯付近を探すのが良いです。

カマスをウキ釣りで狙うタックル

日中、夜ともに使用するタックルは同じです。
ただし、夜は電気ウキを使います。

【ロッド】

ロッドは1.2号~1.5号ほどの磯竿を使います。
長さは4.2mから5.3mと一般的な磯竿の長さでOKです。

【リール】

リールは3号のナイロンラインを100mほど巻けるスピニングリールを使います。
今は安価でも十分なドラグ性能を持ったリールがほとんどなので、カマス釣りにおいて高価なリールを揃える必要はありません。

【ライン】

カマスは大きい物で40センチほどにもなるので、あまりに細いラインだと切られる恐れがあります。
その為、大物にも対応できるように2号~3号のナイロンラインを使うのがおすすめです。

【ウキ】

日中は見やすい棒ウキがおすすめ。
オモリ負荷3号くらいの物でOK。
夜は電池で発行する電気ウキを使用します。
棒ウキ、円錐ウキ、どちらも発行して夜の見やすさは同じなのでどちらでもOK。

【ハリス】

カマスの歯は非常に鋭く、普通のナイロンラインなどでは切られる恐れがあります。
その為、タチウオ用のワイヤーハリスを使うのがおすすめです。

【オモリ】

ウキの浮力調整には、サルカンとオモリが一体となったオモリがおすすめ。
ウキのオモリ負荷より1~2号ほど軽い物をセットするのが基本です。

スポンサーリンク

カマスをウキ釣りで使うエサ

【キビナゴ】

釣具屋さんやスーパーなどで売っているキビナゴを一匹そのまま使います。
目から針を入れる縫い刺しが基本。

【サバの切り身】

こちらも釣り具屋さんやスーパーで売っているサバの切り身を使います。
だいたい1センチほどの幅に切って使うので、大きければ自分で切るようにしましょう。

カマスをウキ釣りで狙う誘い方

f:id:keeemura:20210709185625j:plain

ウキを潮に乗せて流していくだけで十分にカマスは食いついてきますが、食いが悪いときには竿をあおってエサに動きを付けたり、リールで糸を巻いてエサを目立たせたりすることで食いついてくるときもあります。

色んな動きを試してみるのが良いです。

カマスをウキ釣りで狙う時のアドバイス

【タナを探るのが釣果のカギ】

f:id:keeemura:20210707191131j:image

カマスのウキ釣りは、カマスが回遊しているタナを見つければ比較的容易に釣ることができます。

逆に言うと、タナを見つけられなければ思わしくない釣果になります。

その為、タナ調整をこまめにして、カマスがいるタナを早めに見つけていきましょう。

【堤防からウキで狙うカマス釣り】日中でも釣果が望めるカマスのウキ釣りの方法・タックルなどをご紹介まとめ

f:id:keeemura:20210707191353j:image

カマスは食性が強く、ポイントやタナを見つければビギナーの方でも容易に釣る事が出来る魚です。

30センチを超えてくれば引きも強くなり、食べても非常に美味しい魚です。

是非、カマスをウキ釣りで狙ってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

タイトルとURLをコピーしました