【高知の釣り場】沖ノ島の釣り場情報と釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介

【高知の釣り場】沖ノ島の釣り場情報と釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介

高知県宿毛市の沖ノ島の釣り場情報と釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介します。

釣り場としての【沖ノ島】

f:id:keeemura:20201020182209p:image
出典:グーグルマップ

高知県宿毛市の沖に位置するのが沖ノ島。

豊後水道の入り口に浮かび、黒潮の恵みを受けて魚影の濃さは国内でもトップクラス。

1年中魚釣りを楽しめる磯釣りアイランドです。

その中でも、グレとイシダイの人気は格別であり、過去にはクチブトグレの日本記録や

 80センチオーバーのクチジロがあがるなど大物情報は数知れずです。

そのほかにも大型の回遊魚やクエなど、釣り師憧れの魚がひしめく憧れの釣り場です。

【沖ノ島】の主なポイント

沖ノ島へは、民間の渡船または、宿毛市の定期船でアクセス可能です。

沖ノ島から各磯までは渡船を利用するので事前に調べておくのが良いです。

「二並島」

大型の尾長グレが釣れるポイント。

実績は最高です。

「ヒトツバエ」

こちらは大型イシダイを狙うのにおすすめのポイント。

イシダイだけでなく、グレやイサキの魚影も濃いポイントです。

 「ノコバエ」

沖ノ島本島の南東に位置し、冬場の風を遮れるポイント。

日本記録のクチブトグレが上がったポイントでもあります。

「姫島」

本島の北西に位置する姫島。

島全体が実績場所です。

Advertisement

【沖ノ島】で狙える主な魚

「尾長グレ」

f:id:keeemura:20201020182518j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

釣り人の巻くコマセエサを多く食べた沖ノ島の尾長グレは太っており、迫力があるのが特徴。

脂も乗ってかなり美味しいです。

「クチブトグレ」

f:id:keeemura:20201020182744j:image
出典:シマノTV

沖ノ島ではクチブトグレのサイズ・数ともに狙えるのが特徴。

磯釣りでは大人気のターゲットです。

「イシダイ」

f:id:keeemura:20201020182231j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

沖ノ島では毎年のようにイシダイの大型魚、銀わさクラスが釣りあげられています。

このクラスはそうそう釣れるような魚ではありませんが、沖ノ島ではチャンスがあります。

この魚を夢見て沖ノ島へ通う人も少なくありません。

「イシガキダイ」

f:id:keeemura:20201020182412j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

水温が上がるにつれて増えるイシガキダイは1年を通して型の良いのが特徴。

大型になればクチジロと呼ばれますが、80センチ以上の大物も狙えます。

「大型回遊魚」

f:id:keeemura:20201020182253j:image

大型回遊魚を狙った釣りはメタルジグを使ったショアジギングが一般的です。

10フィート前後のショアジギングロッドに8000番前後のスピニングリール。

PE3-4号に60ポンド前後のリーダーをセットし、100g前後のジグを使用します。

また、最近ではプラグを使ったプラッキングも人気。

ブリやカンパチ・ヒラマサなど、最高のターゲットが待ち構えています。

「イサキ」 

f:id:keeemura:20201020182315j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

初夏に旬を迎える美味しい魚。

黒潮の影響で冬場でも水温が高い沖ノ島では1年中狙えるターゲットです。

釣り場としての【沖ノ島】まとめ

f:id:keeemura:20201020182434j:image

高知県宿毛市から船で行ける離島「沖の島」。

沖ノ島自体も良い釣り場が多くあり、その周辺には釣り人憧れの磯がひしめいています。

グレやクエ、大型青物などが狙え、まさに磯釣りアイランド。

時間を作ってぜひ長期滞在したい釣り場です。

Advertisement

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。