漁港や堤防でのシーバスを狙いにおすすめなルアー15選をご紹介!

シーバス
スポンサーリンク

シーバスフィッシングは、身近な漁港や堤防で楽しめ、時には1m近いシーバスまで狙えるのでかなり人気の釣りです。

ただ、そう簡単に釣れるわけではなく、しっかりとしたルアーチョイスが必要です。

そこで今回は、漁港や堤防でのシーバスを狙いにおすすめなルアー12選をご紹介します。

シーバスが捕食するベイトを知る

シーバス(スズキ)は、近海では最大サイズのフィッシュイーターであり、その捕食ターゲット魚や甲殻類、多毛類などさまざま。

今回、焦点をあてている漁港や堤防であれば、イナッコ(ボラの幼魚)・イワシ・アジなどの小魚やエビなどの甲殻類を主に捕食しています。

今回ご紹介する12種類のルアーから、自分が行くフィールドのベイトにマッチしそうなルアーを見つけて是非使ってみてください。

漁港や堤防のシーバス狙いにおすすめなルアー15選

ミノー系

水面付近や目に見える範囲をイワシやイナッコなどが元気に泳いでいる姿をよく見るのであればミノー系が有効。

泳いでいる小魚のサイズに合わせて選ぶのがおすすめです。

ダイワ「ショアラインシャイナーZ97SDR」

シーバスルアーと言えばとりあえずコレ買っておけばOK的なルアー。

釣り場について最初に投げるパイロットルアー的存在です。

アピア「ドーバー120F」

釣り場のベイトが少し大きめであれば120ミリのミノーがおすすめ。

ドーバーはゆっくりの巻き速度でもしっかり泳いでくれる優秀なミノーです。

アイマ「K太77SP」

シーバスが居着いていそうな橋脚や岸壁沿いなどストラクチャーを攻めるなら「K太77SP」がおすすめ。

巻いてきて、絶妙な位置でストップ!させればシーバスが食らいつきます。

バイブレーション系

大きな漁港や深い漁港、長い堤防などであればバイブレーション系が有効。

とにかく数多く投げて広範囲をサーチ、もしくは壁きわをテクトロするのがおすすめです。

ベイトが小さい時にも威力を発揮します。

ブルーブルー「ナレージ65」

筆者が一番大好きで、よくシーバスを釣らせてもらったバイブレーション。

リップがついているので、他のバイブレーションよりゆっくり巻けるのがメリット。

シマノ「サルベージ70S」

大きな漁港や深い堤防であれば強さを発揮してくれるルアー。

よく飛んで、きびきび動いて、フォールも早いのでサーチ&テクトロにも使えます。

タックルハウス「ローリングベイト77」

食わせのバイブレーション的存在

他のバイブレーションと比べて動きは小さいですが、その微波動にシーバスが食らいついてきます。

正直めちゃくちゃ釣れるルアーです。

メタルバイブレーション系

バイブレーションの鉄素材バージョンです。

飛距離が出て、キビキビアクションの上にフラッシング効果も強いので、主にデイゲームに有効。

もし、日中にシーバスを狙うのであれば必ず持っておきたいルアーです。

コアマン「IP-26 アイアンプレート」

デイゲームはコアマン!と宣伝されているように、デイゲームに特化したコアマンが発売しているメタルバイブ。

ブルブル感、飛距離、釣果、どれをとってもトップレベルです。

邪道「冷音 レイン」

このルアーは、アイの穴が2つあり、使い方で変えることができます。

ヘッド側につけるとジャーキングに特化した動き、リア側につけると一般的なメタルバイブとなり、使っていて楽しいルアーです。

スピンテール系

スピンテールジグもメタルバイブ同様にデイゲームで威力を発揮するルアー。

特徴的なテールのブレードがクルクル回ってアピールします。

飛距離が出て、投げて沈ませて巻くだけで釣れるシンプルなルアーです。

シマノ「サルベージブレード 21g」

アイにARCシステムがついており、スピンテールジグの中でも飛距離は抜群

手に入りやすく、よく釣れるのでシンプルに良いルアーです。

シンキングペンシル系

イナッコが水面をふらふらと泳いでいたり、サヨリなどのベイトフィッシュが多ければシンキングペンシルがおすすめ!

飛距離も出て、流れに乗せることもできるのでシーバス狙いであれば必須のルアーです。

アピア「パンチライン95」

シンペンに必要なふらふらアクションが非常にきれいなルアー

バチ抜けやイナッコパターンにも使えます。

シマノ「スライドアサシン」

シンペンの中ではふらふらアクションが一番大きいレベル(もはやS字)のルアーでアピール大

飛距離もすごいので、シンペンを飛ばしたいときにはおすすめ

ブルーブルー「スネコン90S」

ちょっと使い方が難しいですが、しっかりS字アクションのシンペン

堤防のキワや流れの中を通すのがおすすめ

ワーム系

ワーム系は超オールマイティ!

どんな時でも安定した釣果が期待できます。

魚がスレ気味で食わないときや、魚がいるのはわかっているけど食ってこないときに、最終兵器として投入するのも良いです。

コアマン「VJ」

言わずと知れたシーバスのエサ。

何も考えずに投げて巻くだけで釣れます。(笑)

コアマン「アルカリシャッド+静ヘッド」

VJは最近手に入りません。

しかし、VJのワーム部分であるアルカリシャッドであれば、手に入るチャンスはあります。

静ヘッドにアルカリシャッドを付けて巻くだけでも十分に釣れます。

ブルーブルー「ジョルティ15g」

VJよりアクションが大きめのルアー。

ナチュラルなブリブリアクションでよく釣れます。

シーバスフィッシングはルアー選択で釣果が変わる!

シーバスをルアーで釣るのは想像以上に難しいものですが、案外簡単に釣れる時もあります。

とにかく、その日の釣り場の状況、ベイトなどにルアーを合わせていく必要があります

ただ、持っているルアーが少ないとアジャストするのも難しいので、最低限、今回ご紹介したルアーなどを持っていくと釣り場での引き出しが多くなります。

ルアー選択で釣果は大きく変わります!

タイトルとURLをコピーしました