【ウタセマダイ釣り】大型マダイを釣るサクッと釣る方法を徹底解説

【ウタセマダイ釣り】大型マダイを釣るサクッと釣る方法を徹底解説

舟から撒かれるエビに寄ってくるマダイの場所推測し、そこに針のついたエビを流して食わせるのがウタセマダイ釣り。

そのウタセマダイ釣りは繊細であり、水中の様子を頭の中でイメージ出来た人にマダイの釣果が訪れます。

今回はそんな 【ウタセマダイ釣り】の釣り方などをご紹介します。

ウタセマダイ釣りは伊勢湾がメッカ

f:id:keeemura:20201006205058j:image
出典:伊勢湾フェリー株式会社

伝統釣法である「ウタセマダイ釣り」は、伊勢湾周辺が発祥の地です。

ウタセエビの確保が必要な為、全国どこでも楽しめるわけではありませんが、ウタセ釣りをさせてくれる遊漁船の情報が必要となります。

ウタセマダイ釣りのシーズン

ウタセマダイ釣りのシーズンは、ウタセエビが捕れる春から秋です。(真夏は除きます。)

春は産卵のため、大型マダイが接岸し、エサを荒食いし、9-12月はマダイだけでなく、ハマチやカンパチなどの青物も釣れるベストシーズンとなります。

ウタセマダイ釣りで狙える主なターゲット

『マダイ』

f:id:keeemura:20201006205138p:image

ウタセマダイ釣りのメインターゲット。

魚の王様とも呼ばれるその姿は美しく、そして味も最高。

特に伊勢湾のマダイは潮にもまれ見た目・味ともに1級品と有名です。 

『ハマチ・ブリ』

f:id:keeemura:20201006205245j:image

ウタセエビを捕食するのはマダイだけではありません。

ハマチやブリも大好物。

とにかく走る引きのスプリンターを掛けた時は非常におもしろいファイトが楽しめます。

『カンパチ』

f:id:keeemura:20201006205302j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

 青物の中でも特に引きが強いとされているのがカンパチです。

伊勢湾のカンパチは脂がのっており、特に美味しいとされています。

ウタセマダイ釣りのシステム

『活きエビがエサ』

f:id:keeemura:20201006211133j:image
出典:イシグロ

撒き餌さ・付けエサともにウタセエビというウタセ漁で獲れたエビを使います。

大量のウタセエビを使うため、船のイケスに入れて釣り場まで移動します。 

『船を定位させる』

 ウタセマダイ釣りは、船長が決めたポイントの潮上に船を定位させて仕掛けを出します。

ポイントの水深は大体30~60mであり、深場なほど大型が釣れる期待が高まります。

『船長が撒き餌を撒く』

ポイント到着し、アンカーをおろして船を定位させたら、船長が もっとも潮上の釣り座に行って、エビを撒きます。

この時、ウタセエビは金属のカゴに入れて約10-15mの位置でカゴを開けて流していきます。

『撒き餌に集まった魚が釣れる』

撒き餌のウタセエビを撒きだしたら、次は仕掛けを投入する。

撒き餌のウタセエビに同調させ、撒き餌を食べて活性があがっている魚に違和感なく仕掛けを食わせることができます。 

ウタセマダイ釣りのタックル

EPSON MFP image

『ロッド』

 ロッドは、3m前後の船竿がおすすめ。

エサをしっかりと食い込ませれるように、硬すぎず粘りのある竿を使います。

『リール』

リールは電動リールがおすすめ。

水深60m以上の場所を狙う事もあるので、効率よく釣りをしていくのであれば電動リールが一番です。

電動リールのサイズは300~600番台がおすすめです。 

『ライン』

道糸はフロロカーボンがおすすめ。

クッション性が高いフロロカーボン を使う事で仕掛けへの負担を減らし、不意に切れることを防げます。

太さは6号前後が一般的です。

『仕掛け』

 仕掛けは図のようにサルカンとエダスをつなぎ合わせて作ります。

オモリは潮の流れと水深によって使い分けが必要なので、5号から60号と出来るだけ広い範囲のウェイトを用意すると便利です。

『バッテリー』

電動リールを使うには電気が必要です。

大型乗合船であれば船に電源がついていますが、すべての船についているわけではありません。

また、船電源はどうしても不安定な時があるので、出来れば自分でリールに合ったバッテリーを用意するのが好ましいです。 

『竿受け』

ウタセマダイ釣りは基本的に手で持って誘う釣りですが、魚を取り込む時や仕掛けをいじる際、エサを付ける際などは竿受けに竿を置く必要があります。

ウタセマダイ釣りの釣り方

『ウタセマダイ釣りの縦の釣り方』

EPSON MFP image

縦の釣りは 、潮が緩い場所や水深があるようなエリアでの誘い方です。

底のタナを狙う時は、オモリを底に付けて、仕掛けを少したるませる誘い方が有効です。

また、たるませの誘いを入れた後、仕掛けをゆっくりと巻き上げる巻き上げ誘いも有効。

魚の活性があがってきたと感じたら落とし込みなども使ってエサを動かして誘いを入れていきます。

『ウタセマダイ釣りの横の釣り方』

EPSON MFP image

横の釣りは潮が速い場所や水深が浅いエリアで使う釣り方です。

潮に流されるか流されないか程度のオモリを使い、オモリが着底したらラインを出して、仕掛けを海中で弧のように張ります。

オモリが潮に流されたら仕掛けもふわっと浮いて誘いに繋がり、浮き上がった後はオモリが着底するという繰り返しで魚を誘います。 

ウタセマダイ釣りのベストタイミング

『夕まずめが最大のチャンス』

f:id:keeemura:20201006211301j:image

 ウタセマダイ釣りをする上で、最大のチャンスは夕まづめです。

マダイや青物などの活性も一時的にあがり、連発もよくあります。

また、夜になっても釣りを続ける船であればライトを照らしながらマダイを釣ることもできます。

ウタセマダイ釣りの面白み

f:id:keeemura:20201006211327j:image

 一見、船長の決めたポイントで船長の撒いたエサに寄ってきた魚を釣るだけの船長任せな釣り方と思われるかもしれませんが、水中のイメージをして、今、撒きエサはどのように海中を漂い、付けエサは同調できているのか、など自分の頭で考えてそれによって自分なりに誘い方を変えてみるなどの探って釣ることが必要となります。

やはりの誘い方やイメージによって釣果も変わってくるので、魚の居場所を探って釣っってやったという瞬間がウタセマダイ釣りの最大の面白みです。

Advertisement

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。