平凡な夫婦がyoutubeで1万円以上の収益を上げれるようになった方法を詳しくご紹介

雑記
スポンサーリンク

今回は私たちが運営している釣り系youtubeチャンネル『タビカツリチャンネル』が晴れて収益化出来るようになり、一つの目標であったyoutubeで1万円以上の収益をあげるという事を達成できたので、その記念に【平凡な夫婦がyoutubeで1万円以上稼げるようになった方法】と題して、私たちがyoutubeで1万円以上を稼げるようになった経緯と方法をご紹介します。

す1万円という金額は決して大きくない金額ですが、私たちにとっては大きな一歩となりました。

これからyoutubeを始めようとしている人や、既にyoutubeをしているけど、なかなか思うようにいかないという人は是非ご覧頂ければと思います。

まずは筆者がどれだけ平凡な人間か

私たちがyoutubeを始める際、「どうせyoutubeなんて有名な人しか稼げるようにならないんでしょ。」といきなりマイナスな気持ちを持っていました。(笑)

確かに既に人気があったり知名度がある人がyoutubeを始めるとなればニュースになったりして1日で数万の登録者を集める事ができますし、すぐに収益化が可能です。

では、「無名の一般人が収益化出来ないのか」というとそうではありません

私たちは夫婦でyoutubeチャンネルを運営していますが、夫はもちろん世間的に知名度がある人間ではなく(笑)、パソコン関連やyoutube集客などに詳しい訳でもないごく普通のサラリーマン。

そして妻も夫同様に世間的知名度がある人間ではなく、最寄り駅近くのお店でパートをしている普通の主婦です。

こんなどこにでもいそうな夫婦でも、やり方や考え方次第ではyoutubeで1万円を稼げるようになるんです。

youtubeを始めようと思ったきっかけ

私たちがyoutubeを始めようと思ったきっかけは、単純に「自分たちの休日の趣味がお金になるかもしれないってすごい事だ。」と思ったからです。

普段、私たちは昼食や夕食を食べている際、寝る前、暇な時など、かつてはテレビを見ていましたが、今ではテレビをつける事はほとんどなく、youtubeばかり見ています。

何気なく見ているyoutubeですが、投稿者はテレビの様な有名人だけではなく、顔も知らないような人たちがいて、それぞれ面白さや興味深さが違います。

そして、ふと「これって私たちも出来るんじゃない?」と思ったのです。

youtubeを始める事自体は超簡単

動画投稿を始めようと思って、自分のyoutubeチャンネルを作ること自体はめちゃくちゃ簡単です。

ここでは、チャンネルの作り方は紹介しませんので、チャンネルの作り方を知りたい方は後でググってみてください。

無名の一般人がyoutubeで収益をあげるのはかなり大変

現在、youtubeで動画を投稿し、収益化を目指している人は数多くいますが、実際に収益化出来ている人はそのうちの15%程だと言われています。

私たちは、今回やっとその15%の中に入れたわけですが、その道のりは本当に大変でした。

まず、youtubeを始めて収益化出来るまでに掛かった期間は、約1年半。(2019年12月に初投稿で2021年6月に収益化)

途中、挫折してしまって半年ほど投稿を一切しなかった期間もありますが、その期間を除いても1年も掛かっています。(笑)

この期間を長いと思うか短いと思うかは人それぞれだと思いますが、youtubeを始める際、「1年半かけて収益化を目指すぞ!」という人は少ないでしょう。

ただ、1年.2年掛かっても収益化が出来ない事も多くあるので、youtubeで収益化をするという事は、簡単ではないというのを理解することが大切です。

収益化に立ちはだかる2つの条件

さて、今まで「収益化」という言葉を多く使ってきましたが、そもそも「収益化」ってどうすれば出来るの?という疑問が生まれます。

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、収益化の条件は2つ「チャンネル登録者数1000人以上」と「過去365日以内の総再生時間4000時間以上」です。

まず、「チャンネル登録者数1000人以上」ですが、単純に考えて、1日に5人ずつ登録者が増えても200日かかります。

実際に、毎日5人ずつ登録者が増えるという事はかなり難しく、登録者が減る場合もあるので、大きな壁となります。

次に、「過去365日以内の総再生時間4000時間以上」については、少し噛み砕いて理解していくと、4000時間=240000分。

24000分を再生してもらおうと思うと、10分の動画を2.4万回フル再生してもらえれば達成できる数字です。

こちらは意外と頑張れば届きそうな数字ですよね。

実際に、10分の動画を途中で離脱せずにフルで再生してもらうのは難しいですが、10分の動画で1万回再生されるようなものを3つほど投稿できれば、途中で離脱されたとしても届く数字です。

以上の事から、収益化にとって一番の壁は、「チャンネル登録者数1000人以上」といえます。

収益化の条件を乗り越えるために重要な7つのコト

前項でお話しした条件を超える為に私たちは1年半かかった訳ですが、その1年半でいろいろな試行錯誤を繰り返し、最終的に重要だと感じた6つのコトがあります。

この6つのコトは、私たちの1年半の汗と涙の結晶であり、noteに出来るだけわかりやすくまとめましたので、自動販売機でジュースを1本買うと思って読んで頂ければと思います。

当たり前のように大事なことから、意外とどこにも書かれていないけど、実際に重要であったと思う点まで書いています。

この6つのコトを続けてもらえれば、収益化の壁は超えられるはず!

是非読んでみてください!

雑記
スポンサーリンク
この記事を書いた人

小学生の時から大人になるまで趣味はずっと釣り。怪魚から小魚まで魚釣りであれば何でもします。日本全国で釣りをしており、今では妻を釣りの世界へどっぷり浸からせ中。(笑)
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリブログ
タイトルとURLをコピーしました