【ダイソーのべ竿】でハゼ釣り。安くて簡単、誰でも楽しめる釣り方をご紹介。

【ダイソーのべ竿】でハゼ釣り。安くて簡単、誰でも楽しめる釣り方をご紹介。

ファミリーフィッシングでおなじみのハゼ釣りを、100均ダイソーに売っているのべ竿で楽しみます。
非常にシンプルな釣りで、初心者の方や子供でも数釣りが可能で手軽に楽しめるハゼ釣りですが、シンプルがゆえに奥が深い釣りです。
今回は、そんな初心者の方でも楽しめるハゼ釣りを100均ダイソーに売ってあるのべ竿で楽しむ方法をご紹介します。

100均ダイソーののべ竿

みなさんご存じ、100円均一ダイソーの釣具コーナーには、竹で出来たのべ竿が置いてあります。

2本継ぎであり、つなぐと大体2mくらいになります。

見た目は竹を赤く塗装した武骨な感じののべ竿であり、どこか趣深さすら感じます。

さお先には、糸を結べるようにリングがついており、竿としての感度などは別として、最低限ののべ竿としての役割を果たしてくれます。

また、セットで簡易のウキ釣りセットがついています。

これで100円とは、さすがダイソー安いです。

Advertisement

100均ダイソー のべ竿で釣る『ハゼ』とは?

f:id:keeemura:20200305114649j:image

ハゼ(マハゼ)は暖かくなる春以降のシーズンになれば、全国各地の河口や堤防などで見ることが出来る魚です。
天ぷらなどで調理される美味しい魚で、日本人との関係も深く、親しみやすい魚の一種であり、初心者の方でも比較的容易に釣ることができます。
今回は、そんなハゼをダイソーののべ竿で釣る方法をご紹介していきます。

100均ダイソー のべ竿で釣る『ハゼ』のシーズン

f:id:keeemura:20200305114706j:image

ハゼは、だいたいが冬の終わり頃に生まれて、春になると汽水域の河口や干潟の浅場でエサを取るようになり、夏には10センチくらいまでに育ちます。
この10センチを超えるあたりから、「夏ハゼ」と呼ばれるようになり、延べ竿を使ったハゼ釣りのシーズンがスタートします。
秋頃には15センチほどになり、晩秋までハゼを狙う事はできますが、冬前には産卵と越冬の為、深いエリアに移動してしまう為、延べ竿で釣るのは難しくなります。
よって、延べ竿でハゼを釣るシーズンは暖かくなってきた春以降から、深場に移動するまでの秋までという事になります。
地域によって差もありますが、ハイシーズンは夏ですね。

Advertisement

100均ダイソー のべ竿で釣る『ハゼ』の仕掛けとエサ

仕掛け

ハゼをのべ竿で狙う場合は、仕掛けが二つあります。
一つはウキ釣り。
ウキ釣りは、アタリがウキの出ますのでわかりやすく、またウキの沈む瞬間の面白さという点が魅力で、多少の深場でも探りやすいというメリットもあります。
もう一つの釣り方はミャク釣りです。
ダイソーのべ竿セットに元からついているウキを外して、仕掛けを投入し、エサを底に這わせてダイレクトなアタリを感じ取ります。
アタリをより分かりやすくするために道糸に目印をつけても良いです。
ダイレクトなアタリを感じ取る面白さと手返しの良さがミャク釣りのメリットです。

エサ

ハゼ釣りのエサは、基本的には虫エサならオッケーです。
しかし、出来れば食い込みの良い細めの虫エサを使用するのがおすすめなので、ジャリメなど細めの種類を手に入れるようにしましょう。
また、虫エサが触れないという方におすすめなのが、「マルキュー パワーイソメ」です。


活きているエサと比べると劣る部分はありますが、匂いも見た目もエサと同等なくらいで、生分解性なので魚が食べても大丈夫です。

エサのつけ方
一匹丸ごとつけると、ハゼの口に入りきらず、針掛かりしないので、少しづつちぎりながら付けるようにしましょう。

100均ダイソー のべ竿で釣る『ハゼ』の釣り方

【ウキ釣り】

ウキ釣りはダイソーで買ってきたままのセットに少し手を加えるだけでオッケーです。
ウキが立つようにオモリは地面に付かないくらいまで移動させて、エサはそこに這うようにセッティングしましょう。
エサが底についていないと極端にアタリが減りますので、エサは底につけるという事は徹底しましょう。
アタリがあれば、ウキが沈むか、ピコピコと水面で踊ります。
ウキの沈み具合をオモリの重さで変えて調節しましょう。
また、ずっと待たずに動かして止めるという動作をさまざまな速度や間隔で魚を誘いましょう。

【ミャク釣り】

ミャク釣りは、ダイソー延べ竿を買ってきた状態から、ウキを外して、オモリを少し足してやります。
足元にハゼが見えるようであれば、足元をずるびいて狙います。
足元にハゼが居なければ出来るだけ沖へ仕掛けを投入し、根掛かりに注意しながら、手前にずるびいてきましょう。
アタリがあれば、手元に直接ぶるっと伝わってきます。
なんとも言えないこのアタリの気持ちよさがミャク釣りの醍醐味です。
数釣りを楽しむのであればミャク釣りがおすすめです。

Advertisement

100均ダイソー のべ竿で釣る『ハゼ』が釣れるポイント

【運河や河口の浅場】

f:id:keeemura:20200305115130j:image

河口や運河の浅場があれば、絶好のハゼ釣りポイント。
浅場と深場のかけ上がり周辺や敷石、捨て石、消波ブロック周辺などがねらい目です。

【海岸沿いの浅場】

f:id:keeemura:20200305115143j:image

海岸沿いの浅場では、捨て石やゴロタ周り底が砂地の石回りなど、ハゼが好むポイントが多くあります。
ただ、外海に面した海岸線よりも、内海に面した穏やかな海岸沿いの方がハゼの魚影は濃いです。

【船溜まりエリア】

f:id:keeemura:20200305115152j:image

船溜まりは排水溝など何かしらの真水が流入する場所周辺などがおすすめです。
ただ、水深が2mを超えるような船溜まりであれば、ハゼが居る確率は少ないので、出来れば浅めの船溜まりを探した方が良いです。

【干潟】

f:id:keeemura:20200305115158j:image

干潟は浅場が続いているので、ハゼが多くいる可能性が高いエリアです。
浅瀬でも、地形の変化がみられるようなみお筋などがあればなお良し。
ハゼ釣りの一級ポイントです。

Advertisement

100均ダイソー のべ竿で釣る『ハゼ』のワンポイントアドバイス

f:id:keeemura:20200305115309j:image

足でハゼを釣る!
足でハゼをという事は、歩いてポイントを回ってハゼを釣るという事です。
ハゼは回遊してきて入ってくるような魚ではありません。
そのポイントにハゼがいないとなれば、違うポイントをたくさん攻めた方が釣果は伸びます。

100均ダイソー のべ竿でハゼ釣りを楽しもう。

ハゼは初心者でも比較的容易に釣れる魚です。
ハイシーズンにはピクニックがてら海岸線でハゼ釣りを狙うファミリーを見かけたりもします。
100均ダイソーののべ竿でチャレンジできる為、お金もかかりません。
暖かくなる行楽シーズンにおすすめの釣りです。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました

K村夫婦でした⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。