河川のシーバスを攻略できる! おすすめルアー15選

釣りのいろいろ
スポンサーリンク

河川でシーバスを狙う際、重要な要素としては「流れ」と「ベイト」です。

河川の流れをうまく利用できて、河川に多いベイトをイメージできるルアー15種をご紹介します。

実際に行くフィールドを想像しながら、ルアーを選んでみてください。

APIA「ラムタラバデル105」

川の流れを使ったドリフト釣法にドはまりのミノー

巻かなくても程よく水を捉えて程よいアクションをする

河川の明暗沿いや橋脚回りのピンスポット狙いにおすすめ

上流から流された小魚をイメージして使うと◎

ラッキークラフト「Bフリーズ」

都市河川におすすめの小型ミノー

着水直後からキビキビとしたウォブリングアクションでアピール

橋脚回りや護岸際などシーバスが着いていそうなところを素早くサーチできる

DAIWA「ショアラインシャイナーZ セットアッパー 75s」

シーバスミノーの超代表的ルアー

河川にイワシやコアユなどのベイトが入っていれば大活躍

ルアーBOXに入っていなければ少し不安になるくらい

ima「komomo SF-110」

スリムなシルエットのフローティングミノー

イナッコ・サヨリ・アユなどあらゆるベイトパターンに対応

潜っても30cmほどなので、シャローに魚っ気があれば、期待大のルアー

APIA「Hベイト」

サヨリやマイクロベイトパターンで活躍するルアー

泳がせるとアクションはほとんどない

泳がないI字系アクションが逆に効く

他のルアーでは食わないのに、Hベイトだけ釣れたという経験多数

BlueBlue「スカーナッシュ120F」

大型タングステン玉搭載の重心移動システムで抜群の飛距離

大きいロールアクションでアピール力も抜群

川の流れに乗せてフラフラ泳がすと、シーバスは本気食い

LONGIN「ウェイキーブー」

少し太ったボディのウェイクベイト

イメージは水面をフラフラ泳ぐイナッコ

河川においてイナッコはシーバスの格好のエサ

釣れるシーバスのサイズが大きい確率が凄く高い

BlueBlue「スネコン90S」

しっかりとしたS字アクションのシンペン

川の流れの上にキャストして、流れに乗せて巻くだけでOK

活性の低いシーバスでも口を使ってくれる

APIA「パンチライン95」

飛距離・アクションともにかなり良いシンペン

流れに乗せながらふらふらと泳がせるとOK

明暗の境目や橋脚などのピンスポットに流す使い方がおすすめ

タックルハウス「ローリングベイトSSS クリア系カラー」

河川ではアミなどの超マイクロベイトが湧く時がある

そんな時に活躍するのがローリングベイトSSS クリア系カラー

水面をゆっくりと、超微波動で巻いて来れる為、アミパターンの時は唯一無二の存在

ノースクラフト「エアーオグル85SLM」

カニパターンの攻略ができるという珍しいルアー

ワタリガニがフラフラ泳ぐ様子を演出します

タダ巻きではワイドなS字アクション

高速リトリーブでは小さな高速S字アクション

流れの中でドリフトさせながら使うのがおすすめ

シマノ「サルベージ ソリッドES」

・飛距離と立ち上がりが抜群のバイブレーション

・届かなかった橋脚まで届かせることも可能

・明暗の境目を高速リトリーブのリアクション食いで連発した過去あり

シマノ「サルベージブレード」

幅が広い大河川のデイゲームにおすすめ

テールのフラッシング効果で遠くのシーバスにもアピール

飛距離が抜群なので広範囲を素早くサーチできる

BlueBlue「ナレージ65」

バイブレーションなのにリップがついている

リップがある事により、普通のバイブレーションよりゆっくり引いてこれる

強い流れの中でも泳ぎは破断しないので河川でも十分に使用可能

ガンクラフト「ジョインテッドクロー178」

秋の落ち鮎パターンなど、ベイトが大きめの時に活躍

ブラックバス用のビッグベイトだが、シーバスにも効果抜群

高速巻きから急ブレーキアクションで、ルアーが止まった瞬間に下からシーバスがドン!がおすすめ。

河川はランカーシーバスが狙える最高のフィールド!

四国の河川にて、ジョインテッドクロー178で釣り上げた86センチのシーバス

河川は全国でもランカーシーバスのキャッチが多いフィールドです。

海から河川に入るシーバスはやる気のある個体が多く、また、エサを豊富に食べて育っています。

ぜひ、今回ご紹介した15個のルアーを使ってランカーシーバスをキャッチしてください。

タイトルとURLをコピーしました