【福井県】九頭竜川の釣り場情報とポイントや釣れる魚や釣り方をご紹介

全国釣りポイント紹介
スポンサーリンク

日本有数の降雪地帯を水源とし、豊富な水量を誇る九頭竜川。

美しいアユの名釣り場として有名ですが、そのほかにサクラマスやヤマメ、イワナ、スズキなどいずれもグッドコンディションの魚に会える北陸が誇る大河川です。

釣り場としての『九頭竜川』

f:id:keeemura:20210706194434p:image
出典:Googleマップ

九頭竜川は、福井県北部を流れる一級河川で、真名川・日野川・竹田川などと合流しながら海に流れ込みます。

日本でも有数のアユ釣り場として知られていますが、アユの他にサクラマス釣りを正式に許可した日本初のフィールドでもあります。

また、支流を含めたほぼ全域ではアマゴやヤマメ・イワナなどの渓流魚も狙え、河口付近では良型のスズキも狙える素晴らしい釣り場です。

『九頭竜川』の主なポイント

【志比小学校下】

九頭竜川中部漁港エリアのアユの好釣り場。

鳴鹿橋の上流に位置します。

中州周りには良質なコケが生える石が多く、アユの魚影も濃いです。

【中角橋・天池橋】

九頭竜川におけるサクラマス釣りでは定番のポイント。

最盛期にはかなり混雑します。

【高屋橋】

このポイントもサクラマス狙いでは一級のポイント。

右岸左岸ともに実績があり、もう一本上の京福橋も実績の高いポイントです。

【森川・小舟橋】

勝山市漁協エリアのアユ定番ポイント。

このポイントは大型が狙えることで有名。

近くにオトリ屋も多くあるので便利です。

スポンサーリンク

『九頭竜川』で釣れる主なターゲット

【アユ】

f:id:keeemura:20210706194559j:image

九頭竜川は北陸地方屈指のアユ釣り場です。

九頭竜湖下の奥越漁協のエリアから、下流までの広いエリアでアユが狙えます。

【サクラマス】

f:id:keeemura:20210706195706j:image

ルアー&フライマンからすると、九頭竜川はサクラマスの聖地とも言えます。

アベレージサイズは50cmから60cmほどで、3月下旬から4月ころまでが最盛期。

サクラマスの身は非常に美味しく、また食べたくなる味でした。

【渓流魚】

f:id:keeemura:20210706195559j:image
出典:ボウズこんにゃくの市場魚介類図鑑

どの漁協のエリアでもアマゴ・ヤマメ・イワナが狙えます。

このような渓流魚狙いであれば、支流のほうが実績が高いですが30cm以上の大型狙いであれば本流で竿を出すのも悪くありません。

支流では岩屋川・滝波川などが定番です。

 【スズキ】

f:id:keeemura:20210706194632j:image

九頭竜川の河口ではスズキが狙えます。

ルアーで狙うのが一般的で、エサが豊富な九頭竜川のシーバスはコンディションもよく、大型が狙えます。

『九頭竜川』で釣りをする際の注意点

f:id:keeemura:20210706195743p:image

九頭竜川でアユやサクラマスなどを狙う場合は、各エリアの漁協の遊漁権が必要です。

自分が釣りに行くエリアを確認し、必ず遊漁権を購入するようにしましょう。

九頭竜川中部漁協

勝山市漁協

大野市漁協

奥越漁協

 【福井県】九頭竜川の釣り場情報とポイントや釣れる魚や釣り方をご紹介まとめ

f:id:keeemura:20210706194846j:image
出典:釣具のイシグロ

九頭竜川は、非常に良い釣り場ながら川に沿って国道が走っているため、川へのアクセスや駐車場所を探すのが容易です。

そのうえ、多くの素敵な魚に出会える素晴らしいフィールドです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

ウェイブは釣具買取専門店ならではの高値を実現

タイトルとURLをコピーしました