3分で出来る!『カニ釣り仕掛けの作り方』美味しいカニを釣ってみよう。

釣りのいろいろ
スポンサーリンク

今回は3分で出来る!『カニ釣り仕掛けの作り方』のご紹介です。

この記事はこんな人におすすめ

カニ釣り仕掛けの作り方を知りたい

カニの釣り方を知りたい

『カニ釣り仕掛けの作り方』準備物

f:id:keeemura:20201103165346j:image

粗い目のネット(100均で売っている防鳥ネットなどがおすすめ)

細かい目のネット(100均で売っている洗濯機用のごみ取りネットなどがおすすめ。)

オモリ(だいたい20-30gくらいがおすすめ。使わないメタルジグ等でもOK)

(ネットとオモリを繋ぐ糸。太めのリーダーでもOK。タコ糸やヒモでもOK。)

ハサミ

『カニ釣り仕掛けの作り方』完成品

f:id:keeemura:20201103165410j:image

完成品はこんな感じ。

写真中央にある細かい目のネットにエサを入れて、その匂いにつられたカニが、粗目のネットに絡まって、その絡まった状態を釣り上げるという仕掛けです。

その為、完ぺきに作る必要はなく、ネットにカニが絡まりさえすれば良いんです。

『カニ釣り仕掛けの作り方』工程①

f:id:keeemura:20201103165420j:image

目の粗い方のネットをだいたい60cm四方くらいで切ります。

綺麗な正方形でなくても大丈夫。

最終的にカニが網に絡まればOKです。

『カニ釣り仕掛けの作り方』工程②

f:id:keeemura:20201103165432j:image

ネットを四角形に切ったら、次は細かい目のネットを取り出します。

細かい目のネットを、粗い目のネットの真ん中くらいに取り付けます。

この時、出来るだけ荒い目のネットの真ん中に取り付けて下さい。

f:id:keeemura:20201103165447j:image

取り付け方は、ネットの目に糸を通して結ぶだけでOK。

もし、細かい目のネットに糸が通らなければ少し切ってもOKです。

『カニ釣り仕掛けの作り方』工程③

f:id:keeemura:20201103165502j:image

粗目のネットと細かい目のネットを結び終われば、次はオモリを付けていきます。

オモリは細かい目のネットの結び目のすぐ横に付けましょう。

※今回はオモリにメタルジグを使用しました。

『カニ釣り仕掛けの作り方』工程④

f:id:keeemura:20201103165410j:image

オモリを付ければもう完成。

3分以内で作れちゃいます。

実際に使用する際は、オモリの結び目に道糸を結んで使います。

スポンサーリンク

『カニ釣り仕掛けの作り方』仕掛けを使ってカニを釣ろう!

実際にカニを釣ってみましょう。

さすがに水中映像は用意できなかったので、実際に釣った際のイメージでご説明します。

1.細かい目のネットにカニを呼び寄せるエサを入れる

f:id:keeemura:20201103170414j:image

エサは、サバの切り身や魚のアラ・鳥のレバーなどでOK。

とにかく匂いが強くて、カニを呼べるものが良いです。

2.仕掛けを投入

f:id:keeemura:20201103170424j:image

 多少投げても良いですし、足元が深ければ、足元に落とすだけでもOKです。

 投げる際は、竿が折れないように気を付けて下さい。

 ネットの空気抵抗とオモリの重さで想像以上に竿に負担がかかります。

3.仕掛け投入後、20-30分程したら確認

f:id:keeemura:20201103170438j:image

カニが付いていたら、カニを網から外して再投入。

カニが付いて無ければエサを確認して再投入します。

3分で出来る!『カニ釣り仕掛けの作り方まとめ

f:id:keeemura:20201103165627p:image

カニ釣り仕掛けの作り方は極めて簡単です。

そして釣る方法も極めてシンプル!

釣った後は美味しく食べれますし、ファミリーフィッシングでもおすすめです。

是非チャレンジしてみてください。

カニ釣り仕掛けを作れたら、カニを釣りに行こう!

タイトルとURLをコピーしました