釣りのフィールドについて知ろう!「ゴロタ場編」

釣りのいろいろ
EPSON MFP image
スポンサーリンク


海岸を歩いていると、石がゴロゴロと転がっているエリアを見たことがあると思います。
そんなエリアを釣り人は「ゴロタ場」や「ゴロタ浜」などと呼びますが、あんまり釣りのフィールドとして人気の場所ではありませんが、想像以上に魚が生息している場所でもあるんです。
今回は、そんなゴロタ場についてご紹介します。

ゴロタ場とは?

f:id:keeemura:20210203203357j:image

ゴロタ場とは、サッカーボールほどの岩から、原付バイクくらいの岩がごろごろと連なっている場所の事を言います。

一見、足場も悪く、水深も無さそうで、釣り場としての魅力はなさそうに感じますが、実は多くの魚が着いている良いフィールドであり、魚を含む多くの生き物が生息しています。

魚が釣れるゴロタ場を見分ける

「カニやフナ虫の有無」

f:id:keeemura:20210203204129j:image

ゴロタ場でも、魚のエサとなるカニやフナ虫が居なければ魚の魚影は薄いと思って良いです。
逆にフナ虫やカニが多いゴロタ場は魚影が濃いことが期待できます。
結局はエサの多い場所には魚も多くいるという事です。

「ゴロタの密度と複雑さ」

f:id:keeemura:20210203203458j:image

魚が隠れるゴロタが多くて、それがより複雑に絡んでいれば魚も隠れやすいため、集まってきます。
様々な大きさの岩が密度濃く連なっている場所は期待できるゴロタ場です。

「ゴロタ石の色」

EPSON MFP image

ゴロタ石を見ると、色の差があるのに気づくと思いますが、一般的にゴロタ石は、表面が凸凹していて黒い方が良いとされています。
理由は、貝や海藻などが付着していれば石は黒っぽくなり、それらが付着していた方が魚が集まりやすいからです。

ゴロタ場のポイント

「藻場」

EPSON MFP image

ゴロタ場にある藻場は、アイナメやカサゴなどの根魚の格好の隠れ場となっています。
また、メジナやウミタナゴも藻場周辺に群れでいることがあり、アオリイカに関しては、藻場で産卵をします。
藻場は、魚が寄り付く要素を多く備えた絶好のポイントです。

「ゴロタ石のきわ」

f:id:keeemura:20210203203433j:image
ゴロタ石は様々な形をしています。
そんな石の下や際には多くの根魚が隠れてエサを待っています。
ゴロタ場には無数のゴロタ石や岩があると思いますが、そんな石のきわを

「沖に伸びるスリット」

EPSON MFP image

ゴロタ場から沖の深場に伸びるスリットは、魚たちがゴロタ場と沖を行き来する絶好の通路となっています。
潮が満ち引きと一緒に魚たちが回遊しています。

スポンサーリンク

ゴロタ場で釣れる主な魚

『根魚』

f:id:keeemura:20210203203524j:image

ゴロタ場と言えばムラソイやカサゴなど根魚の宝庫です。
根魚は、障害物の影に隠れる魚なので、ゴロタの石回りを入念に探れば釣果があるはずです。

『チヌ』

f:id:keeemura:20210203203601j:image

カニやフナ虫が多く生息するゴロタ場は、チヌの絶好のエサ取り場。
チヌは警戒心の強い魚なので、静かなアプローチが必要です。

『グレ』

f:id:keeemura:20210203203739j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

2mほどの水深があればグレが狙えます。
正直サイズは期待できませんが、いわゆる木っ端グレサイズであれば数釣りが楽しめます。

『シーバス』

f:id:keeemura:20210203203756j:image
ゴロタ場にサラシが出来ていればシーバスなどのフィッシュイーターも狙える釣り場となります。
 

『イカ類』

f:id:keeemura:20210203203830j:image

水深が1m程あればアオリイカなども狙えます。
特に夏前は、こんな浅い場所にもいるの?と驚くくらいです。

ゴロタ場で釣果をあげるには?

f:id:keeemura:20210203204229p:image

『魚へ与える警戒心を少なくする』

ゴロタ場の最大の特徴はその水深の浅さです。
水深が浅い場所にはやる気がある魚が居る反面、人間との距離も近いため、魚に警戒心を与えやすいです。
その為、警戒心を出来るだけ与えないような静かなアプローチが釣果をあげるコツです。

ゴロタ場は穴場の釣り場です。

f:id:keeemura:20210203204318j:image

ゴロタ場は、ファミリーフィッシングにも向いていない上、見向きもしない釣り人もいます。
しかし、そんなゴロタ場には多くの魚が潜んでいるのも事実です。
自分だけの穴場スポットが見つけにゴロタ場に行ってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

釣りのいろいろ
スポンサーリンク
この記事を書いた人

小学生の時から大人になるまで趣味はずっと釣り。怪魚から小魚まで魚釣りであれば何でもします。日本全国で釣りをしており、今では妻を釣りの世界へどっぷり浸からせ中。(笑)
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリブログ
タイトルとURLをコピーしました