【ヒラメを釣る】ショアからルアーでヒラメを釣る方法とおすすめタックル&ルアー

【ヒラメを釣る】ショアからルアーでヒラメを釣る方法とおすすめタックル&ルアー

数多くいるショアからルアーで狙えるターゲットの中でも、人気が非常に高いのがヒラメ。
ヒラメは日本各地で狙える魚であり、誰でも気軽に狙える高級魚です。
気軽に狙えてゲーム性も高く、食べても非常に美味しいヒラメをショアからルアーで釣る方法やおすすめタックルなどをご紹介します。

 意外と手軽なショアからのヒラメゲーム

f:id:keeemura:20200521215823j:image
ヒラメを釣るというと船からの釣りや難しいんじゃないかなどのイメージがありますが、ヒラメは身近な砂浜や河口、漁港などで気軽に狙える魚なのです。
ヒラメは、寒さが厳しい真冬を除いては、春先から初冬と長い間接岸してきており、ほぼ1年中狙えるターゲット。
そしてヒラメを釣った時の喜びはかなり大きなもので、病みつきになってしまいます。
また、食材としての価値も高く、お土産としても喜ばれるヒラメ。
そんな良いことづくめなのが、ショアからのヒラメゲームです。

Advertisement

ショアからヒラメが狙える主なポイント

【砂浜】

f:id:keeemura:20200521215913p:image
砂浜はヒラメを狙う上では最も一般的なポイントです。
外洋に面している砂浜でも、内湾にある砂浜でもヒラメは生息しており、その砂浜の近くに河川などが流入しておればなおさら良いポイントになります。

【堤防】

f:id:keeemura:20200521220016j:image
堤防はもっとも手軽に行けるポイントの一つ。
しかし、漁港や堤防はヒラメのエサとなる小魚も多く、ヒラメが釣れる可能性の高い夢のあるポイントでもあります。
特に砂地の堤防が良しです。

【小磯】

f:id:keeemura:20200521220123p:image
底が砂地の磯であればヒラメが釣れる可能性は大きいです。
しかし、磯は足場が不安定でもあるので、エントリーする際はしっかりと準備を整えていきましょう。

ショアからヒラメを狙うタックル

EPSON MFP image

ショアからヒラメを狙うタックルの選択肢は多いです。

最近ではサーフ専用のロッドが各メーカーから出るなど、専用タックルも増えてきましたが、シーバスタックルでも十分に流用できますし、実際に私たちもシーバスタックルを代用しています。

ここでは私たちも実際に使用しているヒラメ狙いに代用できるシーバスタックルをご紹介します。

【ロッド】

ロッドは9ftのエクスセンスインフィニティを使用。

9ftの長さを感じさせない軽さとびっくりするくらいの感度の良さがおすすめポイントです。

高価なロッドではありますが、これを使うと他のものは使えないくらいに感動するロッド。

ヒラメ狙いにも十分です。

【リール】

リールはヴァンキッシュC3000XGを使用。

このヴァンキッシュは軽さが他のリールに比べて段違いであり、ヌルヌルとした気持ち良い巻き心地がおすすめポイントです。

自重も軽く、巻き心地も良いので小さなあたりでも感じ取れて、エクスセンスインフィニティと合わせるとタックルの軽さに驚きます。

高価ですが、その価値は十分にあるリールです。

【ライン】

ラインはPEラインを使いましょう。

太さは1号から1.5号くらいが一般的、リーダーはナイロンでもフロロでもOK。

【ライフジャケット】

サーフ・堤防・小磯いずれのポイントでもライフジャケットは装着しましょう。

自分の命を守るためはもちろん、ルアーケースの収納なども出来るので非常に便利です。

【ランディングネット】

砂浜での釣行の際は必要ありませんが、堤防や小磯での釣行では必需品です。

せっかく足元まで釣り上げたのに足場が高くてあげれない・無理やり上げようとしたらヒラメからルアーが取れて逃げられた、なんて悲しすぎます。

【偏光グラス】

ベイトフィッシュや沈み根、カケアガリなどが日中の水中でも見やすくなります。

また、直射日光や誤って飛んできたルアーなどから目を保護できるので出来れば装着したいです。

【ストリンガー】

釣ったヒラメを美味しく持って帰りたい人はぜひ買いましょう。

帰る直前までヒラメを生かしておくことが出来ますよ。

ショアからヒラメを狙う主なルアー

【ミノー】

f:id:keeemura:20200521220200j:image
ショアからヒラメを狙う上でメインとなるルアーがミノーです。
一言でミノーと言っても、シンキングやフローティングなど、種類が多くありますが、ヒラメ狙いでは欠かせないルアーです。
シンキングからフローティング、サイズの大小など数種類用意したいところです。

