【堤防釣り】ズボ釣り徹底解説。初心者でもスズキが釣れるおすすめの釣り方です。

【堤防釣り】ズボ釣り徹底解説。初心者でもスズキが釣れるおすすめの釣り方です。

身近な堤防などで、活きたエビを使いスズキを釣るという関西地区では人気の「ズボ釣り」。
堤防に竿を並べて、アタリを待ちながら、撒きエサをまいて魚を足止めしたり活性をあげたりなど、退屈なように見えて意外と奥が深い釣り方です。
今回はそんな「ズボ釣り」の釣り方やタックル・エサなどを徹底解説します。

ズボ釣りとは?

f:id:keeemura:20200317164629p:image


スズキというと日本国内一部地域を除いては、ほとんどの場所で釣れる超メジャーな魚です。
日本全国で狙われるスズキの釣り方は、様々ありますが、その地域独特の釣り方があったりもします。
そんな地域独特の釣り方の一種が「ズボ釣り」であり、関西地区では人気の釣り方です。
ズボ釣りとは、堤防の際に数本の竿を並べて、活きたエビを撒きながらひたすら待つという釣り方であり、一見退屈そうに見える釣り方ですが、時合がきたり、スズキの群れにあたると連発し、非常に楽しく忙しい釣りになります。
スズキが生息していればどんな堤防でも楽しむことが可能な釣り方です。

Advertisement

ズボ釣りの魅力とは?

f:id:keeemura:20200317164727j:image

ズボ釣りは、基本的には竿を置いてアタリを待つので、特別な技術はいらない。
また、仕掛けも非常にシンプルであり、日中でも数釣りやサイズなども期待できるので、初心者の方や子供もチャレンジしやすいのが魅力です。

ズボ釣りが楽しめる場所は?

f:id:keeemura:20200317164818j:image

ズボ釣りが楽しめるフィールドは、水深のある堤防や漁港、海釣り公園など、竿を数本並べることが出来て竿を置いて待てるような場所がベストです。
その為、テトラポットや足場が安定しない場所では、おすすめできません。

狙うべきおすすめスポットとしては、足元の堤防に何かしらの変化がある場所(えぐれている・穴が空いている・支柱がむき出し)が、魚の隠れ場所となり、魚が集まってくるので絶好のポイントとなります。
また、堤防や漁港でも、足場の高すぎない場所の方がズボ釣りをしやすいのでおすすめです。

Advertisement

ズボ釣りに適したシーズンは?

f:id:keeemura:20200317164944j:image

ズボ釣りをする上でのメインターゲットは中型以上のスズキであるので、10月から5月くらいがおすすめですが、年中狙えます。
夏場のシーズンは、小型のサイズが多くなるため、数釣りが可能であるが、大型を狙って釣るのは非常に難しくなります。

f:id:keeemura:20200317164913j:image

また、ズボ釣りをしていると、チヌやキビレチヌが掛かることがありますが、この魚たちもメインターゲットになるくらい人気の魚であり、掛かると楽しいです。
チヌやキビレチヌも年中狙えますが、大型を狙うのであれば、チヌの乗っ込みシーズンである4月から5月がおすすめです。
大型を狙うのであれば、時期を気にする必要はありますが、年中楽しめる釣り方です。

ズボ釣りのタックルと仕掛け

竿

リール

ライン

その他小物

ズボ釣りのエサ

f:id:keeemura:20200317165051j:image

エサは基本的にシラサエビを使います。
シラサエビは釣具店で入手可能ですが、地域や季節によっては売っていなかったり品薄だったりするので、注意が必要です。
ズボ釣りで使用するシラサエビの量は、5時間くらいで1カップ500円で売っている量を4カップ分くらいが目安です。
また、購入したシラサエビは、活かしておく必要があるのでエアポンプとクーラーが必要です。
シラサエビの鮮度は、釣果に直接つながるので、出来るだけ活きのいい状態を保ちましょう。

シラサエビへの針のつけ方

エビの針のつけ方は、数種類ありますが、一番簡単でエビの活きが長持ちする尻尾へのチョン掛けがおすすめ。
チョン掛けはエビへのダメージも出来る限り少なく、エビが動きやすいので、好む方が多いです。

Advertisement

ズボ釣りの基本的な釣り方

ズボ釣りは数本の竿を出してスズキを狙います。
ここで間違ってはいけないのが、数本の竿を出す理由はやみくもに沢山釣るというのではなく、魚のいるタナを効率よく探るのが目的です。
初心者の方は、何本も竿を出すと大変かと思うので、まずは2本から始めるのが良いかと思います。
慣れてきたら、徐々に増やしていくのが良いでしょう。
また、ズボ釣りでは竿を動かしたりなどのアクションは必要なく、チョン掛けしたエビが動く事が魚へのアピールとなります。
ズボ釣りの最大の威力を出すには、潮の流れを読んで撒きエサと針につけたエビを同調させることが必須。
どのタナにアタリが多いかを見極められたら連発も可能です。

Advertisement

ズボ釣りで釣果をあげるコツ

付けエサと撒きエサに注意する

ズボ釣りは、シラサエビを撒いて魚を足止めしたり、寄せたりしてターゲットを釣る釣り方です。
その為、たとえアタリが全くなくても、10~15分ほどに1回くらいは撒き餌をすることが重要。
加えて針につけているシラサエビが弱っていると食いつきも悪くなるので、アタリが無くても10~15分くらいに1回は仕掛けをあげて付けエサを交換しましょう。

アタリが無ければアクションを加える

魚の活性が低いとエサが目の前にあっても食いつかない場合があります。
そんなときはアクションを加えて魚を誘ってみましょう。
竿先で大きくアクションを付けてしまうとエビが弱るので、リールから出ている道糸をつまんで少し引っ張るくらいで十分なアクションとなります。

Advertisement

ズボ釣りのまとめ

f:id:keeemura:20200317165201j:image

ズボ釣りは、難しいアクションや仕掛けがいらず、初心者の方でも大物をゲットできる可能性が高い釣り方です。
しかし、その日のタナを探ったり、魚を誘ってみたりなど、奥が深い釣り方でもあります。
まずは、最低限の道具をそろえてズボ釣りにチャレンジしてみましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。