100均ダイソーの『バーベキュー用の炭』と『着火炭』を使ってみると予想以上に良かった。

100均ダイソーの『バーベキュー用の炭』と『着火炭』を使ってみると予想以上に良かった。

今回は、100円均一ダイソーで買った『バーベキュー用の炭』と『着火炭』のご紹介です。


今や100均ショップと言えば、なんでも売っており、生活必需品は全て100円ショップで揃うんじゃないかというくらいです。

そんな便利な100円ショップで、『バーベキュー用の炭』と『着火炭』が売ってあるのを見かけました。

100円ショップで、『バーベキュー用の炭』を探したこともなかったので見つけた時はびっくり。

外で料理やバーベキューが大好きな私たちは、即購入し、夫婦2人でキャンプをした時に使ってみました。

100円ショップの『バーベキュー用の炭』と『着火炭』は使える程度なの?安物買いの銭失いになるんじゃない?なんて思う方の不安を取り除く為、実際に100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』『着火炭』を使ってみての良い点・悪い点をご紹介します。

※結果としては、買う価値ありの商品でした。

100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』

100円均一ダイソーでは、行楽ゾーンにおいてありました。

ビニールのパックに500g入っており、見た目はホームセンターで売っている普通の炭と同じです。

f:id:keeemura:20200203203742j:image

100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』良い点

基本的な焼け具合は、ホームセンターの炭と変わらない

f:id:keeemura:20200203203914j:image

100円ショップの炭という事で一番きになるのは【ちゃんと焼けるの?】という点かと思います。

心配はいりません、ちゃんと焼けます。

厚めの牛肉や殻付きの牡蠣・スキレットを使用した料理を焼いてみましたが、火力が足りなくて出来なかったという事はなく、焼けるのが遅いという事もありませんでした。

しかし、使用状況によっては注意をした方が良い場合もありますので、それは『悪い点』でご紹介します。

500gという少量パックなので、余分な炭が余らない

f:id:keeemura:20200203203831j:image

ホームセンターで段ボール詰めの炭を買った時、最終的に余ってしまって次使う時には湿気ていて使えなくなっているなんて経験をした事あるがある方もいると思います。

100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』は500g単位で売っているので余分に買う必要がなく、炭が余ってもったいないという事は無くなります。

出来るだけ荷物を少なくしてバーベキューをしたいなんて人にはおすすめです。

100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』悪い点

水への弱さを顕著に感じる

f:id:keeemura:20200203204127p:image

ガンガン焼けている炭に水分が付くと、その水分が付いた箇所はもう赤くはなりませんでした。

このことから、水分がついてしまうと再度、燃焼するのに時間がかかるという事がわかりました。

炭に水分が付くような状況下で使用した場合の燃焼具合が唯一の懸念点です。

Advertisement

100円均一ダイソーの『着火炭』

f:id:keeemura:20200203204147j:image

こちらも『バーベキュー用の炭』と同様、行楽ゾーンに置いてありました。

f:id:keeemura:20200203204215j:image

ビニールのパックに8個入っており、中身は丸い円柱型の真ん中に穴があいています。

見た目と触った感じは炭そのものです。

この炭へ着火するポイントは出来るだけ下から火をつけてあげる事です。

上からや横から火を近づけても火のつきはよくありませんでしたが、下から近づけてあげると一発でつきました。

100円均一ダイソーの『着火炭』良い点

ライター一つで炭に着火できる

f:id:keeemura:20200203204241j:image

炭にライターで火を点けようとするとかなり大変ですが、この100円均一ダイソーの『着火炭』だと、炭の下側から火をつけてやるとぶわっと火がつきます。

その日は『着火炭』全体に広がり、『着火炭』の周りに普通の炭を置いておくとしっかり火が付くでしょう。

着火剤としての役割、多少の炭としての役割は果たしてくれる優れものです。

100円均一ダイソーの『着火炭』 悪い点

60分間燃焼と書いてあるが、本来の炭としての働きは期待できない。

100円均一ダイソーの『着火炭』に火を点けると、ますは着火剤の様に燃えてくれます。

しかし、そのまま普通の炭として食材を焼くくらいの状態となってくれはしません。

正直、火力の足りなさを感じてしまします。

f:id:keeemura:20200203204343j:image

なので、グリルの真ん中に『着火炭』を置いて、その周りに『バーベキュー用の炭』を置いて火を渡らせていく使い方が良いです。

Advertisement

100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』と『着火炭』を使って焼いた食材

冬の味覚『殻付き牡蠣』

f:id:keeemura:20200203204408j:image

殻付きなので強めの火力でしっかりと焼きつつも身の中までじっくりと火を通したい食材です。

殻付き牡蠣を焼くには炭火が一番ですが、100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』を使用した結果。

f:id:keeemura:20200203204446j:image

出来上がりの牡蠣は、中まで火がじっくりと通ってぶりぶりの良い感じにできました。

ただ一つ問題点が…100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』で悪い点として紹介した『水への弱さ』がわかってしまう場面がありました。

牡蠣を焼いた時に出る水が落ちて炭に着いた際、水が付いた部分は一瞬にして火が消え、その後消えた部分が赤くなることはありませんでした。

ホームセンターで購入した炭でも、殻付き牡蠣を焼いて食べた事がありますが、その時は多少の水分がついても、その後、復活していましたが、100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』は水に弱いかもしれません。

スーパーの厚めの牛肉

f:id:keeemura:20200203204510j:image

バーベキューと言えば肉という事で、スーパーに売っている少し集めの牛肉を焼いてみました。

f:id:keeemura:20200203204809j:image


焼け具合は申し分なく、炭火でじっくりと焼く事が出来ました。
牛肉を焼くに関しては、ホームセンターの炭となんら変わりありませんでした。

100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』と『着火炭』を使う際におすすめのグリル

今回、100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』と『着火炭』を使う際に一緒に使用したのが『LOGOS コンパクトピラミッドグリル』です。

f:id:keeemura:20200203205005j:image

こちらは名前の通りかなりコンパクトなグリルであり、たたむとB5用紙くらいの専用ポーチに収まります。

また、組み立ても非常に簡単であり、車に一つ積んでおくと、キャンプ飯を作る際やバーベキューをする際にはかなり役立ちます。

K村夫婦嫁は、見た目のかわいさと使い勝手の良さに一目ぼれして買いました♪

100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』と『着火炭』まとめ

100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』と『着火炭』を使ってみた結果はいかがでしたでしょうか。

100円という安さで購入できて、肉や野菜を焼くだけのバーベキューであれば、全く問題なく使用可能です。

ホームセンターで段ボール詰めの炭を買っても結局余ってしまってもったいないという方は、500g単位で買えて、便利な100円均一ダイソーの『バーベキュー用の炭』と『着火炭』がおすすめです。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。