【アナゴのぶっこみ釣り】100%釣れる釣り方とポイントの選び方を教えます。

アナゴ

アナゴはポイント選びや釣り方などを確認すれば、釣れる確率が高く、誰でも釣れる魚です。

今回は、アナゴの釣り方やポイント選びなどをご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ!

・アナゴの釣り方を知りたい
・ぶっこみ釣りでアナゴを釣りたい
・アナゴを狙うときのポイント選びについて知りたい

この記事を書いた人

6歳で釣りを始めて釣り歴は25年。
怪魚から小魚まで、多くの魚釣りを経験してきました。
日本全国で釣りを楽しんでおり、結婚後は妻を釣りの世界へ引き込み中!
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリ旦那をフォローする

【アナゴのぶっこみ釣り】の魅力

アナゴは日暮れから夜にかけて、身近な堤防や漁港でぶっこみ釣りで狙う事ができます。

かなり簡単に狙えるため、初心者やファミリーでも気軽に楽しむことが出来るのが大きな魅力。

アナゴのアタリがあれば、タイミングを見てアワセるというドキドキ感もたまりません。

【アナゴのぶっこみ釣り】で釣果が期待できるフィールド

『底質がゴロタの漁港』

f:id:keeemura:20200917084228j:image

アナゴを釣るなら身近な漁港や堤防でOK。

ただ、1点注意したいのが「そのポイントはゴロタや敷石など、アナゴが身を隠せる場所があるか」です。

アナゴは岩の隙間など、身を隠せる場所に生息しています。

そのため、アナゴが身を隠せるような場所で、ぶっこみ釣りをするのが大切です。

ちなみに、底が何もない砂地や身を隠せる障害物がない場所では、かなり期待薄になります。

【アナゴのぶっこみ釣り】のベストシーズン

f:id:keeemura:20200917084315j:image

地域差もありますが、アナゴは基本的に1年中釣れる魚。

しかし、中でも一番よく釣れるシーズンは晩春から秋にかけてです

特に夏前後が一番おすすめなので、アナゴをぶっこみ釣りで狙う場合は7~9月くらいがベストです。

【アナゴのぶっこみ釣り】のタックル

『ロッド』

アナゴのぶっこみ釣りでは、エギングやシーバス・バスロッドなどを代用すればOK。

ちなみに私は短くて岸際を探りやすくて柔らかくてアタリを取りやすい『鱒レンジャー』を使っています

柔らかいので、アナゴを掛けてもファイトが楽しめておすすめです。

『リール』

アナゴのぶっこみ釣りに高性能なリールはいりません。

すでに持っているスピニングリールで十分。

これから購入を考えている方には、汎用性が高く、コスパの良い『ダイワ レブロス』がおすすめです。

『ライン』

ラインはPE、ナイロン、フロロ、どれでもOK。

ただ、ラインの太さはPEであれば0.8号、ナイロンやフロロであれば12lbくらいは用意しておいたほうが良いです。

また、PEを使う際は、リーダーを必ずつけましょう。

【アナゴのぶっこみ釣り】の仕掛けとエサ

【仕掛け】

f:id:keeemura:20200917084333j:image

アナゴのぶっこみ釣りの仕掛けはかなりシンプル。

写真のような、ブラクリ仕掛けを付けるだけです

なお、私たちは自作のブラクリ仕掛けを使っています。

【エサ】

f:id:keeemura:20200917084520p:image

・キビナゴ
・サバの切り身
・イワシのぶつ切り
・サンマの切り身

「キビナゴ」

キビナゴをつける場合は、一匹付けでもOKですが、食い込みよくする為、切って使うのがおすすめ。

アナゴの食いつきはかなり良いので、必ず持って行きたいエサの一つです。

「サバの切り身」

スーパーに売っているサバの切り身でアナゴが釣れます。

入手が容易で割引品を買えばエサ代は安く済みます。

なお、一口サイズの短冊状に切って使うのがおすすめ。

「イワシのぶつ切り」

スーパーに売っているイワシは、アナゴのエサになります。

匂いが強く、集魚力もあり、食い込みも良いのでおすすめ。

「サンマの切り身」

サンマの切り身もアナゴの食いつきが良いエサです。

匂いが強いため、食いつきも抜群です。

スポンサーリンク

【アナゴのぶっこみ釣り】の釣り方

f:id:keeemura:20200917084631j:image

アナゴのぶっこみ釣りの釣り方は、すごくシンプル。

『ブラクリ仕掛けにエサを付けて、壁際の底に仕掛けを沈めるだけ』です。

なお、仕掛けは底から1cmほど浮かせておくと、根掛かりせず快適に釣りができます。

【アナゴのぶっこみ釣り】のワンポイントアドバイス

「とにかく底がゴロゴロしているポイントで釣りをする」

f:id:keeemura:20200917084737j:image

 何度も言いますが、アナゴを釣る時は、「とにかく底質がゴロゴロしている場所が絶対におすすめ」ということ。

アナゴが身を隠す障害物付近で、釣りをする事が釣果をあげる一番の秘訣です。

「早アワセは禁物」

アナゴのアタリがあっても、すぐにアワセてはいけません。

アナゴは、エサを飲み込みながら食べるので、竿先がグン!と入るまで、待ってからアワセましょう

のんびりと【アナゴのぶっこみ釣り】を楽しもう!

f:id:keeemura:20200917084759j:image

 アナゴのぶっこみ釣りは、ポイント選びと釣り方を間違えなければ釣果は100%に近くなります。

夜の堤防で、のんびりと海を眺めながらアナゴのぶっこみ釣りはすごく楽しいです。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

アナゴのぶっこみ釣りをするならブラクリ仕掛けを自作してみよう!

タイトルとURLをコピーしました