釣行レポートvol.17【アジングで嫁が見つけたその日のパターン】極寒の中でアジ連発。

釣行レポート
スポンサーリンク

今回は、冬のアジング釣行レポートです。

釣行日は12月の中旬。

気温は1度とかなり冷えています。

北陸の方はすごい降雪により、高速道路で24時間以上の立ち往生が発生したとニュースにもなっており、全国的に寒波が来た日でした。

そんな極寒の厳しい状況でも、今回は嫁がヒットパターンを見つけて、なんとかアジを連発させることができました。

それでは釣行レポートをご覧ください。

 今回のフィールド【関西南部の漁港】

f:id:keeemura:20201221163511j:image

今回、アジングをしに行ったフィールドは関西地方南部の漁港。

寒波が来ていたので、出来る限り気温が高い場所をと思って南へ下りましたが、かなり寒かったです。(笑)

その漁港自体は、大きな漁港で、魚のストックも必ずあるとわかっている場所でした。

冬の釣りは、精神的にもやられますので、魚がいるかいないかわからない場所よりも、実績が高くて、多少釣れなくてもやる気の出るポイントを選ぶのに限ります。

今回のコンセプト【極寒の中、アジングでアジをゲットする】

今回のコンセプトは、【極寒の中、アジングでアジをゲットする】です。

寒い冬でも熱いアジングがしたい一心でフィールドへ繰り出したので、釣れない厳しい状況であるかもしれないのは承知の上。

その厳しい状況下でも絶対に釣る方法があると信じてアジングをしました。

『寒さ対策をしつつ釣りの準備』

f:id:keeemura:20201221163553j:image

極寒の中、釣りをするため、寒さ対策は何より重要です。

寒いと釣りに集中できませんし最悪の場合、体調を崩すさえあります。

釣りをするには準備をしっかりしていきましょう。

『まずは定番のポイントを狙う』

いざ、釣り開始。

寒さ厳しい日の為、いかにも釣れそうな常夜灯周りや潮通しの良い場所など、アジングの定番ポイントをランガンしていきます。

多くのポイントを見て、その日の状況を素早く知るのも重要です。

『メバルの反応あり』

f:id:keeemura:20201221164008j:image

常夜灯の下にワームを通していると、コン!というアタリが。

上がって来たのは小さなメバル君。

水面にエサとなるプランクトンや小魚はあまり見えませんが、メバルなどのフィッシュイーターは、常夜灯の明かり周りにいる様子。

アジはどうでしょうか…

『アジの反応がない…』

f:id:keeemura:20201221164023j:image

その後も定番のポイントを探って行きますが、アジの反応は無し。

その代わり根魚の反応は結構あり、ガシラはポツポツと釣れました。

でも、アジが釣りたい…

『嫁がとある釣り方でアジヒット!』

f:id:keeemura:20201221164324j:image

アジの反応がなく、苦戦していると、隣でアジングをしていた嫁に魚がヒット!

そして上がって来たのは念願のアジです!

どんなアクションで釣れたのかを聞いてみると

ワームをキャストして、底まで沈めて、ハンドル1回転に2秒掛かるくらいの速さでハンドルを巻いて、10回ほど巻いたら2秒くらい巻くのをやめるという事をしたらコツンとアタリがあった」との事。

どうやら、ゆっくり巻いて、ボトム付近で少しフォールさせて食わせた様子。

そんな話をしていると、また嫁にヒット!

同じアクションで釣れたらしい‥

これはヒットパターン発見か!

『ヒットパターンを見つけてアジ連発。』

f:id:keeemura:20201221164045j:image

嫁の言う通り、「ワームをキャストして、底まで沈めて、ハンドル1回転に2秒掛かるくらいの速さでハンドルを巻いて、10回ほど巻いたら2秒くらい巻くのをやめる」というアクションをすると2投目で私もヒット!

完全にヒットパターンを見つけてしまった。(笑)

そこからは同じパターンでアジ連発。

嫁は「私がパターンを見つけた♪」と超ご機嫌。(笑)

 『寒さを忘れるくらい楽しめた!』

f:id:keeemura:20201221164244j:image

最終的には約2時間ほどの釣行時間にて2人で、25匹以上釣れました。

ヒットパターンを見つけてからは、極寒の中という事を忘れるくらい楽しめた釣行になりました。

スポンサーリンク

【今回の釣行レポート】

『アジはルアーの動かし方一つで連発する。』

f:id:keeemura:20201221164259j:image

アジに限らず言える事ですが、ルアーの動かし方一つで釣果が変わるという事を再認識できた釣行でした。

同じルアーで、同じようなタナを通しているのに、アクション一つで食う・食わないがあるって本当に奥が深いと思います。

今回使用したおすすめアイテム

「エコギア 活アジ」

最近、個人的にはまっているのが「エコギア 活アジシリーズ」です。
匂いが強烈で食い込み抜群。

まずはこれを投げてサーチするという様な感じで使っています。

「アジマスト」

私たちの中で、アジングと言えばアジマストです。

安くて釣れるという釣り人の味方。

名前の通り、アジングにマストなアイテムです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました