【ヒラメを釣る】ポイント別ルアーでヒラメを釣る攻略法まとめ

【ヒラメを釣る】ポイント別ルアーでヒラメを釣る攻略法まとめ

今回は、ショアからルアーで狙えるターゲットの中でも非常に人気の高いヒラメを釣る方法を、ヒラメが狙える主なポイント別にご紹介します。

なお、ショアからルアーでヒラメを狙う基本はこちらの記事【ヒラメを釣る】ショアからルアーでヒラメを釣る方法とおすすめタックル&ルアー】でご紹介していますのでご覧ください。

ポイント別ルアーでヒラメを釣る攻略法【ヒラメの習性を知る】

f:id:keeemura:20200525180819j:image

ヒラメをルアーで狙うなんて釣れない・難しいというイメージを持っている方も多くいると思いますが、確かに難しいですし簡単には釣れません。

ですが、食い気のあるヒラメが、どこにいるかがわかれば、あっさりと釣れてしまうものです。

今回は、ポイントごとに食い気のあるヒラメがどこにいることが多いのかを見ていきます。

ポイント別ルアーでヒラメを釣る攻略法【砂浜】

【離岸流を中心に探る】

EPSON MFP image

離岸流とは、岸に打ち付けられた波が沖へ出る時の流れの事を言います。

そんな離岸流を見つけたら、その付近を大きく探っていきましょう。

立つ位置を少しづつ変えつつ、扇状にルアーを投げてポイントをしっかりと探ったあとは、離岸流によって掘れたカケアガリを中心に探ります。

カケアガリには小魚の回遊を待ち伏せているヒラメがいるので大きなチャンスポイントです。

【砂浜】でヒラメを狙うおすすめルアー

砂浜は広くて広大です。

そんな砂浜をしっかりと探っていくには飛距離が出るルアーが有利。

遠くに投げれて尚且つしっかりとアピールできるルアーがおすすめです。

Advertisement

ポイント別ルアーでヒラメを釣る攻略法【河口】

【サンドバーを中心に探る】

EPSON MFP image

河口付近は、川から流されてきた砂や砂利などが溜まって、大きなサンドバーが形成されていることがあります。

そのサンドバーのカケアガリにそって、ヒラメのエサとなる小魚が回遊していることが多く、ヒラメの捕食ポイントとなっています。

そんな捕食ポイントには、食い気満々のヒラメが多くいるので、河口付近ではサンドバーの周辺を狙うのがカギとなります。

【河口】でヒラメを狙うおすすめルアー

河口付近は水深が浅いことが多いため、フローティングミノーがおすすめ。

また、食い気満々のヒラメを確実に仕留める為にも、ワーム素材のルアーでしっかりと食わせるのも良いでしょう。

Advertisement

ポイント別ルアーでヒラメを釣る攻略法【磯】

【沈み根などの障害物付近を狙う】

EPSON MFP image

磯場でヒラメを狙う条件としては、底が砂地であることが絶対的な条件となります。

そしてそんな磯では、沈み根などの障害物付近を中心に探りましょう。

磯の障害物付近にはヒラメのエサとなる小魚が集まります。

その小魚を捕食しに、ヒラメも障害物周りに潜んでいます。

障害物周りをしっかりと狙い撃ちして、捕食スイッチの入ったヒラメを仕留めましょう。

【磯】でヒラメを狙うおすすめルアー

磯場は水深が深く、波が多少高いことが多いです。

その為、深場を探れて水面の影響を受けにくいルアーがおすすめ。

シンキングミノーやスピンテールなどが該当します。

Advertisement

ポイント別ルアーでヒラメを釣る攻略法【堤防】

【カケアガリや船道を探る】

EPSON MFP image

漁港や堤防などでヒラメを狙う際に最も注意するべきは地形の変化です。

船の通り道として周りより少し深く掘られている船道やそのカケアガリ、堤防際の基礎などは大きな地形の変化であり、ヒラメも潜んでいます。

特に小魚の回遊が年間を通して多い漁港や堤防は非常に期待ができる好ポイントです。

【堤防】でヒラメを狙うおすすめルアー

漁港や堤防は足場も高く、水深も深くなっているため、底付近を狙えるルアーが絶対条件となってきます。

そんな中でも非常に有効であるのがジグヘッドにワームを組み合わせたルアーです。

このようなルアーは足元はもちろん、遠投して沖目の底をねちねちと攻めれるのでおすすめです。

Advertisement

ポイント別ルアーでヒラメを釣る攻略法【釣れる確率をあげるには?】

【まづめ時が最大のチャンス】

f:id:keeemura:20200525181006j:image

ヒラメは朝夕のまづめ時が釣れる確率が最も高い時間帯です。

日中は全く釣れなかったのに後日、朝早くルアーを投げるとあっさり釣れたなんてことも多々あります。

ショアからヒラメを釣る確率を出来るだけあげたいのであれば、まづめ時を意識した釣行計画を立てるべきです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。