【ヤリイカ・スルメイカのウキ釣り】手軽に美味しいイカが釣れる方法をご紹介

魚の種類別釣り方紹介
EPSON MFP image
スポンサーリンク

ヤリイカやスルメイカというと、船で沖へ出て釣る方法が一般的ですが、フィールドや条件次第では身近な岸からでも十分に狙えます。

今回は、ウキを使った手軽で簡単なヤリイカ・スルメイカのウキ釣りをご紹介します。

ヤリイカやスルメイカって岸から狙えるの?

f:id:keeemura:20210813155222j:image
出典:シマノ

岸からのイカ釣りと言えば、エギングで狙うアオリイカが一般的ですが、ヤリイカやスルメイカを狙ったイカ釣りも根強い人気があります。

特に今回紹介するイカのウキ釣りでは、入手が容易な鶏のササミをエサに、簡単な釣り方で、しかも身近な堤防や磯から狙えるため、多くの人から人気のある釣り方となります。

ヤリイカやスルメイカが岸から釣れる場所と季節と時間

f:id:keeemura:20210813155904j:image
出典:https://www.yamaria.co.jp/yamashita/catch_blog/detail/2060

場所

ヤリイカやスルメイカは船で沖まで出て釣るのが一般的ですが、地域によっては岸からも狙えます。

そのフィールドとしては、神奈川県三浦半島先端周辺や、水深がある西伊豆や駿河湾に面した沼津の堤防、日本海側では北海道から東北、そして富山湾付近から兵庫県と鳥取県の境くらいまで。

季節

季節は、地域や水温によっては多少変化しますが、12月中旬から3月上旬で、ベストシーズンは1月から2月とされています。

時間

時間に関しては、その日によって大きく変わりますが、ゴールデンタイムは日没から2.3時間と言われています。

ただ、場所によっては一晩中アタリが期待出来たりするので近くの釣具店に聞いてみるのがベストです。

ヤリイカやスルメイカが狙えるフィールド

「堤防」

f:id:keeemura:20210813155322j:image

堤防は足場が良いので夜釣りでも危険性が低くなります。

特に深場が隣接した堤防が狙い目。

堤防の先端付近は潮通しも良く、絶好のポイントになります。

「磯」

f:id:keeemura:20210813155410j:image

深場が隣接する磯が狙い目。

特に磯の突き出した先端は潮通しが良く、絶好のポイントになります。

ただ、磯場は足場が悪いため、夜釣りがメインとなるこの釣りでは、昼間に磯の様子を見ておくことをお勧めします。

ヤリイカやスルメイカをウキ釣りで狙うタックルと装備

EPSON MFP image

 「竿」

竿は磯竿を使うのが一般的です。

号数は使い方に応じて変わるので、遠投するなら3号、近くを狙うなら1.5号くらいが目安。

「リール」

リールは道糸が150mほど巻けるスピニングリールを使用します。

イカの引きはそこまで強くありませんし、感度を必要とする釣りではないので、高価なものは必要ありません。

「ライン」

イカのウキ釣りでは比重の軽いナイロンやPEラインを使います。

PEラインのほうが細くて丈夫なので、飛距離を出したい場合はおすすめできますが、ライントラブルも起こしやすいので、ビギナーにはナイロンラインがおすすめ。

「ヘッドライト」

イカのウキ釣りでは夜釣りが基本となるため、ヘッドライトは必需品。

出来るだけ明るく、電池が長持ちするものを選びましょう。

「ライフジャケット」

夜釣りでは足場が見えづらくなるため、堤防であれ磯であれライフジャケットは必要です。

ヤリイカやスルメイカをウキ釣りで狙う仕掛け

 「エサ巻きスッテ」

エサを巻き付ける為のスッテ。

オモリがあるものと無いものがありますが、ウキの調整を自分でしたい人はオモリなしを購入し、ウキとスッテを1セットで使うならオモリありがおすすめ。

「電気ウキ」

イカのウキ釣りは、基本夜の釣りとなるので、電気ウキが必須です。

近場狙いなら棒ウキ、遠く狙いなら遠投ウキを使います。

ちなみに、オモリ付きのスッテを購入する人は、ウキとスッテのバランスを見る必要があります。

「ハリス」

ハリスは擦れに強く、伸びの少ないフロロカーボン素材がおすすめ。

「オモリ」

イカ釣りのウキの浮力調整をする場合は、中通しオモリがおすすめ。

ヤリイカやスルメイカをウキ釣りで狙うエサ

「鶏のササミ」

f:id:keeemura:20210813160156j:image

鶏のササミを塩漬けし、エサ持ちを良くして使うのが一般的。

ヤリイカやスルメイカを狙うポピュラーなエサです。

「その他」

f:id:keeemura:20210813160206j:image

小アジの冷凍やサンマの切り身を使うこともあります。

ただ、身エサはエサ持ちが悪く、手返しの効率も下がりますが皮のきらめきでイカを誘えます。

ヤリイカやスルメイカをウキ釣りで狙うポイント

EPSON MFP image

ヤリイカ。スルメイカは、日中は沖の深場にいて夜が近づくとともにゆっくり浅場へ移動してきます。

その為、深場が隣接する堤防や磯が絶対条件。

そして潮通しの良さも重要です。

スポンサーリンク

ヤリイカやスルメイカをウキ釣りで狙うコツ

f:id:keeemura:20210813155500p:image

近年では多くのフィールドで群れが小さくなっており、一晩で爆発的に釣れるという事は無くなってきています。

時合も短いので、釣れる時間に手返しよく釣るのが釣果を上げるコツです。

【ヤリイカ・スルメイカのウキ釣り】手軽に美味しいイカが釣れる方法をご紹介まとめ

f:id:keeemura:20210813160232j:image

少しコツや仕掛けの遠投などをする必要がありますが、条件次第ではすぐ近くにまでヤリイカやスルメイカは寄ってきます。

釣り方自体は難しくないので、ビギナーやファミリーフィッシングでも楽しめます。

釣り物が少なくなる年末から春先は、是非ウキ釣りでヤリイカやスルメイカを狙ってみてはどうでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

タイトルとURLをコピーしました