【シンキングペンシル】

f:id:keeemura:20200521220224j:image
キャストした時、ミノーよりも空気抵抗が少ないため、飛距離が稼げるルアー。
遠いポイントを狙いたいときには活躍します。
また、ミノーに比べてアピール力は低いですが、水面をフラフラと泳ぐ様子は弱った小魚そのもの。
活性の高いヒラメ狙いや浅場では大活躍です。

【バイブレーション】

f:id:keeemura:20200521220245j:image
バイブレーションはタダ巻きするだけで名前の通り、振動しているかのように泳ぐルアーです。
自重が重いので飛距離も安定していますし、アピール力が高いのでサーチルアーとしても有効。
初心者の方にも非常に使いやすいルアーです。

【メタルジグ】

f:id:keeemura:20200521220310j:image
ショアからのヒラメ狙いだと30g前後が一般的に使われます。
ルアーの種類の中でもトップクラスの飛距離が出せる為、遠くのポイントを狙うのに適しています。
シャクリ&フォールで遠くのヒラメを狙い撃ちです。

【ワーム】

f:id:keeemura:20200521220358j:image
ワームというソフトな素材が生み出す絶妙な波動は、実際のベイトフィッシュに非常によく似ており、シビアな状況でもヒラメに口を使わせることが出来ます。
アピール度は他のルアーに比べると低いので、ヒラメが居るのはわかっているけど、他のルアーにはアタックしてこないという状況などで

Advertisement

実際にショアからヒラメを釣った実績ルアー

実際に私たちがヒラメを釣ったルアーをご紹介。

間違いないルアーばかりです。

【ショアラインシャイナーZバーティス】

言わずと知れたミノーの名作。

ミノーながら飛距離もそこそこ出る上に逃げ惑う小魚のような動きでヒラメを釣れてきてくれます。

浅いエリアの攻略はこのルアーでOKです。

【ジグパラブレード】

飛んで釣れて安いコストパフォーマンス最強の鉄板系バイブです。

日中に広範囲を探るにはもってこいのルアーなのでルアーケースに一つは入れておきたいですね。

【ジグパラ】

メタルジグといえばジグパラ。

安くてどこにでも手に入り、安定した釣果があります。

【ジョルティ】

私たちお気に入りのワームとジグヘッドが組み合わさったになったルアーです。

大きなシャッドテールが水をバタバタとおしつつジグヘッドでロールアクションをするので強烈な波動を出してくれます。

【自作オモック】

f:id:keeemura:20200521220501p:image

自分で作ったオモックでもヒラメの実績ありです。

自作なので安く済みますし、自分で作ったもので釣る喜びは大きいです。

その上、ヒラメだけでなく、マダイや根魚の実績もありです。

作り方は別の記事にまとめていますので是非ご覧ください。

Advertisement

ショアからヒラメを狙うワンポイントアドバイス

【狙うレンジによってルアーを使い分ける】

EPSON MFP image

今回の記事でご紹介したように、ヒラメを狙う事が出来るルアーは種類が多いです。
この数種類のルアーを使い分けてヒラメを狙っていくのがルアーでヒラメを狙う醍醐味でもあり、その使い分けに正解はありません。
しかし、やはり状況やタイミングに応じた使い分けのセオリーというものはあります。
まず、ルアーの使い分け第一の基準となるのが【ヒラメの活性】です。
ベイトが多かったり、ヒラメの活性が高いと思われるときは、表層付近を攻めれるシンキングペンシルなどが使いやすい。
次の使い分け基準は【飛距離】です。
ヒラメが潜んでいそうなカケアガリが随分遠くにあるといった状況では、メタルジグやバイブレーションといった飛距離が稼げるルアーが有利です。
最後の基準は【手がかりが無い】という状況です。
この様な場合には、ミノーやワームなど手返しよく中層を攻めれるようなルアーが有効。
この様に、状況に応じたるあーの使い分けを考えていきましょう。

Advertisement

ショアからヒラメを狙いにくい状況

【きつい濁り・激しい波風はヒラメ釣りの敵】

f:id:keeemura:20200521220617j:image

ヒラメを狙うにあたって、このような場合は違うポイントに行ったほうが良いという状況があります。

それは【きつい濁り】や【激しい波風】がある場合です。

激しい波風によって水面だけでなく、底まで荒れていて、そこに溜まっていた堆積物が巻き上げられて激しい濁りにつながるような状況下ではヒラメの釣果はかなり期待薄。

早めのポイント選択をおすすめします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。